メインメニューを開く

概要編集

 
リンカーン・コンチネンタル・タウンカー(1978年-1979年)

'タウンカー'の名称は1959年のコンチネンタル・マークIVのトップグレードとして登場したのが初めてで、その後1969年まで使用されたのち、1981年に独立したモデル名となり以降リンカーンブランドの、すなわちフォード社のフラッグシップ・モデルの座を務めた。'タウンカー'とはキャデラックが1956年から使っていたフランス語セダン・ド・ヴィルの英訳にあたり、共に1920年代の乗用車によくみられた運転席部分には屋根やドアがないタイプのショーファーカースタイルのことである。

タウンカーの車体サイズはアメリカ製セダンの中でも最大の部類のフルサイズに属する。オイルショック以降、キャディラックやクライスラーなどの競合車種の多くが、ダウンサイジングとFF化を敢行した中、フォードだけは、昔ながらのはしごフレームFRレイアウトを固持した。このシャシフォード・クラウンビクトリアマーキュリー・グランドマーキーと共用のパンサープラットフォーム (Ford Panther platform) と呼ばれるもので、フォードのハイエンド車種で30年以上の長きにわたって使われ続けたが、技術的には決してハイエンドではなく、登場当時ですら旧態化のそしりは免れなかった。重量、ねじり剛性、振動・騒音など、操縦安定性と居住性のすべての面でモノコック構造に対して劣勢となるが、アメリカの保守層(米保険会社の調査では、共和党支持者とほぼ一致するとしている)には根強い人気があり、結果的に、古き良き時代のアメリカ車の乗り味を後世に伝える存在となっていたほか、フレームと車体が別体であることからストレッチリムジン霊柩車の改造には向いており、そのベース車両としての需要は多い。共和党のジョージ・H・W・ブッシュ政権時代は大統領専用車にもなった。

一方、欧州車日本車を好む顧客(同様に民主党支持者との表現)には、当時フォード傘下であったジャガーがエンジニアリングを担当したDEWプラットフォーム(Ford DEW platform)のLSなどで応えていた。

過酷な業務使用などを想定しており、耐久性や補修の容易性を考慮した設計がなされており、北米では60万km以上営業運転に使われることが多い。なおエンジンだけは1990年にライバルに先駆けて従来のOHVからSOHCフォード・モジュラーV8に切り替えている。

この車種の組み立てはフォード・モーターのミシガン州ウィクソム工場で行なわれていたが、2007年にフォードはリストラの一環として、同工場を閉鎖。その後はクラウン・ヴィクトリア、グランド・マーキーを生産していたカナダオンタリオ州セントトーマス工場に移管されたが、そのセントトーマス工場も2011年8月29日に最終車両がラインオフし静かにその幕を閉じた。

初代 (1981-1989年)編集

タウン カー
製造国   アメリカ合衆国
販売期間 1981-1989年
乗車定員 5名
ボディタイプ 2/4ドアセダン
エンジン 4.9/5.0L V8
駆動方式 FR
変速機 4速AT
全長 5,570mm
全幅 1,985mm
全高 1.420mm
ホイールベース 2,980mm
車両重量 1,811kg(2ドア)
1,817–1,869kg(4ドア)
姉妹車 フォード・クラウンビクトリア
マーキュリー・グランドマーキー
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

前年の1980年まではコンチネンタル・タウンカーというコンチネンタルの1グレードだったものが、1981年からタウンカーとして独立した。


2代目 (1990–1997年)編集

タウン カー
製造国   アメリカ合衆国
  中華人民共和国
販売期間 1990–1997年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 4.9/5.0L V8(1990)
4.6L V8(1991–1997)
駆動方式 FR
変速機 4速AT
全長 5,560mm(1990–1994)
5,565mm(1995–1997)
全幅 1,985mm(1990–1991)
1,955mm(1992–1994)
1,950mm(1995–1997)
全高 1,440mm(1990–1994)
1.420mm(1995–97)
ホイールベース 2,980mm
車両重量 1,785–1,861 kg
姉妹車 フォード・クラウンビクトリア
マーキュリー・グランドマーキー
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

