芦屋河原の合戦(あしやがわらのかっせん)は、戦国時代初期の永正8年7月26日1511年8月19日)から8月10日まで摂津国武庫郡鷹尾城と芦屋河原周辺で行われた合戦。細川澄元軍は軍勢を二分して進軍、一方が阿波よりに上陸、7月13日深井城の合戦となり、もう一方が兵庫に上陸、芦屋河原の合戦となった。別名葦屋河原の戦い鷹の尾城の戦いとも呼ばれている。

芦屋河原の合戦
Takao1.jpg
鷹尾城と芦屋河原
戦争両細川の乱
年月日永正8年(1511年7月26日 - 8月10日
場所鷹尾城とその周辺
結果:鷹尾城の開城、細川澄元軍の勝利
交戦勢力
細川澄元松笠菱(細川向かい松).jpg
赤松義村赤松家家紋.jpg
灘五郷地侍衆
細川高国松笠菱(細川向かい松).jpg
指導者・指揮官
赤松義村赤松家家紋.jpg
細川尚春 Ashikaga mon.svg
瓦林正頼
柳本宗雄
波多野元清
能勢頼豊
荒木大輔
戦力
約20,000 不明
損害
200以上 死傷者3,000
両細川の乱

開戦までの経緯編集

 
細川澄元像(永青文庫所蔵)

永正4年(1507年)の永正の錯乱室町幕府管領京兆細川家の跡目をめぐる内紛が起き(両細川の乱)、永正6年(1509年)の如意ヶ嶽の戦い細川高国大内義興連合軍が勝利し高国が京兆家の当主になったが、澄元軍は阿波に帰国し再び上洛の機会を計画していた。

永正8年5月1日1511年5月27日)、鷹尾城の築城をめぐる小規模な戦いが起こった。契機は高国が被官であった国人瓦林正頼[1]に築城を命じたことに始まる。鷹尾周辺は阿波からに向かう進路にあたり、澄元の進路を塞ぐ意味で築城を計画したが、古来より西国との交通の要衝でもあり、肥沃な筋を抑える意味でもここに進出したものとも思われる。しかし、同地域近辺の灘五郷には武家の封建権力に抵抗していたがあり、権門の所領荘園であることを口実に守護の命にも従わなかった。灘五郷には地侍が3千名とも4千名ともいたと『瓦林政頼記』には記され(誇張された表現も含まれる)、彼らが同地域を支配していた。

鷹尾城の築城により、正頼の支配を好まない[2]灘五郷は、多年にわたり不和であった本庄衆・西宮衆と同盟を組み鷹尾城に対抗する動きに出た。この動きを察知した正頼は鷹尾城より討手20余人を出し、5月1日に正頼と同族でありながら澄元方であったと見られる中心人物を討ち取った。この時正頼は、本庄衆に対して高国の命に従わず討手に敵対した処罰として、鷹尾城の外堀を作らせ田畑を耕す用水を樋でかけるように命じた。用水を取り上げられることに納得のいかなかった本庄衆は、5月6日に灘五郷衆の応援を得て2千で攻め寄せた[1]。鷹尾城に詰めていた23名の与力衆は神水を飲み、主力の本庄衆300名[2]に突入し20余名余りを討ち取ると、本庄衆は敗走しこれを見た他の寄せ手は逃亡してしまった。

 
細川高国像(東林院所蔵)
 
鷹尾山城、芦屋城と周辺地域の空中写真(国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成)

この報を聞いた澄元は挙兵を決断することになる。まず6月に近江に退避していた前将軍の足利義澄と呼応して、四国の兵を集めて京を挟み撃つ手はずを整え、摂津分郡守護の細川政賢和泉半国守護の細川元常総大将に任じ、7月7日に堺に上陸し深井城に陣を張った。これに対して高国は摂津国人衆の池田氏伊丹氏三宅氏茨木氏安威氏福井氏太田氏入江氏高槻氏の総勢2万に出陣を命じ、同月13日に深井城に攻めかかったが敗れ、澄元軍は中嶋城まで攻撃した。

