メインメニューを開く

菊麻国造(きくまのくにのみやつこ)は現在の市原市北部から千葉市南部の村田川流域を支配していた国造。支配領域は菊麻国と呼ばれる。

概要編集

先代旧事本紀によると成務天皇の時代、无邪志国造の祖である兄多毛比命の子の大鹿国直を国造に定めたことにはじまるとされる。胸刺国造波伯国造大島国造兄多毛比命の子とされるので、同系とされる。

上総国市原郡の北部から下総国千葉郡南部までの領域を勢力下とし、その中心は現在の市原郡菊麻郷(現市原市菊間)にあったとされる。菊間古墳群は当時の国造クラスの墓と目される古墳が現在に多く残されている。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集