メインメニューを開く

猪俣 公章(いのまた こうしょう、1938年4月11日[1] - 1993年6月10日)は、日本作曲家作詞家福島県河沼郡会津坂下町出身[1]

猪俣 公章
生誕 (1938-04-11) 1938年4月11日
日本の旗 日本 福島県河沼郡会津坂下町
死没 (1993-06-10) 1993年6月10日(55歳没)
学歴 日本大学芸術学部音楽科
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 作曲家作詞家
活動期間 1966年 - 1993年

本名は猪俣 公章(いのまた きみあき[1]

経歴・人物編集

旧制京都帝国大学工学部電気工学科出身で東北電力勤務の父と、福島市内で料亭を経営する母の間に生まれた。

小学5年生の頃から作曲をするようになり[1]、中学時代に作曲家を志望する[1]。中学卒業後は上京して開成高校に進学。高校卒業後は実家の家計が苦しくなったため、入学金を稼ぐために1年間の浪人生活を選ぶ。喫茶店のボーイ、ペンキ職人、バーテンダーなどで入学金を稼いだ。

1958年日本大学芸術学部音楽科へ入学[1]。入学後は新橋銀座キャバレーでバンド演奏のアルバイトを務め、ベースを担当。大学3年次の1960年古賀政男が設立したプロダクションにスタッフとして採用され、事実上の門下生として師事。大学卒業後の1962年ビクターレコードと契約。

1964年、鈴木やすし『僕の手でよかったら』作曲家デビュー[1]1966年森進一のデビュー作にしてヒット作となった『女のためいき』を作曲、その後も森に『港町ブルース』『おふくろさん』『冬の旅』などの大ヒット曲を提供する。他にもテレサ・テン『空港』、藤圭子『京都から博多まで』『女のブルース』、水原弘『君こそわが命』、五木ひろし『千曲川』など、数多くのヒット曲を提供して成功を収めた。

1991年に19歳年下の一般女性と結婚し一子をもうけるも[1]、、1993年肺がんのため死去した[1]。55歳没。晩年は坂本冬美マルシアを弟子入りさせ、自らの家に住まわせて育成したことでも知られる。なお、猪俣は生前歌手だけでなく、里村龍一冬樹かずみ等々、音楽作家の育成にも力を注いだ。

主な作品編集

 ほか多数

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i ガモウユウイチ「猪俣公章」『昭和歌謡 職業作曲家ガイド』馬飼野元宏(監修/編集)・真鍋新一(編集)、シンコーミュージック・エンタテイメント、2018年4月15日、初版、154-155頁。ISBN 978-4-401-64371-4

関連項目編集