古賀正明

古賀 正明(こが まさあき、1949年4月11日 - )は、福岡県久留米市出身の元プロ野球選手投手)。

古賀 正明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県久留米市
生年月日 (1949-04-11) 1949年4月11日(68歳)
身長
体重
187 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト1位
初出場 1976年4月5日
最終出場 1984年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

日大三高では、2年生の時、エースとして1966年夏の甲子園東京都予選の決勝に進出するが、修徳高辻正孝に本塁打を喫し敗退。翌1967年夏は都予選準決勝で、後に大学同期となる依田優一(大昭和製紙)のいた堀越高に敗れ、甲子園出場はならなかった。高校同期に三塁手畑野実、控え投手の柴田民男がいる。

卒業後は法政大学に進学。法大には同期の横山晴久、一年下の池田信夫ら好投手がおり、公式戦の登板は2イニングのみに終わった。1972年丸善石油に入社。1973年都市対抗に出場し、エース久玉清人をリリーフして好投、チームは準々決勝に進出する[1]。同大会の四国予選では伊予銀行を相手にノーヒットノーランも記録した。翌年も都市対抗に連続出場し、1974年秋には阪神タイガースからドラフト1位指名を受けるも、条件が合わず入団を拒否する。1975年都市対抗ではエースとして3勝をあげ準決勝に進出するが、この大会に優勝した電電関東に敗退[1]

1975年11月のドラフト1位で太平洋クラブライオンズに指名され、プロ入り。長身から投げ降ろす速球と決め球のフォークボール。スライダー、カーブ、シュート、チェンジアップを武器に、1年目から先発ローテーションを担い、11勝13敗1Sの好成績を挙げ、南海ホークス藤田学に次ぐ新人王次点となる。しかしその後、肘を故障。これが持病となり、成績は次第に下降線をたどっていった。

その後、1979年山崎裕之成重春生との交換トレードで倉持明とともにロッテオリオンズに移籍。1980年庄司智久田村勲小俣進との交換トレードで小川清一とともに読売ジャイアンツに移籍。1981年松原誠との交換トレードで横浜大洋ホエールズに移籍。3年連続で交換トレードによる移籍を経験した。

1983年10月4日の対読売ジャイアンツ戦で勝ち星を挙げた事により、野村収に次いでプロ野球史上2人目の「全球団勝利」という快挙を達成している。受ける捕手は、ライオンズ時代の僚友、若菜嘉晴だった。結果的に、これが最後の勝ち星となった。通算わずかに38勝、1年しか在籍しない球団も2つ、1勝だけという球団が5つ[2]、しかも消化試合での勝利というのもあったが、当時は交流戦もなく、FAや10年選手制度等自らの意思で移籍する制度もなかった中、最低両リーグ2球団ずつに在籍せねば達成できなかった記録であることを思えば、貴重である。古賀は自ら「流れ者の勲章」と称した。1984年オフ、現役引退。

