メインメニューを開く

船木 謙一(ふなき けんいち)は、日本編曲家作曲家である。舩木 謙一と記されているケースもある[1]

船木 謙一
生誕 1940
死没 1975. 12月15日
ジャンル ポップス歌謡曲演歌
職業 作曲家編曲家
活動期間 1969年 - 1975年(?)
共同作業者 鈴木淳藤本卓也

来歴・人物編集

1969年(昭和44年)頃から、ビクターレコード(日本ビクターの音楽部門、現在のJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)を中心に編曲家として活動する。

1975年(昭和50年)、輪島功一シングル涙の中から』や大谷ひで子着たきりすずめ』、冠二郎忘却の旅』等の編曲を最後に、本名義での活動がみられなくなる。 1975年12月15日、死去した。

日本音楽著作権協会(JASRAC)の公式ウェブサイトによれば、船木は同協会の信託作家ではない[2]

おもな楽曲編集

特筆以外はシングル、編曲作品、提供先の歌手名の50音順による一覧である。JASRACには2017年5月現在、5曲の作曲作品が登録されている[2]

脚注編集

  1. ^ 1972年11月発売、杉本美樹『女番長流れ者』(ビクター規格品番:GAM-8)歌詞カード等に表記が確認できる。
  2. ^ a b 作品データベース 検索結果、日本音楽著作権協会、2010年9月4日閲覧。

外部リンク編集