メインメニューを開く

芝園町 (川口市)

埼玉県川口市の町名

地理編集

埼玉県川口市の西端に位置し、戸田用水が流れる。町の中には大規模団地の芝園団地(川口芝園団地)がある。町の大半が団地や、その他の集合住宅が占めており、一戸建ての民家は極めて少ない。住民の生活圏ではJR東日本蕨駅の周辺地域である蕨市中央や同北町などと深い結びつきがあり、蕨駅とは北町新通りで結ばれている。人口は3,818人(2006年)で減少傾向にあり、2008年には児童数の減少により川口市立芝園小学校が閉校し、更に同様の理由で2013年川口市立芝園中学校も閉校した。

外国人人口編集

2005年1月1日現在、芝園町には、2,908世帯、5,165人が居住している。そのうち、住民基本台帳人口は3,997人(2,268世帯)であり、外国人登録者数は1,168人(670世帯)である(『統計かわぐち』川口市)。すなわち、芝園町の総人口の22.6%は外国人であり、そのほとんどは芝園団地に居住する華人(中国人)である。

川口芝園団地に居住している華人の多くは、1980年代後半から1990年代にかけて留学生就学生として来日したニューカマーズ(新華僑)である。大学や大学院を修了し、専門的な知識や技術の習得を経て長年に渡って滞在している者が多いとされる。2003年の調査によれば、芝園団地の華人ニューカマーズの在留資格は、「技術者」、「永住者」、「配偶者」の順に多かった。大学卒以上の学歴を有する者が90%を占め、多くが技術的職業に従事している。

2015年には、中国人世帯数が日本人世帯数を上回った[4]

芝園団地における多文化共生の取り組み編集

街づくりの研究者でもある当時34歳の男性(記事原文では実名)が2014年に移り住み、自治会に加わった[4]。防災が共通の関心事だとつかみ、防災教室を開いた[4]。行事に誘って顔見知りを増やしながら、マナーも呼び掛けた[4]。それ以前はゴミの分別や会話の声の大きさなど自治会へ苦情が寄せられたり、「中国団地」といったネット上の悪口が飛び交っていたが、これらの活動により苦情は減り、ネット上の中傷も止んだ[4]。芝園団地の自治会は2015年度に、初めて中国人の役員が誕生した[4]。高齢化と国際化を応援したいと、大学生のグループもできた。市の協力を得て、中国語による情報のネット配信も始まった[4]

歴史編集

  • 1970年頃 - 不景気のため日本車輌製造の業績停滞が続き、工場が廃業。工場の跡地は日本住宅公団に売却され、芝園団地の構想が立てられた。初めは30階建ての超高層住宅を建設する構想があったとされる。
  • 1972年 - 団地建設が着工、結果的には10-15階建ての建造物が立ち並ぶ団地となった。当時としては非常に規模の大きい団地であったため、「マンモス団地」と称された。
  • 1978年(昭和53年) - 大字から芝園町が成立。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)3月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
芝園町 2,809世帯 4,862人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 川口市立芝富士小学校 川口市立芝西中学校

施設編集

 
芝園公民館
  • 川口芝園団地
  • 芝園公民館
  • 川口市立芝園保育所
  • 芝園幼稚園
  • 川口市教育研究所
  • 中央図書館分室
  • 川口市北消防署芝園分署

交通編集

鉄道編集

鉄道は当地を通っていないが、隣接する芝塚原・芝西・芝樋ノ爪・芝新町を東北本線(宇都宮線)、高崎線京浜東北線が通っている。

バス編集

道路等編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c かわぐちの人口第5表町丁字別人口”. 川口市 (2018年3月8日). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 朝日新聞(2015年12月6日)朝刊第2面「シリーズ戦後70年エピローグ「縮む世界、開く心の距離 団地自治会役員に中国人」
  5. ^ 住所から基本学区の学校を探す”. 川口市 (2008年2月28日). 2018年3月22日閲覧。

外部リンク編集