メインメニューを開く

西義之 (ドイツ文学者)

日本のドイツ文学者

西 義之(にし よしゆき、1922年5月20日 - 2008年10月9日)は、日本のドイツ文学者、評論家。東京大学教養学部名誉教授。

目次

人物編集

日本統治時代台湾台中市生まれ。東京大学独文科卒。金沢大学助教授、1964年東大教養学部助教授、70年教授。1983年定年退官、名誉教授、金城短期大学学長を務めた。

ドイツ文学専攻で、ヘルマン・ヘッセシュテファン・ツヴァイクなど翻訳多数。60年代から70年代にかけて、進歩的知識人を批判、論争し、相手方から「ファシスト」と呼ばれた[要出典]

1975年の『誰がファシストか』では、西欧のファシズム研究を紹介しつつ、進歩派こそファシストではないかと批判した。このあり方は、東大教授の先輩に当たる竹山道雄を継承するものである[要出典]

1990年代以降は、大東亜戦争肯定論の類に対して疑問を投げかけていた。

産経新聞正論欄」のメンバーとして、長年執筆をおこなっていた。

2008年10月9日、肺炎のため東京都中央区の病院で死去。86歳没[1]。死去は2009年1月23日に遺族から公表された。

著書編集

  • 『現代ドイツの東と西 祖国をさまよう人々』新潮社 1962
  • 『戦後の知識人 自殺・転向・戦争犯罪』番町書房 1967
  • ヒットラーがそこへやってきた』文藝春秋 1971
  • 『誰がファシストか 現代ファシズム学入門』ごま書房 (ゴマブックス) 1975
  • 『キリスト教のわかる本』広済堂出版 1975
  • 『学校は何ができるか 教師の責任・親の責任』サンケイ出版 1977
  • 『変節の知識人たち』PHP研究所 1979
  • 『新・「菊と刀」の読み方 戦後日本と日本人の変容の歴史を再点検する』PHP研究所 1983
  • 『ドイツ文学と芸術の旅』三修社 1984
  • 『ドイツうまいものの旅』三修社 1985
  • 『ドイツライン・バイエルン・ロマンティック街道案内』三修社 1986
  • 『ドイツ人の生き方死に方 ミュンヘンを舞台に』教育社 1987
  • 『繁栄西ドイツが落ちた罠 日本は本当に大丈夫か』光文社 (カッパ・ビジネス) 1988 
  • 『定年教授の食卓』春秋社 1993
  • 『天才たちの死に学ぶ ツヴァイク、フロイトモーツァルトゲーテの死の瞬間まで』文藝春秋 1994
  • 『「武士道」幻想 新渡戸稲造論』下田出版 2004

翻訳編集

  • メリー・スチュアート ツヴァイク 高橋禎二共訳 新潮文庫(上下) 1953、復刊1994
  • マゼランの世界一周 ツヴァイク 筑摩書房 1956
  • イレーネ夫人の秘密 ツヴァイク 角川文庫 1957
  • ヒマラヤを六度こえて ハンス・コップ 大日本雄弁会講談社 1957
  • ナルチスとゴルトムント ヘルマン・ヘッセ 岩波文庫(上下) 1959、復刊1977ほか
  • 車輪の下 ヘッセ 白水社 1963
  • 蒙古と青海 ピョートル・クズィミッチ・コズロフ 白水社 1967
  • キリストはなぜ殺されたか J.カーマイケル 読売新聞社 1972
  • ヒトラーが町にやってきた ナチス革命に捲込まれた市民の体験 ウィリアム・シェリダン・アレン 番町書房 1973
  • ヒトラー自身のヒトラー ヴェルナー・マーザー編 読売新聞社 1974
  • わが20世紀 ルードウィヒ・マルクーゼ ダイヤモンド社 1975
  • アインシュタイン・ボルン往復書簡集 井上修一・横谷文孝共訳 三修社 1976
  • ヒトラー・ある息子の父親 ウェルナー・マーザー ティビーエス・ブリタニカ 1978
  • ニュルンベルク裁判 ウェルナー・マーザー ティビーエス・ブリタニカ 1979
  • シングルズ 脱結婚時代の生き方 ヘルマン・シュライバー ティビーエス・ブリタニカ 1980
  • シルクロード スウェン・ヘディン 白水社 新版1980、中公文庫 2003
  • 法律家の見たイエスの裁判 W.フリッケ 山本書店 1990

脚注編集

参考編集