メインメニューを開く

紅旗(こうき、ホンチー、Hongqi)は、中国の自動車メーカー第一汽車の高級車ブランドである。

目次

歴史編集

1958年に設立され、同年8月1日に党、国家の指導者専用車として最初のモデルであるCA72を発表した。その後、1964年に行政区の、1965年に国の指導者の公式車両に指定され、1965年にリムジンCA770を発表し、1969年に同車の防弾車CA772が発表される。1972年に訪中したアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン毛沢東共産党主席のいる中南海まで乗ったことで世界的に認知されるようになった[1][2]。CA772は友好国カンボジアシアヌーク北朝鮮金日成ベトナムホーチミンにも贈られた[3]

2006年11月16日にトヨタ・クラウンマジェスタをベースとするHQ3が発表された。

2009年、中国建国60周年記念式典に向けた胡錦涛総書記専用のHQE英語版が発表された。

2009年12月に習近平国家副主席日本を訪問時に、第一汽車向けに安川電機が開発した産業用ロボットによる紅旗の組立工程が披露された[4]

2012年4月23日にトヨタ・クラウンをベースとするH7が発表され、中央政府及び地方政府幹部の公用車となった[5]

2015年9月に開催された中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典では、H7にエスコートされる形で習近平中央軍事委員会主席が乗ったL5が登場した[6]。また、同年にベラルーシの軍事パレードの観閲用にL5が初めて海外に輸出された[7]

2018年9月、ファントムなどで有名なロールス・ロイスのチーフデザイナーだったジャイルズ・テーラーが第一汽車の副社長および紅旗の設計責任者(CCO)に就任した[8][9]。また、同年の米中貿易戦争の影響で起きた愛国主義ナショナリズムに押されて販売台数を伸ばした[10]

車種一覧編集

現行編集

過去の生産車種編集

出典編集

  1. ^ 各国首脳の専用車 (3)” (2013年6月20日). 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ 中国の高級車「紅旗」、高評価を得られるか” (2013年6月10日). 2018年9月19日閲覧。
  3. ^ History: the mighty Hongqi CA772T Bulletproof Limousine from China” (2015年2月15日). 2018年12月7日閲覧。
  4. ^ “「他山の石もって玉をおさむべし」習副主席が北九州市の環境保護とハイテク産業を見学”. 中国網. (2009年12月17日). http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2009-12/17/content_19085610.htm 2017年11月13日閲覧。 
  5. ^ 国産リムジン「紅旗H7」1000台納入へ、政府幹部の公用車として―中国” (2013年6月20日). 2016年10月8日閲覧。
  6. ^ rong zhang (2015年9月12日). “共産党幹部しか乗れない……見る者を圧倒する中国製の最高級リムジン”. withnews(ウィズニュース). 2018年1月17日閲覧。
  7. ^ 70th anniversary of the Great Victory”. Belarus.by (2015年4月8日). 2018年9月19日閲覧。
  8. ^ “ジャイルズ・テーラー氏がFAW Groupに入社(共同通信PRワイヤー)”. 毎日新聞. (2018年9月7日). https://mainichi.jp/articles/20180907/pls/00m/020/524000c 2018年9月11日閲覧。 
  9. ^ “第一汽車、ロールスロイスのチーフデザイナーを副社長に…独自の高級車ブランド強化へ”. response. (2018年9月10日). https://response.jp/article/2018/09/10/313851.html 2018年9月11日閲覧。 
  10. ^ “景気減速も販売台数激増、中国国産高級車「紅旗」”. 時事通信. (2018年12月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=20181206037994a 2018年12月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集