メインメニューを開く

第87回選抜高等学校野球大会(だい87かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2015年3月21日から4月1日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。この大会から、審判員のスラックス灰色に変更された。また、春夏通じて史上初めて外国籍の審判が派遣された[2]

日本の旗 第87回選抜高等学校野球大会
試合日程 2015年3月21日 - 4月1日
出場校 32(一般枠:29、21世紀枠:3)校
優勝校 敦賀気比福井、初優勝)
試合数 31試合
開会式司会 入場行進:本田徳子(熊本熊本一
式典:田中佐季(佐賀佐賀清和
入場行進曲Let It Go〜ありのままで〜
国歌独唱 足立歌音(東京帝京大高
選手宣誓 篠原涼(敦賀気比)
始球式 下村博文(文部科学大臣)
閉会式司会 船渡川晴香(栃木宇都宮中央女子
総入場者数 463,000人(1日平均42,091人)[1]
大会本塁打 17本塁打
 < 20142016 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

日程編集

選出校編集

地区 選出校 出場回数
北海道 東海大四 北海道 14年ぶり6回目
東北 八戸学院光星 青森 2年連続8回目
大曲工 秋田 初出場
仙台育英 宮城 2年ぶり11回目
関東 常総学院 茨城 2年ぶり8回目
健大高崎 群馬 3年ぶり2回目
浦和学院 埼玉 2年ぶり10回目
木更津総合 千葉 44年ぶり2回目
東京 東海大菅生 東京 9年ぶり3回目
二松学舎大付 東京 11年ぶり5回目
東海 静岡 静岡 16年ぶり15回目
県岐阜商 岐阜 2年ぶり28回目
北信越 松商学園 長野 24年ぶり16回目
敦賀気比 福井 2年ぶり6回目
近畿 近江 滋賀 3年ぶり4回目
立命館宇治 京都 5年ぶり3回目
龍谷大平安 京都 3年連続39回目
大阪桐蔭 大阪 2年ぶり7回目
天理 奈良 3年ぶり23回目
奈良大付 奈良 初出場
地区 選出校 出場回数
中国 岡山理大付 岡山 17年ぶり5回目
米子北 鳥取 初出場
宇部鴻城 山口 12年ぶり2回目
四国 英明 香川 初出場
今治西 愛媛 2年連続14回目
九州 九産大九州 福岡 16年ぶり2回目
九州学院 熊本 3年ぶり6回目
神村学園 鹿児島 2年連続5回目
糸満 沖縄 初出場
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
東海 豊橋工 愛知 初出場
近畿 桐蔭 和歌山 53年ぶり16回目
四国 松山東 愛媛 82年ぶり2回目

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月21日(1)            
 九州学院 2
3月26日(2)
 八戸学院光星 9  
 八戸学院光星 1
3月21日(2)
   大阪桐蔭 4  
 大阪桐蔭 8
3月29日(1)
 東海大菅生 0  
 大阪桐蔭 5
3月21日(3)
   常総学院 3  
 常総学院 14
3月26日(3)
 米子北 1  
 常総学院 8
3月22日(1)
   今治西 1  
 今治西 11
3月31日(1)
 桐蔭 7  
 大阪桐蔭 0
3月22日(2)
   敦賀気比 11
 立命館宇治 1
3月27日(1)
 静岡 7  
 静岡 4
3月22日(3)
   木更津総合 2  
 木更津総合 8
3月29日(2)
 岡山理大付 3  
 静岡 3
3月23日(1)
   敦賀気比 4x  
 奈良大付 0
3月27日(2)
 敦賀気比 3  
 敦賀気比 2
3月23日(2)
   仙台育英 1  
 仙台育英 12
 神村学園 0  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月23日(3):延長11回            
 浦和学院 2
3月27日(3)
 龍谷大平安 0  
 浦和学院 5
3月24日(1)
   大曲工 1  
 英明 1
3月29日(3)
 大曲工 4  
 浦和学院 5
3月24日(2)
   県岐阜商 0  
 県岐阜商 4
3月28日(1)
 松商学園 1  
 県岐阜商 3
3月24日(3)
   近江 0  
 近江 2
3月31日(2)
 九産大九州 0  
 浦和学院 1
3月25日(1)
   東海大四 3
 糸満 2
3月28日(2)
 天理 7  
 天理 1
3月25日(2)
   健大高崎 3  
 宇部鴻城 1
3月29日(4)
 健大高崎 9  
 健大高崎 0
3月25日(3)
   東海大四 1  
 二松学舎大付 4
3月28日(3)
 松山東 5  
 松山東 2
3月26日(1)
   東海大四 3  
 東海大四 3
 豊橋工 0  

決勝編集

4月1日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東海大四 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 1
敦賀気比 1 0 0 0 0 0 0 2 X 3 5 2
  1. (東) : 大澤 - 小川
  2. (敦) : 平沼 - 嘉門
  3. 審判:球審…若林、塁審…古川・美野・橘
  4. 試合時間:2時間

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:荒原祐貴(常総学院)
  • 第2号:和田慎吾(常総学院)
  • 第3号:檜村篤史(木更津総合)
  • 第4号:坂下令穏(県岐阜商)
  • 第5号:坂口漠弥(天理)
  • 第6号:柴引良介(健大高崎)
  • 第7号:北本一樹(二松学舎大付)
2回戦
  • 第8号:谷口一樹(大阪桐蔭)
  • 第9号:荒原祐貴(常総学院)
  • 第10号:赤川駿(大曲工)
  • 第11号:米田圭佑(松山東)
準々決勝
  • 第12号:宇草孔基(常総学院)
  • 第13号:福田光輝(大阪桐蔭)
  • 第14号:平沼翔太(敦賀気比)
準決勝
  • 第15号:松本哲幣(敦賀気比)
  • 第16号:松本哲幣(敦賀気比)
決勝
  • 第17号:松本哲幣(敦賀気比)


記録編集

個人記録編集

記録 選手名 所属校 対戦校 補足
1試合最多盗塁 5 宇草孔基 常総学院 1回戦・米子北戦 大会タイ記録(2人目)
1試合最多盗塁 5 竹内諒 常総学院 1回戦・米子北戦 大会タイ記録(3人目)
1イニング最多盗塁 3 竹内諒 常総学院 1回戦・米子北戦 大会タイ記録(3人目)
1試合最多打点 8 松本哲幣 敦賀気比 準決勝・大阪桐蔭戦 大会新記録
1試合最多本塁打 2 松本哲幣 敦賀気比 準決勝・大阪桐蔭戦 大会タイ記録(20人目)
2打席連続満塁本塁打 松本哲幣 敦賀気比 準決勝・大阪桐蔭戦 大会史上初[注 1]
大会最多本塁打 3 松本哲幣 敦賀気比 - 大会タイ記録(10人目)

応援団賞編集

応援団賞最優秀校には豊橋工の応援団が選出された[5]

最優秀校 豊橋工(愛知)
優秀校 大曲工(秋田)
県岐阜商(岐阜)
大阪桐蔭(大阪)
今治西(愛媛)
糸満(沖縄)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集