メインメニューを開く
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 北区 > 角田町

角田町(かくだちょう)は、大阪府大阪市北区町名2019年(平成31年)3月31日現在の人口は0人[2]

角田町
HEP FIVE
角田町の位置(大阪市内)
角田町
角田町
角田町の位置
角田町の位置(大阪府内)
角田町
角田町
角田町の位置
北緯34度42分13.42秒 東経135度29分58.26秒 / 北緯34.7037278度 東経135.4995167度 / 34.7037278; 135.4995167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
北区
面積
 • 合計 0.079539439km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 0人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
530-0017[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

地理編集

大阪市北区の中心地・北梅田から東梅田地区に位置。北は芝田、東は小松原町堂山町、南は曽根崎、西は梅田3丁目と隣接している。

歴史編集

1461年寛正2年)の中島崇禅寺領目録『そねざき平田分』の中に、「埋田之内角田三百歩」と記載されており、室町時代には角田の地名が確認できる。江戸時代以降は西成郡北野村の一部で、1897年明治30年)に大阪市へ編入。

1900年(明治33年)の大字改編により北野角田町となった。1910年(明治43年)には現在の阪急大阪梅田駅が開業した。梅田駅はのちに小深町(現在は芝田)に移転したが、現在も阪急百貨店HEPが立地している。1924年大正13年)に北野西之町の南部と北野小深町のごく一部を編入し、「北野」の冠称を廃して角田町となる。

1944年昭和19年)に扇町通 - 都島通間を小松原町へ、扇町通以南を曾根崎中へそれぞれ割譲。

1993年平成5年)から2006年(平成18年)まで大阪で最も地価が高い場所だった。

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。北区内の全ての市立中学校と、大阪市内の小中一貫校が対象で学校選択が可能(抽選を実施)。

番・番地等 小学校 中学校
全域 大阪市立扇町小学校 大阪市立天満中学校

施設編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

国道
主要地方道

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府大阪市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 角田町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 北区内の通学区域一覧”. 大阪市 (2018年12月6日). 2019年10月4日閲覧。 “(ファイル元ページ)
  6. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集