初代の登場から9年目、リンカーンブランドの客層若返りの狙いも込めて内外装を大きく変更。 この2代目は販売面で大きな成功を収め、1990年代の初頭にアメリカ市場のフルサイズ・セダンで一番の売れ筋モデルとなった。


3代目 (1998–2011年)編集

タウン カー
前期型
後期型
ストレッチ・リムジン仕様
製造国   アメリカ合衆国
  中華人民共和国
  カナダ
販売期間 1998–2011年
乗車定員 6名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 4.6L V8
駆動方式 FR
変速機 4速AT
全長 標準:
5,470mm
ロングホイール:
5,620mm(前期)
5,625mm(後期)
全幅 1,985mm(前期)
1,995mm(後期)
全高 1,475mm(1998–2002)
1,490mm(2003-2008)
1,500mm(2009-2011)
ホイールベース 標準:2,990mm
ロングホイール:3,140mm
車両重量 標準:1,817-1,982kg
ロングホイール:1,978-2,049kg
姉妹車 フォード・クラウンビクトリア
マーキュリー・グランドマーキー
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1998年、フォード社はフォード・クラウンビクトリアマーキュリー・グランドマーキーと共にフルサイズセダン3兄弟のモデルチェンジを実施し、新しいタウンカーが誕生した。3代目タウンカーの外観はそれまでの直線的なデザインから一変し、曲線的なボディラインに変更された。1970年代から続いていたロールス・ロイス風のフロントグリルやCピラーのオペラ・ウィンドウは廃止され、フロントグリルは同年に登場した同ブランドの高級SUVであるナビゲーターに近いデザインとなった。

内装も大幅に変更され、ドア周り・パネル類・操作スイッチ類・ラジオ等が刷新された。新たにデザインされたダッシュボードやドアパネルには、更に木目調が追加された。パワーシートの操作スイッチ類は、ドアパネルに移行された。リンカーンのエンブレムは、ドアパネル及び座席の背に残される事となった。なお、フロントの座席もベンチシート式が採用されている為、一般的なセダンとは異なり、乗車定員は6名である。

1998年

先代と比較して全長は僅かに短縮されたが、逆に全幅・全高は少し拡大され、ホイールベースも延長された。また、新たに「ツーリング・パッケージ (Touring package) 」が追加され、16インチのアロイホイールが装着された。

1999年

シート搭載型のコンビネーション・エアバッグ (頭と、体の側部用) が、全てのタウンカーに標準装備された。

2000年

エンジンに変更が加えられ、シングルエグゾーストで200馬力、デュアルエグゾーストで215馬力となった。

2001年

この年から、ホイールベースが更に延長されたロング仕様が追加された。また、エンジンはシングル及びデュアルエグゾーストの両方で20馬力アップされた。


グレード (トリムレベル)編集

  • シグネチャー(Signature)
  • シグネチャー・リミテッド(Signature Limited)
  • デザイナー・シリーズ(Designer Series)
  • シグネチャーL(Signature L)

最高級車らしく、フランスの宝石商のカルティエや、アメリカのファッションデザイナービル・ブラスイタリアのファッションデザイナーのエミリオ・プッチなどと提携し、これらのデザイナーやブランドが内外装のデザインに手を加えた「デザイナー・シリーズ」が存在し、後にグレード名として採用された。

紅旗編集

中国では、第一汽車が、リンカーン・タウンカーのバッジを変えたフラッグシップ・モデル「紅旗・CA7460(旗艦)」を1998年からライセンス生産し、第一汽車が次世代の公用車トヨタ自動車紅旗・HQ3)を選定してフォードとの提携が解消される2005年まで生産された[1]

日本での販売編集

日本では近鉄モータースクインランド・カーズフォーピラーズが正規輸入しており、コンチネンタルマークVIIの取り扱い終了以降、フォード・ジャパン3代目ナビゲーターを導入するまで、唯一のリンカーン・ブランドの車種であった。

脚注編集

  1. ^ Tycho’s Illustrated History Of Chinese Cars: Red Flag’s Lincoln Years”. thetruthaboutcars.com (2012年1月). 2019年7月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

警告: 既定のソートキー「りんか」が、その前に書かれている既定のソートキー「たうんか」を上書きしています。