メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+89D2 13682.svgと異なる可能性があります。

角田 龍平(すみだ りゅうへい、1976年12月16日[1] - )は日本弁護士(登録番号 37624 京都弁護士会)、タレント、元漫才師京都府宇治市出身[1]。宇治市立伊勢田小学校、洛星中学校・高等学校立命館大学法学部法律学科政治行政コース卒[1]。弁護士としては角田龍平の法律事務所で活動し、タレントとしてはタイタンに所属していたが、2015年限りで事務所から離れ、現在はフリーで活動している。

目次

経歴編集

高校で土井大輔(京都大学iPS細胞研究所特定助教)とコンビを組む。高校2年の終わり、テレビのバラエティ番組関西テレビ紳助の人間マンダラ』の若手漫才師を育成する企画『オール巨人の漫才道場』へ応募。番組で出合った相方と漫才コンビ「おおかみ少年」を結成し、結成4カ月後に出場した今宮子供えびすマンザイ新人コンクールで福笑い大賞を受賞した。高校卒業後、漫才の一芸入試で立命館大学法学部に入学すると同時にオール巨人の付き人をしていたが、オール阪神・巨人がレギュラー出演していたNHKバラエティー生活笑百科』の収録スタジオで「笑福亭仁鶴にも上沼恵美子にも阪神・巨人にもなれないが、回答者の弁護士にはなれる」と思い立ち、芸人を廃業し、弁護士を目指す[2][3]

その後、司法試験に落ち続けたが、10年間の猛勉強の末、2006年に9回目の受験で旧司法試験に合格。2008年9月に弁護士登録し、弁護士・大阪府知事(当時)の橋下徹が代表を務める橋下綜合法律事務所に入所する。2011年1月、大阪にて司法書士の妻と共に「角田龍平の法律事務所」を開設し独立。2018年4月、京都弁護士会に登録替え。京都市左京区に事務所を構え、弁護士として民事・刑事を問わず数多くの事件を担当している[1][4]

2008年に『オールナイトニッポンパーソナリティーオーディション』でグランプリを受賞し、2009年1月から1年間『角田龍平のオールナイトニッポンR』のパーソナリティーを務めた。なお、同番組は『角田龍平のオールナイトニッポンポッドキャスト』[5]として継続している。また、ポッドキャストのサブテキストであるコラム『弁護士角田龍平のメルマ遵法』をメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』[6]に連載している。

人物編集

大のプロレスファンでファン歴は30年以上[7]。自身のラジオ番組『角田龍平のオールナイトニッポンR』にゲストとして棚橋弘至が登場した際はプロレス談義で盛り上がった。なお、棚橋とは立命館大学法学部時代の同級生であり、お互いに君づけで呼び合っている[8]

芸人との親交も深く、バッファロー吾郎A[9]兵動大樹ティーアップ長谷川宏[10]らと不定期でトークライブを開催している。

2010年12月12日、結婚。TBSの『サンデージャポン』の番組内で結婚を発表。義父は東映映画監督の土橋亨(どばし とおる)[11]

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

  • 角田龍平のオールナイトニッポンRニッポン放送、2009年1月10日 - 同年12月26日)
  • 角田龍平のオールナイトニッポンポッドキャスト[5](ニッポン放送、2010年10月25日 - )
  • チキチキ・遠藤 Nami乗りジョニー(KBS京都、2014年4月- )[13]‐ 第2水曜日番組内コーナー「今すぐ言いたーい!京都B級裁判所、略してKBS!」に出演。
  • 棚橋弘至のカウント2.99(ABCラジオ、2016年2月6日)[14][15]
  • しゃべる弁護士・角田龍平の 2016年“3分の1”勝手に総決算! ニッポン放送 2016年5月3日[15]
  • 弁護士芸人・角田龍平のクリスマスのケツロン ABCラジオ 2016年12月26日[15]
  • 角田龍平のウソみたいなホントの話 ABCラジオ 2017年4月1日、4月2日[15]
  • 北野誠のスバリ(CBCラジオ、2017年4月-)-金曜日番組内コーナー「角田龍平のズバリ法律相談室」に出演。
  • 角田龍平の蛤御門のヘン(KBS京都、2017年10月4日-)

関連人物編集

  • オール巨人(かつての師匠) - 一般には芸に厳格で弟子にも厳しいというイメージが定着しているが、角田本人は気さくな師匠だったと述懐しており、未だに生涯の師匠として尊敬と感謝の念を露わにしている。
  • 北野誠 - ABCラジオ誠のサイキック青年団』を20年愛聴したサイキッカーであり、ラジオパーソナリティーとしての北野を尊敬しており、CBCラジオ『北野誠のズバリ』やトークショーで[1]共演している。
  • 影山貴彦 - トーキングプロフェッション『影山教授と角田弁護士』を不定期で開催している[2]
  • 爆笑問題
  • 八代英輝 - (サンデージャポン番組上の架空コンビ青空勝訴・敗訴の相方)
  • 橋下徹 - 弁護士事務所時代の所長

外部リンク編集