メインメニューを開く

藤原せい子

平安時代の日本の皇族
本来の表記は「藤原娍子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

藤原 娍子(ふじわら の せいし/すけこ)、天禄3年(972年) - 万寿2年3月25日1025年4月25日))は平安時代中期の人物。第67代三条天皇皇后。父は右大臣藤原済時、母は源延光の娘。

藤原 娍子
第67代天皇后
皇后(皇后宮) 長和元年(1012年4月27日

誕生 天禄3年(972年
崩御 万寿2年3月25日1025年4月25日
陵所 宇治陵
娍子
別称 宣耀殿女御
氏族 藤原氏北家・小一条流)
父親 藤原済時
母親 源延光
配偶者 三条天皇
入内 正暦2年(991年)12月
子女 敦明親王
敦儀親王
敦平親王
師明親王
当子内親王
禔子内親王
女御宣下 寛弘8年(1011年8月23日
立后前位階 従四位下
テンプレートを表示

生涯編集

当初花山天皇から入内を請われるが、父の済時が固辞[1]、三条天皇の皇太子時代に東宮妃として入内、宣耀殿女御と称した。美貌であったといい天皇の寵愛も篤く、敦明親王(小一条院)を始め、敦儀親王敦平親王・師明親王(性信入道親王)・当子内親王伊勢斎宮)・禔子内親王藤原教通室)ら四男二女をもうけた。

しかし、父済時の死後は後見も弱く、ことに左大臣藤原道長が娘の妍子後宮に送り込み中宮に立てたため、その権勢に押されがちであった。これに対して三条天皇は、大納言で没した父済時に右大臣を追贈し娍子を皇后に立てたが、立后当日も道長の妨害に遭い、儀式に参列した公卿は弟の通任以外には藤原実資藤原隆家藤原懐平のみの侘しさだった。

その後、三条天皇の譲位に伴い長男・敦明親王が後一条天皇の皇太子となるものの、上皇の没後に敦明親王自ら皇太子を辞去、また前斎宮であった長女・当子内親王が藤原道雅と密通するなど、皇后でありながら不遇な生涯を送った。

父の済時から伝授を受けたの名手であったという[2]

年譜編集

参考文献編集

  • 倉本一宏『三条天皇―心にもあらでうき世に長らへば―』ミネルヴァ書房、2010年

脚注編集

  1. ^ 『栄花物語』巻第二,花山たづぬる中納言
  2. ^ 『栄花物語』巻第四,みはてぬゆめ

関連項目編集