芸北町

日本の広島県山県郡にあった町

芸北町(げいほくちょう)は、かつて広島県山県郡に存在した自治体である。平成の大合併以前の山県郡6町1村では最大の面積を有する自治体であり、スキー場が多くあることで知られていた。

げいほくちょう
芸北町
Flag of Geihoku Hiroshima.gif Geihoku Hiroshima chapter.jpg
町旗 町章
廃止日 2005年2月1日
廃止理由 新設合併
大朝町芸北町千代田町豊平町北広島町
現在の自治体 北広島町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
山県郡
市町村コード 34364-1
面積 253.63km2
総人口 3,016
(2004年3月31日)
隣接自治体 島根県益田市邑智郡邑南町那賀郡旭町金城町
広島県:山県郡大朝町安芸太田町豊平町
町の木 ブナ
町の花 ヤマユリ
芸北町役場
所在地 731-2323
広島県山県郡芸北町川小田75
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
北広島町芸北支所

2005年2月1日に山県郡東 - 北部に存在した大朝千代田豊平各町と合併してその区域をもって発足した北広島町に移行したことに伴い廃止した。

地理編集

河川編集

※いずれも太田川水系の川である。

  • 大暮川
  • 大佐川
  • 柴木川…下流には三段峡(国の特別名勝指定)がある。
  • 滝山川
  • 細見川

編集

  • 臥龍山(刈尾山、1223.4m)
  • 阿佐山(1218.2m)
  • 天狗石山(1191.8m)
  • 三ツ石山(1163.4m)
  • 掛頭山(1126.1m)
  • 毛無山(1082.7m)
  • 大佐山(1069.0m)
  • 高岳(1054.3m)
  • 畳山(1029.0m)
  • 冠山(1002.9m)
  • 大潰山(997.5m)
  • 熊城山(997.5m)
  • 椎谷山(954.2m)
  • 樋佐毛山(952.0m)
  • 一兵山家山(951.7m)
  • 鷹ノ巣山(943.3m)
  • 雲月山(911.2m)
  • 大平山(862.8m)

歴史編集

町名の由来編集

安芸国の北部に位置することから命名。ただし安芸国北端部は安芸高田市(旧:高田郡高宮町川根となり、芸北町ではない。

沿革編集

  • 1889年4月1日 市町村制施行。芸北町域には当時いずれも山県郡に属する雄鹿原(おがはら)・中野・山廻(やまもうり)・八幡(やわた)各村が存在した。
  • 1928年4月1日 山廻村が改称して美和村になる。
  • 1953年12月1日 - 八幡村が島根県那賀郡波佐村の一部(波佐字滝平の一部)を編入
  • 1956年9月30日 雄鹿原・中野・美和・八幡各村が対等合併してその区域をもって芸北町が発足する。
  • 2005年2月1日 山県郡東 - 北部に存在した大朝・千代田・豊平各町と対等合併してその区域をもって発足した北広島町に移行したことに伴い消滅する。

歴代町長編集

産業編集

  • 農業が主力産業で、牧場が至る所にある。

地域編集

教育編集

高等学校編集

大字編集

  • 板村(いたむら)
  • 雲耕(うずのう)
  • 移原(うつのはら)
  • 大暮(おおぐれ)
  • 大利原(おおとしばら)
  • 大元(おおもと)
  • 奥中原(おくなかばら)
  • 奥原(おくはら)
  • 苅屋形(かりやがた)
  • 川小田(かわこだ)
  • 草安(くさやす)
  • 荒神原(こうじんばら)
  • 小原(こばら)
  • 才乙(さよおと)
  • 空城(そらじょう)
  • 高野(たかの)
  • 土橋(つちはし)
  • 中祖(なかそ)
  • 南門原(なもんばら)
  • 西八幡原(にしやわたはら)
  • 橋山(はしやま)
  • 東八幡原(ひがしやわたはら)
  • 細見(ほそみ)
  • 政所(まんどころ)
  • 溝口(みぞぐち)
  • 宮地(みやじ)
  • 吉見坂(よしみざか)
  • 米沢(よねざわ)

名所・旧跡・観光地編集

スキー場
レジャー施設
その他

交通編集

鉄道編集

町内は鉄道が通っていない。鉄道の最寄り駅は、JR西日本山陰本線浜田駅。以前は国鉄今福線三段峡浜田間)が島根県道・広島県道11号旭戸河内線国道186号沿いに計画され、町内には橋山・芸北の両駅(いずれも仮称)が設置されることになっていたが、町内では一部で用地買収が行われた程度で建設中止に至り、結局鉄道が通る日は来なかった。

道路編集

国道編集

主要地方道編集

一般県道編集

関連項目編集