戦況編集

淡路守護の細川尚春が総大将となり兵庫に上陸との連絡が入ると、鷹尾城の正頼は高国に注進、高国は馬廻衆として、柳本宗雄波多野元清能勢頼豊荒木大輔ら30余名と援軍3千を派兵して芦屋浜に布陣、正頼は鷹尾城を中心に山方を固めた。尚春軍には灘五郷の地侍衆が加わり、7月26日に戦闘が開始された[2]。高国の援軍は芦屋川の河原で衝突し[1]、正頼は山方で戦闘になったようである。この時の戦闘の様子は「マクツマクラリツ、逐ツヲワレ花火ヲチラシ戦」(『瓦林政頼記』)とありかなりの激戦であった。またこの時正頼の一族と思われ、澄元方に与していた瓦林新五郎なる人物が鷹尾城へ詰め、外城を落城させたことにより、澄元から感状が賞されている。本城は山頂にあった主郭部分(鷹尾山城)、山麓には外構え(芦屋城)が形成されていたとしている[3]。鷹尾城の外城は落城したが、正頼は勝ち抜き[1]、尚春軍の200余人を討ち取った。その後追撃戦となり有馬郡湯原村まで追い立てた。

一方、隣国播磨の守護であった赤松義村は義母の洞松院細川勝元の娘であったことから、澄元方に付いていた。また澄元の兄の阿波守護細川之持は義村の姉婿という縁もあり、高国とは敵対関係にあった。そのような間柄により澄元は援軍を要請、8月上旬に義村は御着城を出立し加古川周辺で軍勢を整え、敗残していた尚春・灘五郷連合軍と大蔵谷周辺で合流、8月5日に兵庫浦に到着した。この時の総数は2万ほどであった。

8月8日には鷹尾城を包囲、翌9日より戦闘が開始されたようである。赤松軍は「さかしき谷、高き岸ともいわず」(『細川両家記』)「息もさせず」(『瓦林政頼記』)攻め立てたとある。戦闘は10日間続き、城方は何回も応戦したが死傷者が3千名出た。翌11日には火攻めがあるという噂が流れ、正頼は開城を決意、10日夜に城兵を引き連れて伊丹元扶の拠る伊丹城に退却した[1]

戦後の影響編集

赤松・尚春・灘五郷連合軍は鷹尾城を直ちに占領、、兵具を略奪し城に火をかけた[1]ようである。鷹尾城落城の様子を聞いた三条西実隆は「世上安危知り難し、如何々々」(『実隆公記』永正八年八月十一日条)

と記しており、この戦いは京の安危にも影響を与え、憂慮していることが伺い知れる。その後赤松軍は正頼が逃れた伊丹城を攻囲、正頼は手勢を伊丹城に留め置いて自らは小者一人を伴い、援軍として駆け付けた波多野元清の居城八上城に籠った。

一方、尚春の軍は深井城の合戦で勝利した細川政賢の軍と合流し京に向けて進軍、これに危機感を覚えた征夷大将軍足利義稙は高国・大内連合軍を引き連れ、8月16日に京を離れて丹波に逃れ、政賢・尚春連合軍は入洛した。しかし24日には澄元軍が陣を張っていた船岡山城が高国・大内連合軍の攻撃を受けて、敗北した[注釈 1]

正頼不在の伊丹城では籠城戦が続けられていたが、攻囲していた赤松軍に船岡山合戦の敗報が届くと、26日に義村は攻囲を解いて生瀬口より帰国していった。翌永正9年(1512年)6月、高国と洞松院は大物城で会談し、義村の罪を赦すことで両者の和議がまとまった。これにより、正頼は鷹尾城を復した。

船岡山合戦での勝利、義村との和睦により高国・義興は安定した政権を運営し、以後8年間高国と澄元の内紛は休戦状態となった。

鷹尾城跡へのアクセス編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 近江で澄元軍との挟撃を狙っていた義澄は船岡山合戦の直前に水茎岡山城で病死していた。

出典編集

参考文献編集

  • 福島克彦『畿内・近国の戦国合戦』吉川弘文館〈戦争の日本史11〉、2009年、67-68頁。
  • 今谷明『戦国三好一族 天下に号令した戦国大名』洋泉社、2007年、57-60頁。
  • 芦屋市史編集専門委員編 『新修芦屋市史 本篇』 芦屋市、1971年、295-301頁。 
  • 西宮市史編集委員編 『西宮市史』 第一巻 西宮市、1959年、570-574頁。 
  • 有井基; 大国正美; 吉川真一編 『兵庫県の不思議事典』 新人物往来社、2007年。 
  • 戦国合戦史研究会編 『戦国合戦大辞典 六 京都・兵庫・岡山』 新人物往来社、1989年、155-156頁。 
  • 武庫郡教育委員会編 『武庫郡誌』、1921年、162-163頁。 
  • 郷土の城ものがたり阪神地区編集委員編 『郷土の城ものがたり 阪神編』 兵庫県学校厚生会、1973年、60-68頁。 
  • 兵庫県史編集専門委員会編 『兵庫県史』 第3巻、1978年、161-164頁。 

関連項目編集

外部リンク編集