鈴木淳 (作曲家)

日本の作曲家、音楽プロデューサー (1934-2021)

鈴木 淳(すずき じゅん、本名:藤田 順二郎(ふじた じゅんじろう)[1][2]1934年2月7日 - 2021年12月9日)は、日本作曲家音楽プロデューサーである。

鈴木 淳
出生名 藤田ふじた 順二郎じゅんじろう
生誕 (1934-02-07) 1934年2月7日
出身地 日本の旗 日本山口県防府市
死没 (2021-12-09) 2021年12月9日(87歳没)
日本の旗 日本東京都
学歴 早稲田大学教育学部
ジャンル ポップス歌謡曲演歌
職業 作曲家音楽プロデューサー
活動期間 1963年 - 2021年
レーベル クレオ
事務所 鈴木淳音楽事務所
公式サイト jun-suzuki

夫人は元女優作詞家悠木圭子、前妻は作詞家の有馬三恵子鈴木淳音楽事務所所属。

来歴・人物編集

1934年(昭和9年)2月7日山口県防府市防府天満宮宮司の子息として生まれる。

山口県立防府高等学校早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、音楽之友社に入社、音楽雑誌の編集を手がけるが、過労により郷里に戻り、入院生活を送る[3]。2年間の療養生活を経て、さらに2年間、同地の女子高校に国語科教諭として勤務する[3]。合計4年の時期を経て東京に戻り、音楽之友社に復帰、音楽雑誌『教育音楽』『ポップス』の編集に携わり、『ポップス』編集長に就任する[3]

1963年(昭和38年)、満29歳のとき、西田佐知子に提供した楽曲『恋なんてしたくない』(作詞真神啓)の作曲でレコード作家としてデビューする[3][4]。1967年(昭和42年)、当時の妻であった有馬三恵子が作詞、鈴木が作曲して伊東ゆかりに提供した楽曲『小指の想い出』がヒットし、伊東が同年の第9回日本レコード大賞歌唱賞を受賞、鈴木は職業作曲家として認知され、有馬とも「おしどり夫婦」として知られることとなる[3][5]。1969年(昭和44年)には、同郷の防府市出身の女優であった藤田佳子(現在の悠木圭子)の作詞家としてのデビュー作、小川知子さよならがこわいの』の作曲を手がける[4][6]。のちに有馬と離婚、悠木と再婚し、1973年(昭和48年)、悠木作詞、鈴木作曲の八代亜紀への提供曲『なみだ恋』をヒットへ導き、悠木を本格的に作詞家に転向させる[6]

1970年(昭和45年)1月5日に放送開始したオーディション番組『全日本歌謡選手権』( - 1976年12月25日、よみうりテレビ)に審査員としてレギュラー出演を開始、八代亜紀らのデビューのきっかけに貢献する。

1982年(昭和57年)、日本作曲家協会の理事に就任、2000年(平成12年)、同協会理事長に就任、2004年(平成16年)に理事長を退任する[3]。1995年(平成7年)、日本音楽著作権協会の理事に就任、2007年(平成19年)まで務める[3]

1998年(平成10年)、第40回日本レコード大賞で、吉田正賞を受賞する[3][7]。2004年(平成16年)6月、エイベックスでJ-moreレーベルを立ち上げ、姉妹デュオであるO'sのプロデュースを手掛ける。2005年(平成17年)、春の叙勲で芸術文化功労として旭日小綬章を受章する[3]

長年、ちあきなおみ八代亜紀黒木憲田川寿美椎名佐千子など、演歌の楽曲提供を行っている。鈴木淳音楽事務所内に、レーベル「クレオ」、鈴木淳音楽学院を併設している[8]。実家である防府天満宮の現在の宮司・鈴木宏明は甥にあたり[9]、境内には「浮雲」(作詞:悠木圭子、歌:香西かおり)の歌碑が建てられている[10]

2021年(令和3年)12月9日、東京都内の自宅にて虚血性心不全により死去[11]。87歳没。

おもな楽曲編集

特筆以外は作曲作品、提供先の歌手名の50音順による一覧である。JASRACには現在、665曲が登録されている[4]

楽曲提供したアーティスト編集

広東語版

鈴木淳音楽事務所編集

有限会社鈴木淳音楽事務所(-すずきじゅんおんがくじむしょ)は、日本の音楽事務所である。鈴木淳音楽学院(すずきじゅんおんがくがくいん)を運営する。

  • 所在地 : 東京都港区六本木3-16-35-506
  • 所属アーティスト : 鈴木淳、悠木圭子
  • 関連会社
    • 株式会社クレオ - 音楽レーベル、1970年設立、所在地同上、代表藤田順二郎 [12]

編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.512
  2. ^ 「小指の想い出」作曲家の鈴木淳さん死去”. 産経ニュース (2021年12月13日). 2021年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 作曲家・鈴木淳のプロフィール、鈴木淳音楽事務所、公式ウェブサイト、2010年9月4日閲覧。
  4. ^ a b c 作品データベース 検索結果、日本音楽著作権協会、2010年9月4日閲覧。
  5. ^ 「ヒットした夫婦」、『主婦の友』昭和42年10月号、主婦の友社、1967年。
  6. ^ a b 作詞家・悠木圭子のプロフィール、鈴木淳音楽事務所、公式ウェブサイト、2010年9月4日閲覧。
  7. ^ 第40回日本レコード大賞日本作曲家協会、2010年9月4日閲覧。
  8. ^ 鈴木淳音楽事務所、公式ウェブサイト、2010年9月4日閲覧。
  9. ^ 佐加太利 No.85防府天満宮、2010年6月1日付、p.5., 2010年9月4日閲覧。
  10. ^ 元気発信!! 山口きらめーる VOL.31、山口県広報広聴課、 2003年10月10日付、2009年10月25日閲覧。
  11. ^ "作曲家の鈴木淳さんが死去 87歳 伊東ゆかりの「小指の思い出」手がける". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 13 December 2021. 2021年12月13日閲覧
  12. ^ 会社概要、クレオ、2010年9月4日閲覧。

外部リンク編集