メインメニューを開く

蠍座(さそりざ・1996年6月11日開業 - 2014年12月30日閉館)は、北海道札幌市北区北9条西3丁目に所在した映画館。北海道内に最後まで残った名画座形態の映画館であった。

蠍座
Sasoriza
Sasoriza in Sapporo.JPG
蠍座が入居していたタカノビル
(現:POWER BLD 札幌駅前)の入口
情報
正式名称 蠍座
完成 1996年
開館 1996年6月11日
開館公演 スモーク / ブロードウェイと銃弾
閉館 2014年12月30日
最終公演 友よ、さらばと言おう
ロゼッタ
ヨコハマメリー
収容人員 55人
設備 DOLBY SR
用途 映画上映
所在地 060-0809
北海道札幌市北区北9条西3丁目1番地 タカノビル地下1階
最寄駅 JR札幌駅地下鉄さっぽろ駅北口から徒歩3分
最寄バス停 札幌駅バスターミナル参照
最寄IC 道央自動車道札幌北IC

概要・特徴編集

 
蠍座の支配人がかつて勤務していたスガイディノス札幌中央(2019年5月撮影)

蠍座の支配人であった田中次郎は、かつて須貝興行株式会社(現「SDエンターテイメント」)に勤務していた時代に、当時のスガイビル地下1階にあった小さな映画館5館を担当。ムーブオーバー作品を一律500円(後に550→600→700円と値上げ)で観賞出来る名画座から、途中入場禁止制度を採り入れたアート系作品のロードショーに至るまで多彩な編成で市内の映画ファンを楽しませてきたが、1995年のスガイビル内映画館再編[注 1]を機に同社を退社。約1年の準備期間を経て1996年6月11日、現在地にて名画座『蠍座』をオープンさせた[1]

上映される作品は主に1 - 2年前に公開されたアート系や中規模系作品が多いが、不定期に往年の日本映画や外国映画の特集上映も行っていた。1日につき2~3本の映画が上映されており、毎週火曜日を上映初日としていた[1]。おおむね1 - 2週程度で上映作品が変わっていた。田中曰く「ヒット作よりも、見せる価値のある映画」を選んでいたという[2]。また、大晦日と元日は休業となっていた。

開業当時はインターネットが全国的に普及し始めた時期だったが、蠍座は当初から映画館自体のホームページを制作せず[注 2]、毎月発行されていた「蠍座通信」において1ヵ月間の上映予定作品のスケジュールを掲載していた[3]

 
『ライブテープ』上映時に蠍座を訪れた松江哲明

2010年5月に『ライブテープ』を上映した際は、たまたま札幌でライブを行っていた主演の前野健太松江哲明監督が同館を訪れ、サプライズ的な舞台挨拶を行った[4]。また画家の増山麗奈は同年8月17日に自身のドキュメンタリー映画『桃色のジャンヌ・ダルク』が上映された際に同館で舞台挨拶を行っている[5]

2014年12月2日には同月30日で閉館することが明らかにされた[6]。娯楽の多様化やインターネットの普及などで若い客層が蠍座から徐々に離れていったことなどが理由である[2]。最終日に上映された映画は、同年8月1日より新宿武蔵野館他でロードショー上映されていたフランス映画友よ、さらばと言おう』と、1999年製作のベルギーフランス合作『ロゼッタ』、2005年製作の日本のドキュメンタリー映画ヨコハマメリー』の3本で、21時45分(JST)の『ヨコハマメリー』終映をもって営業終了。18年半で上映した作品は1,550本に及んだ[3]。当館退去後の跡地には、和食居酒屋『和顔別館 OKARU』(わがおべっかん おかる)が2015年4月15日にオープンし[7]、現在に至る。

データ編集

  • 所在地:北海道札幌市北区北9条西3丁目1番地 タカノビル(現:POWER BLD 札幌駅前)地下1階[注 3]
    現在の居酒屋『和顔別館 OKARU』の位置[7]
  • 観客定員数
    • 68席[1](開館 - 2006年3月) - 椅子の色は緑。
    • 55席[1](2006年4月 - 閉館) - 椅子の色は赤。

関連書籍編集

  • 『札幌の映画館(蠍座)全仕事』(2016年7月1日発売/寿郎社[3]
    閉館からわずか1年半後に刊行された蠍座の記録本。先述の「蠍座通信」全222号分を収めている。

脚注編集

  1. ^ この再編により映画館は同ビル(現:ディノス札幌中央)の最上階(7・8階)に集約され、後に全スクリーン(6スクリーン)の館名が「ディノスシネマズ札幌劇場」に統一された。
  2. ^ 先に閉館したマリオンシネマ(2012年5月7日)や、名寄第一電気館(2014年10月20日)も自館の公式HPを制作しなかった。
  3. ^ ビルの1階にセイコーマートがある(以前は日産レンタカーの営業所が入居していた)。

出典編集

  1. ^ a b c d 和田由美 (2014年1月17日). “ほっかいどう映画館グラフィティー「蠍座」” (日本語). 朝日新聞 (朝日新聞北海道支社). http://kitanoeizou.net/blog/wp-content/uploads/2014/12/%E7%84%A1%E9%A1%8C1.png 2016年7月28日閲覧。 
  2. ^ a b 「気骨の名画座、終幕 道内唯一、18年個人経営の「蠍座」」『北海道新聞北海道新聞社、2014年12月31日、24面。2019年6月3日閲覧。
  3. ^ a b c 「名画座18年 分厚く回顧 閉館の札幌・蠍座 館主の「通信」952ページの本に」『北海道新聞夕刊』北海道新聞社、2016年7月4日。2019年6月3日閲覧。
  4. ^ 松江哲明 (2010年5月8日). “ATTICと蠍座”. every japanese woman cooks her own curry. はてなダイアリー. 2014年7月14日閲覧。
  5. ^ 【news】北海道・札幌蠍座で「桃色のジャンヌ・ダルク」上映”. 増山麗奈の革命鍋!. エキサイトブログ (2010年8月16日). 2015年6月1日閲覧。
  6. ^ 「札幌・蠍座30日に閉館 名画上映、18年で幕」『北海道新聞』北海道新聞社、2014年12月2日。2019年6月3日閲覧。
  7. ^ a b 和顔別館 OKARU 和食居酒屋” (日本語). ホットペッパーグルメ. リクルート (2015年4月22日). 2015年4月29日閲覧。

外部リンク編集

  • 蠍座 - 「港町キネマ通り」サイト内の記事(2007年8月取材)