インダストリアル・ライト&マジック

インダストリアル・ライト&マジックIndustrial Light & Magic)は、アメリカ特殊効果及びVFXの制作会社。ILMアイエルエム)もしくはI.L.M.と略されて呼ばれることも多い。ルーカスフィルムに所有されており、シンガポールカナダバンクーバーイギリスロンドンに支社を置いている。

インダストリアル・ライト&マジック
Industrial Light & Magic
種類 事業部制
略称 ILM
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
レターマン・デジタル・アーツセンター
設立 1975年5月
業種 視覚効果
CGIアニメーション
代表者 サム・マーサー
所有者 ウォルト・ディズニー・カンパニー
主要株主 ルーカスフィルムウォルト・ディズニー・スタジオ
関係する人物 ジョージ・ルーカス
ジョン・ダイクストラ
リチャード・エドランド
ジョン・ノール
デニス・ミューレン
フィル・ティペット
ケン・ローストン
外部リンク https://www.ilm.com/
テンプレートを表示

歴史編集

1975年7月、当時『スター・ウォーズ』を作ろうとしていたジョージ・ルーカスが、今までにない特殊効果を生み出したいと考え、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のヴァン・ナイスに最初のILMを開設した。 ジョン・ダイクストラを中心としたモーション・コントロール・カメラの開発など一作目の『スター・ウォーズ』のSFX/VFXはここで開発、撮影をした。しかし制作終了後、ギャランティの問題などでダイクストラはルーカスと訣別、同社はそのまま彼のスタジオ「アポジー」に移行した。この社屋は現在はモデル制作、レンタル・スタジオのグラント・マッキューン・デザイン社が使用している。グラント・マッキューンは一作目の『スター・ウォーズ』以来、アポジーを経て、ずっとこの場所で模型を作っている。

1978年サンフランシスコ郊外のマリンカウンティサン・ラファエルリチャード・エドランドデニス・ミューレンフィル・ティペットケン・ローストンら残留スタッフを中心に新たなILMを設立。『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』以後、2004年までILMはこのサン・ラファエルのスタジオでSFX/VFXの仕事をした。

ルーカスが1979年に設立したCG/ハードメーカー部門が1986年ピクサーとしてルーカスフィルムから独立した後に、ILMは新たに1987年CGI部門を設立。以後、CGIデジタル合成デジタルリムーバルモーフィングなどその後のデジタルVFXの研究、開発、発展に大きな貢献した。

1999年HDRI画像ファイルフォーマットOpenEXR」を開発し、2003年に公のものとして発表[1]

2005年サンフランシスコレターマン・デジタル・アーツセンターに移転。VFX/CGI専門のスタジオになり、2009年現在1500人の社員が働いている。

現在、サン・ラファエルの巨大なスタジオは元ILMアナログ製作部門のスタッフによって、カーナー・オプチカルKerner Optical)社として活動している。同社はミニチュア制作、アニマトロニクス制作、モーション・コントロール撮影、スタジオのレンタル、3D映画の撮影、2D→3D変換サービス等を行なっている。ちなみにこの社名は、ILM時代に所在を隠すために掲げていた偽の看板の社名をそのまま流用している。

2006年シンガポールに支社を設立[2]

2007年までにアカデミー視覚効果賞を15回受賞。さらにこれとは別に約20のノミネートを受けている。また、22のアカデミー技術賞も受賞している。

所属する(または所属した)主要なメンバーにはジョン・ダイクストラデニス・ミューレンリチャード・エドランドフィル・ティペットケン・ローストンジョン・ノール。また、映画監督デヴィッド・フィンチャージョー・ジョンストンも視覚効果マンとしてキャリアを重ねていた。日本人では山口圭二、3DCGモデラーの成田昌隆、コンセプトアーティストの田島光二らが在籍している。また、俳優のマシ・オカマットペイントアーティストの上杉裕世などが在籍していたことも有名である。

輝かしい功績の一方、1986年には『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』という迷作に関わってしまったことから、第7回ゴールデンラズベリー賞最低視覚効果賞を受賞。

『スター・ウォーズ』シリーズの他にも、『インディ・ジョーンズ』シリーズ等のスピルバーグ作品や、その他多くの作品の特殊効果/視覚効果を手がけており、近年では『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『ハリー・ポッター』シリーズ、『トランスフォーマー』等のVFXも制作している。

2011年に同社初のフルCGアニメーション作品『ランゴ』でアカデミー長編アニメ映画賞を受賞。同年、カナダ・バンクーバーに支社を設立[3]

2012年10月30日、ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収したため、ILMもディズニーの傘下となった[4]

2014年10月、イギリス・ロンドンに支社を設立した[5]

主な作品編集

1980年代まで編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

2020年代編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Industrial Light & Magic Releases Proprietary Extended Dynamic Range Image File Format OpenEXR to Open Source Community (PDF)” (2003年1月). 2016年3月27日閲覧。
  2. ^ Interview: Industrial Light & Magic, Singapore”. Art Jobs Connection (2014年7月29日). 2016年8月25日閲覧。
  3. ^ Lucasfilm's Industrial Light + Magic Exploring Opening New Facility in Vancouver”. The Hollywood Reporter (2011年8月10日). 2016年3月27日閲覧。
  4. ^ Disney would acquire a visual effects firm with Lucasfilm deal”. Los Angeles Times (2012年10月31日). 2016年3月27日閲覧。
  5. ^ Lucasfilm's Industrial Light & Magic Opens London Studio”. The Hollywood Reporter (2014年10月6日). 2016年3月27日閲覧。

参考文献編集

フィルムアート社。

外部リンク編集