メインメニューを開く

地理編集

船橋市の中心市街地の北方に位置する。地域の北西には中山競馬場(古作1丁目)がある。当地はもと東葛飾郡行田新田で、1889年の町村制施行時には塚田村の大字となった。塚田村は、1937年、船橋町、葛飾町、八栄村、法典村と合併して船橋市となり、行田は船橋市の大字となる。1940年、行田町と改称。1984年、住居表示整備に伴い行田1 - 3丁目となるが、一部地区は住居表示未実施のまま行田町として存続している。

当地域の中央部は、ほぼ真円をなす環状道路によって囲まれている(西側の一部を武蔵野線の線路が南北に縦断している)。区画が円形であるのは、かつてここに旧日本海軍の無線施設(海軍無線電信所船橋送信所)が設置されていたためである。現在でもその名残で、後述のような行政機関や公務員宿舎が多い。

1 - 3丁目があり、環状道路の東部が1丁目、環状道路の中央を縦断する県道を挟んで東が2丁目、西が3丁目となっている。中央は行政機関・団地、東西には住宅が広がる。

地名の由来は行徳と田尻の1字ずつを取ったものといわれる。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

行田編集

丁目 世帯数 人口
行田一丁目 1,194世帯 2,898人
行田二丁目 1,417世帯 2,492人
行田三丁目 1,450世帯 2,977人
4,061世帯 8,367人

行田町編集

町丁 世帯数 人口
行田町 1,095世帯 2,402人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
行田一丁目 5~49番 船橋市立塚田小学校
船橋市立行田東小学校
※どちらか選択
船橋市立行田中学校
1~4番
50番
船橋市立行田東小学校
行田二丁目 1~5番
6~11番 船橋市立行田西小学校
行田三丁目 全域
行田町 48番地
47番地
※要地図確認
※またがり区域
※要地図確認
(1)船橋市立行田西小学校
(2)以下からどちらか選択
 ・船橋市立塚田小学校
 ・船橋市立法典西小学校
49~62番地
368~402番地
船橋市立塚田小学校
船橋市立法典西小学校
※どちらか選択
63~101番地
311~367番地
船橋市立塚田小学校

交通編集

環状道路内の中心を片側2車線の県道9号が縦断し、南は国道14号、北は県道9号から木下街道へ接続している。この他、南西方向に京成西船駅西船橋駅方面へ向かう道路、南東方向に新船橋駅船橋駅方面へ向かう道路がある。いずれもラッシュアワー以外に、中山競馬場開催となる土日にも、激しい渋滞の発生することがある。

武蔵野線の線路が通過するが、駅はない。最寄り駅は東武鉄道野田線塚田駅・新船橋駅、武蔵野線船橋法典駅・西船橋駅(他に総武線東京メトロ東西線など)、京成本線京成西船駅などである。しかし利便性を考慮すると、住民の多くは西船橋駅や船橋駅を利用していると考えられる。西船橋駅からは京成バスが、船橋駅からは日中のみ京成バスと船橋新京成バスが、他に深夜急行バスが数路線運行されている。

施設・公園など編集

1丁目

2丁目

3丁目

近隣地名編集

行田町について編集

行田町(ぎょうだちょう)は、1984年の住居表示実施時に対象外となった地区で、行田1~3丁目の北方に東西2箇所に分かれて残存する。葛飾川が流れている。

施設編集

  • 船橋塚田郵便局(東部)

隣接町名編集

西部

  • 上山町(北)
  • 古作町(北)
  • 古作(北西 - 西)
  • 行田(西 - 南西 - 南 - 南東)
  • 前貝塚町(南東 - 東 - 北東)

東部

  • 前貝塚町(西 - 北 - 東)
  • 北本町(南東)
  • 行田(南)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 船橋市町丁別人口”. 船橋市 (2017年11月24日). 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月1日閲覧。
  4. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月1日閲覧。
  5. ^ 小・中学校通学区域表(住所別)”. 船橋市 (2016年12月22日). 2017年11月30日閲覧。