メインメニューを開く

若林駅 (愛知県)

日本の愛知県豊田市にある名古屋鉄道の駅

若林駅(わかばやしえき)は愛知県豊田市若林東町にある、名古屋鉄道三河線である。駅番号はMY03

若林駅
駅舎(2018年10月)
駅舎(2018年10月)
わかばやし
WAKABAYASHI
MY04 竹村 (2.3km)
(2.4km) 三河八橋 MY02
所在地 愛知県豊田市若林東町沖田37
駅番号 MY  03 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線
キロ程 15.1km(猿投起点)
知立から6.2km
駅構造 地上駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
6,051人/日
-2017年-
開業年月日 1920年(大正9年)7月5日
備考 特殊勤務駅(駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1920年(大正9年)7月5日 - 三河鉄道の駅として開業。
  • 1941年(昭和16年)6月1日 - 三河鉄道が名古屋鉄道に合併。同社三河線の駅となる。
  • 1962年(昭和37年)9月 - 駅舎改築[1]
  • 1965年(昭和40年)1月1日 - 貨物営業廃止、側線撤去[2]
  • 2001年平成13年)6月30日 - 特勤化(駅員配置時刻は7:00 - 19:00)[2]
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 駅員配置時刻を7:00 - 11:00に短縮[2]。駅集中管理システム及びトランパスを導入。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。
  • 2019年度 - 高架化のための準備工事を着手する予定[3]
  • 2020年度 - 仮線工事を開始する予定[3]
  • 2022年度 - 本線工事を開始する予定[3]
  • 2024年度 - 高架切り替え予定[3]

駅構造編集

島式1面2線の地上駅である。日本の鉄道は通常は進行方向に対して左側に停車するが、この駅は構内踏切の位置の関係で、乗車する客の安全を確保するため[4]、右側に停車する(隣の竹村駅も同様)。

当駅は特殊勤務駅であり、午前7時 - 午前11時までは駅員が駐在しているが、その他の時間は駅集中管理システムによって豊田市駅において管理されている(同システム導入前までは午後7時まで駅員が駐在していた)[2]

のりば
番線 路線 方向 行先
1 MY 三河線(山線)[5][6][注釈 1] 上り 知立ゆき[8]
2 下り 猿投ゆき[8]

配線図編集

若林駅 構内配線略図

豊田市・
猿投方面
 
知立方面
凡例
出典:[9]


利用状況編集

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は5,580人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中73位、三河線(23駅)中7位であった[10]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は6,350人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中68位、三河線(38駅)中4位であった[11]
  • 『豊田市統計書』によると2009年度の1日平均乗降客数は、4,895人である。
年度 1日平均
乗降人員
2010年 4,900
2011年 5,105
2012年 5,318
2013年 5,580
2014年 5,566
2015年 5,917
2016年 5,958
2017年 6,051

当駅は若林地区だけでなく、鉄道空白地帯の前林地区や、愛知環状鉄道線沿線の上郷地区などの住民も多く利用している。夕ラッシュ時には、毎時4本の列車到着時刻にあわせて、出迎えの車で駅前ロータリーが混雑する。

駅周辺編集

豊田市南部の田園地帯にある駅である。駅西方には田園風景が広がる。駅本屋及び出口は東側にあり、駅前には「とよたおいでんバス」が発着するロータリーもある。駅東側は商店と住宅が混在する若林地区の中心である。その住宅街を抜けて1kmほどのところには豊田南高等学校があるため、朝夕ラッシュ時には高校生で混雑する。駅西側へは駅舎から線路に沿って北へ200mほどのところにある踏切を渡る必要がある。踏切を渡ったところに若林交流館があり、「ふれあいバス」の停留所となっている。田園地帯を抜けてさらに西へ1.5kmほど行くと国道155号にぶつかり、沿うように豊田市立高岡中学校豊田市役所高岡支所西三河自動車検査登録事務所がある。

バス路線編集

コミュニティバス
企業送迎バス:社員向けに送迎バスを運行している

隣の駅編集

名古屋鉄道
MY 三河線(山線)
竹村駅(MY04) - 若林駅(MY03) - 三河八橋駅(MY02)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 名鉄公式サイトにおいては「三河線(知立〜猿投)」と表記される[7]

出典編集

  1. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1010頁。
  2. ^ a b c d 新實守『写真で見る三河線誕生百年』新實守、2015年、126頁。
  3. ^ a b c d 名古屋鉄道三河線若林駅付近連続立体交差事業 再評価結果 (PDF) - 国土交通省、2019年3月30日閲覧。
  4. ^ 右側通行:名鉄沿線おでかけマガジン Wind 2013年1月号より
  5. ^ 清水武「名古屋鉄道各線相互の直通運転」『鉄道ピクトリアル』第246巻、電気車研究会、1971年1月、 64頁。
  6. ^ 太田貴之「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 38頁。
  7. ^ 三河線 路線・駅情報 - 電車のご利用案内、2019年7月14日閲覧
  8. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
  9. ^ 川島令三、『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第4巻 豊橋駅 - 名古屋エリア』、pp.12-13、講談社、2009年6月、ISBN 978-4062700146
  10. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  11. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

関連項目編集