引退後、1992年には韓国プロ野球(KBO)ロッテ・ジャイアンツ投手コーチを務め、1995年にはKBOの三星ライオンズ投手コーチを務めた。

法政大学野球部の先輩・江本孟紀参院議員在職中にスタッフとして仕え、現在は神奈川県川崎市内でスポーツ用品店を経営する傍ら、プロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスで選手としても活躍中。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1976 太平洋
クラウン
33 21 14 3 0 11 13 1 -- .458 790 189.1 179 23 54 4 7 98 3 1 81 65 3.09 1.23
1977 16 14 2 0 0 5 7 0 -- .417 322 71.1 83 11 23 0 4 30 2 1 50 45 5.68 1.49
1978 21 16 2 0 0 4 8 0 -- .333 436 102.1 96 21 35 2 9 49 2 0 62 50 4.40 1.28
1979 ロッテ 20 3 2 0 0 4 3 2 -- .571 232 57.0 48 5 18 1 3 33 0 0 21 18 2.84 1.16
1980 巨人 23 9 2 0 0 6 5 2 -- .545 325 79.0 64 12 30 1 5 52 0 0 35 35 3.99 1.19
1981 大洋 30 17 2 0 0 5 10 3 -- .333 533 121.0 143 17 44 1 1 72 7 1 68 64 4.76 1.55
1982 11 6 0 0 0 0 1 0 -- .000 125 24.0 40 6 9 0 0 21 1 0 30 26 9.75 2.04
1983 30 13 0 0 0 3 4 0 -- .429 419 97.2 93 18 38 3 0 67 2 0 60 53 4.88 1.34
1984 27 4 0 0 0 0 3 0 -- .000 253 52.2 69 10 27 3 2 34 2 1 53 49 8.37 1.82
通算:9年 211 103 24 3 0 38 54 8 -- .413 3435 794.1 815 123 278 15 31 456 19 4 460 405 4.59 1.38
  • 太平洋(太平洋クラブライオンズ)は、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)に球団名を変更

記録編集

  • 初登板:1976年4月5日、対南海ホークス前期2回戦(平和台球場)、9回表1死に2番手で救援登板・完了、2/3回無失点
  • 初奪三振:1976年4月11日、対近鉄バファローズ前期3回戦(藤井寺球場)、7回裏に石渡茂から
  • 初先発・初完投:1976年5月5日、対阪急ブレーブス前期4回戦(平和台球場)、10回1失点
  • 初勝利・初完投勝利・初完封勝利:1976年5月26日、対南海ホークス前期8回戦(平和台球場)
  • 初セーブ:1976年10月4日、対南海ホークス後期12回戦(大阪球場)、9回裏2死に4番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 全球団勝利:1983年10月4日、対読売ジャイアンツ24回戦(横浜スタジアム)、先発登板で6回1/3を1失点 ※史上2人目
# 日付 対戦球団 球場 登板 内容 通算勝利数 球団別勝敗数[3]
1 1976年5月26日 南海前期8回戦 平和台球場 先発 9回完封勝利 1 5勝8敗
2 7月3日 阪急後期2回戦 藤崎台県営野球場 先発 9回1失点完投勝利 3 5勝6敗
3 8月12日 日本ハム後期4回戦 明治神宮野球場 7回裏・2番手(完了) 7回無失点 5 9勝4敗
4 9月15日 ロッテ後期9回戦 宮城球場 先発 9回完封勝利 9 3勝6敗
5 1979年9月5日 近鉄後期6回戦 日生球場 6回裏2死・4番手(完了) 3回1/3を無失点 23 1勝7敗
6 10月11日 西武後期6回戦 西武ライオンズ球場 先発 9回3失点完投勝利 24 1勝0敗
7 1980年5月11日 大洋8回戦 横浜スタジアム 8回裏・4番手(完了) 2回無失点 25 2勝2敗
8 6月12日 広島9回戦 後楽園球場 8回表・3番手(完了) 3回無失点 26 3勝10敗
9 8月15日 中日18回戦 後楽園球場 先発 9回4失点完投勝利 27 6勝2敗
10 10月1日 ヤクルト24回戦 後楽園球場 先発 5回3失点 30 1勝5敗
11 1981年5月29日 阪神6回戦 横浜スタジアム 8回表・3番手(完了) 2回1失点 32 1勝2敗
12 1983年10月4日 巨人24回戦 横浜スタジアム 先発 6回1/3を1失点 38 1勝2敗

背番号編集

  • 24 (1976年 - 1978年)
  • 26 (1979年)
  • 32 (1980年)
  • 25 (1981年 - 1984年)
    • 現在、太平洋・クラウン時代の24稲尾和久の永久欠番となり、ロッテ時代の26は、マリーンズファンのための番号として準永久欠番扱いとなっている。

脚注編集

  1. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 西武、近鉄、ヤクルト、巨人、阪神
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」805ページ

関連項目編集