メインメニューを開く

羽田空港第2ビル駅

日本の東京都大田区にある東京モノレールの駅

羽田空港第2ビル駅(はねだくうこうだい2ビルえき)は、東京都大田区羽田空港三丁目にある東京モノレール羽田空港線。同線の終点である。駅番号MO 11。大田区の鉄道駅では最も東に位置する。

羽田空港第2ビル駅
HanedaAirPortBdg2Apr05.jpg
ホーム
はねだくうこうだい2ビル
Haneda Airport Terminal 2
MO 10 羽田空港第1ビル (0.9km)
所在地 東京都大田区羽田空港三丁目4-2
駅番号 MO 11
所属事業者 東京モノレール
所属路線 東京モノレール羽田空港線
キロ程 17.8km(モノレール浜松町起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
31,153人/日
-2018年-
開業年月日 2004年平成16年)12月1日
乗換 羽田空港国内線ターミナル駅京急空港線
テンプレートを表示
臨時ホーム(2015年3月)
臨時ホーム(2015年3月)
コンコース(2004年12月)
コンコース(2004年12月)
改札口(2007年6月)
改札口(2007年6月)

駅構造編集

2面3線の島式ホームを有する地下駅東京国際空港(羽田空港)国内線第2(東)旅客ターミナルの地下にある。通常は西側の1面2線のみ使用しており、東側の1面1線は臨時用ホームとなっている。ホームドアやエレベーターも西側ホームのみ設置されており、東側ホームには柵が設置されている。ただし東側ホームも駅名標などは設置されている。

当駅は東京モノレールが東日本旅客鉄道(JR東日本)の傘下となった後に開業したため、自動券売機自動改札機自動精算機および案内サインには開業時からJR東日本と類似のスタイルのものを使用している。なお、他の東京モノレールの駅についても2006年までに当駅と同じスタイルのものに更新され、2010年に開業した羽田空港国際線ビル駅も当駅と同じスタイルである。

エスカレーターはホームと改札内コンコースを、エレベーターはホームと北口改札内コンコースをそれぞれ連絡している。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 - 3   東京モノレール羽田空港線 下り 羽田空港第1ビル羽田空港国際線ビル流通センター天王洲アイルモノレール浜松町方面
  • 3番線は臨時ホームとして使用される[要出典]

利用状況編集

2018年度の1日平均乗降人員31,153人である[利用客数 1]

開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[* 1]
年度 1日平均
乗降人員[* 2]
1日平均
乗車人員[* 3]
出典
[備考 1]2004年(平成16年) 15,116 [東京都統計 1]
2005年(平成17年) 36,026 16,405 [東京都統計 2]
2006年(平成18年) 37,368 17,268 [東京都統計 3]
2007年(平成19年) 37,601 17,388 [東京都統計 4]
2008年(平成20年) 35,460 16,430 [東京都統計 5]
2009年(平成21年) 33,248 15,635 [東京都統計 6]
2010年(平成22年) 34,032 16,085 [東京都統計 7]
2011年(平成23年) 32,001 15,407 [東京都統計 8]
2012年(平成24年) 32,345 15,638 [東京都統計 9]
2013年(平成25年) 32,001 15,545 [東京都統計 10]
2014年(平成26年) 30,344 14,890 [東京都統計 11]
2015年(平成27年) 29,408 14,426 [東京都統計 12]
2016年(平成28年) 29,439 14,641 [東京都統計 13]
2017年(平成29年) 30,263 15,096 [東京都統計 14]
2018年(平成30年) 31,153 15,811
備考
  1. ^ 2004年12月1日開業。

駅周辺編集

バス路線編集

歴史編集

  • 2004年平成16年)12月1日 - 羽田空港第2旅客ターミナルビル開業に併せて開業。
  • 2010年(平成22年)10月13日 - 羽田空港第2旅客ターミナルビルの拡幅に伴い、コンコースを拡幅。
  • 2020年令和2年)3月 - 羽田空港第2ターミナル駅に改称予定[1]

運賃に関する特記事項編集

当駅と羽田空港国際線ビル駅間の運賃は通常有料だが、羽田空港で国内線と国際線を乗り継ぐ乗客に限り、その間の運賃が無料となる。乗車する際には、国内線第2ターミナル内に4ヶ所設置されている到着階案内カウンターでパスポートと乗り継ぎ便の航空券を提示し、「乗継乗車票」を発行して貰い、それを駅の改札口にて提示する必要がある[2]

なお当駅から羽田空港国際線ビル駅までの所要時間は6分となっている[3]

その他特記事項編集

 
当駅構内に設置されたモノレール用シーサスクロッシングの動作
  • 当駅構内には、モノレール用のシーサスクロッシングが設置されている。これは日本のモノレールでは、2007年現在、唯一の設置例である[4]
  • ホームには、羽田空港第2旅客ターミナルから出発する路線の搭乗口と保安検査場の位置を表示する「フライトインフォメーション」というディスプレイが3か所設置されている。

隣の駅編集

東京モノレール
  東京モノレール羽田空港線
空港快速・区間快速・普通
羽田空港第1ビル駅 (MO 10) - 羽田空港第2ビル駅 (MO 11)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2020年3月、羽田空港のターミナルビル等の名称が変わります - 国土交通省 平成31年2月26日
  2. ^ ターミナル間の移動について/ターミナル間無料連絡京急線・モノレール』《『羽田空港ターミナル BIG BIRD』(日本空港ビルデング運営サイト)》より
  3. ^ 国際線⇔国内線の乗り継ぎ案内(トランジット)』《東京モノレールWebサイト》より
  4. ^ 鉄道ジャーナル』2007年6月号(通巻488号)p51

利用状況編集

東京モノレールの1日平均利用客数
東京モノレールの統計データ
  1. ^ 大田区政ファイル - 大田区
  2. ^ 東京モノレール DATA BOOK 2015/2016年度版”. 株式会社モノレール・エージェンシー. 2017年7月22日閲覧。
  3. ^ 東京都統計年鑑
東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集