メインメニューを開く

続・サザエさん

1957年の映画

続・サザエさん』(ぞく・サザエさん)は、1957年4月9日に公開された日本映画。製作、配給は東宝モノクロスタンダードキャッチコピーは「どなたかお嫁に貰って下さい! ハネッ返りのお転婆娘」。

続・サザエさん
監督 青柳信雄
脚本 笠原良三
製作 杉原貞雄
出演者 江利チエミ
音楽 原六朗
撮影 遠藤精一
配給 東宝
公開 日本の旗 1957年4月9日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サザエさん
次作 サザエさんの青春
テンプレートを表示

併映は『「動物園物語」より 象』(原作:福田三郎、監督:山本嘉次郎、主演:榎本健一

千代田劇場(後の日比谷映画。2005年4月8日閉館)のこけら落とし上映作品でもある。

概要編集

シリーズ2作目。今回は、サザエとマスオの縁談がメインとなる。また同じ長谷川作品『似たもの一家』の主役にして、原作版『サザエさん』のレギュラー・伊佐阪一家が登場する。

前作同様、途中でサザエが歌うシーンが登場する。

ストーリー編集

山高商事で逢って以来、フグ田マスオのことが忘れられないサザエ。思い切ってサザエは、胸のうちをマスオに打ち明ける。マスオも同じ思いだったため、2人の心は固く結ばれた。だがサザエは、御進物用のおはぎをカツオとワカメに食べられたことで怒ったりと、生活は相変わらずだ。

そんなある日、マスオが母親と共に磯野家にやってきた。だがサザエの額にはコブが。これは、隣の作家・伊佐阪難物の家にノリオと一緒に訪ねた時、難物の留守中に散々悪口をしゃべったために殴られたものだった。しかしサザエは絆創膏を貼って、マスオ親子の前に現れる。母親はサザエが気に入ったらしい。その後、波平・舟夫婦とマスオ親子が縁談について話しているのを、サザエは隣室で聞いていたが、熱心に聞くあまり、襖を壊してしまった。マスオの母親はあきれて帰る。だがサザエの真心はマスオの母親に認められ、「こんな健康な娘はいない」と思われるようになった。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 当時、原作版『サザエさん』では「磯野波平」と「磯野フネ」の名前は決められていなかったため、映画のプレスシートでも「父親」・「母親」と記載されていた。なお、家の表札は「磯野松太郎」となっていた。役名が「波平」・「フネ」と記述されるのは、7作目『サザエさんの脱線奥様』から。

外部リンク編集