糠平駅

かつて日本の北海道河東郡上士幌町にあった日本国有鉄道の鉄道駅

糠平駅(ぬかびらえき)は、かつて北海道河東郡上士幌町字糠平に置かれていた、日本国有鉄道(国鉄)士幌線である。電報略号ヌヒ。糠平ダム建設のため移転した後、士幌線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月23日に廃駅となった。

糠平駅
糠平駅名板.jpg
トロッコの整備に合わせて駅名板も立て直された
(2008年10月)
ぬかびら
Nukabira
(11.6 km) 幌加
所在地 北海道河東郡上士幌町字糠平
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 士幌線
キロ程 59.7 km(帯広起点)
電報略号 ヌヒ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1937年昭和12年)9月26日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月23日
備考 士幌線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の糠平駅と周囲約500m範囲。左が十勝三股方面で、ここから入江を巻くように180度のカーブを切った後、ダム湖の左手を北上していた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造編集

移転前の駅舎は構内の西側(十勝三股方面に向かって左側)に存在し、島式ホーム1面2線と駅舎前に1本、駅裏に数本の貨物用副本線が敷設されていた。駅構外の十勝三股方面右側には営林署管轄のストックヤードが隣接し、駅から専用線が伸びていた[1]

移転後の駅舎は構内の南側(十勝三股方面に向かって左側)にあって、島式ホーム1面2線と駅舎前に貨物用副本線、駅裏に引込み線が敷かれていた。

駅名の由来編集

アイヌ語の「ノッカ・ピラ」(形のある崖)より。音更川沿岸の崖に、人の姿に似た岩があったことからの命名。その岩は糠平ダムの湖底に沈み、現在見ることはできない。

歴史編集

駅跡・周辺編集

現在は、上士幌町鉄道資料館となっている。

糠平以北では、路線廃止後の上士幌タクシーによる代替バスですら糠平地区以外はほぼ無人化という沿線の極端な過疎化によって2003年9月いっぱいで廃止され、同年10月より帯広 - 糠平 - 旭川間の都市間バスであるノースライナーみくに号が十勝三股停留所を新設、幌加温泉入口停留所と糠平方面の乗降も可能として代替する。

隣の駅編集

日本国有鉄道
士幌線
黒石平駅 - <電力所前仮乗降場> - <糠平ダム仮乗降場> - 糠平駅 - 幌加駅

列車運転休止・バス代行輸送化の際、糠平 - 幌加間に糠平スキー場入口バス停を新設したが時刻表には掲載なし。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和26年版全国専用線一覧では、帯広営林局側線300m。
  2. ^ a b c d e f g 停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ JTB 1998年10月発行
  3. ^ a b c d e JR釧路支社「鉄道百年の歩み」平成13年12月発行。