メインメニューを開く

地理編集

大阪市北区の中央部、キタ繁華街北部に位置する。東は茶屋町、南は角田町、西は大深町、北は中津豊崎に接する。また、町域内東側には芝田商店街がある。

歴史編集

大半がもと西成郡北野村の一部にあたる。北東端の阪急電鉄本社ビルの所在地はもと同郡南浜村(のち豊崎村大字南浜)の一部、北西端の済生会病院の所在地はもと同郡下三番村(のち中津町大字下三番)の一部となる。

沿革編集

  • 1897年明治30年)4月1日 - 大阪市第一次市域拡張により、北野村が大阪市北区に編入される[5][6]
  • 1900年(明治33年)4月1日 - 大字改編により、旧名に由来する北野芝田町、北野小深町、北野西之町、北野牛丸町の町名が起立[5][6]
  • 1924年(大正13年)6月1日 - 「北野」の冠称を廃して芝田町、小深町、牛丸町となる。旧・北野西之町は廃止され、その北西部が小深町に編入される[5][6]
  • 1944年昭和19年) - 牛丸町の西半が大深町に統合される。
  • 1978年(昭和53年) - 現行住居表示を実施。芝田1丁目南部に旧・小深町のほぼ全域、芝田2丁目西部に旧・牛丸町の残余が含まれている。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
芝田一丁目・二丁目 98世帯 113人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 470人 [7]
2000年(平成12年) 483人 [8]
2005年(平成17年) 422人 [9]
2010年(平成22年) 351人 [10]
2015年(平成27年) 326人 [11]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 74世帯 [7]
2000年(平成12年) 95世帯 [8]
2005年(平成17年) 86世帯 [9]
2010年(平成22年) 40世帯 [10]
2015年(平成27年) 64世帯 [11]

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12]。北区内の全ての市立中学校と、大阪市内の小中一貫校が対象で学校選択が可能(抽選を実施)。

丁目 小学校 中学校
芝田一丁目 全域 大阪市立扇町小学校 大阪市立天満中学校
芝田二丁目 全域

施設編集

交通編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府大阪市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 芝田の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b c 芝田1丁目
  6. ^ a b c 芝田2丁目
  7. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ 北区内の通学区域一覧”. 大阪市 (2018年12月6日). 2019年10月4日閲覧。 “(ファイル元ページ)
  13. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集