SixTONES
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年5月1日[1] -
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー #メンバーを参照

SixTONES(ストーンズ[1])とは、ジャニーズ事務所所属のジャニーズJr.内の6人組男性アイドルグループである。

目次

メンバー編集

生年月日順

名前 生年月日 出身地 血液型 メンバーカラー
髙地優吾
(こうち ゆうご)
(1994-03-08) 1994年3月8日(23歳) 神奈川県出身 A型 [2]
京本大我
(きょうもと たいが)
(1994-12-03) 1994年12月3日(22歳) 東京都出身 B型 ピンク[2]
田中樹
(たなか じゅり)
(1995-06-15) 1995年6月15日(21歳) 千葉県出身 B型 [2]
松村北斗
(まつむら ほくと)
(1995-06-18) 1995年6月18日(21歳) 静岡県出身 B型 [2]
ジェシー
(じぇしー)
(1996-06-11) 1996年6月11日(20歳) 東京都出身  ?型[3] [2]
森本慎太郎
(もりもと しんたろう)
(1997-07-15) 1997年7月15日(19歳) 神奈川県出身 A型 [2]

略歴編集

2015年5月1日、『ジャニーズ銀座2015』昼の部の公演で、テレビドラマ『私立バカレア高校』出演者6人のグループ「six tones」結成が発表される[1][4]。発表当初は「シックストーンズ」という読み方で発表されていたが[5]、のちに「ストーンズ」に変更された[6]

9月5日、初主演舞台『少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供達』の記者会見を伝えるニュースで現在のユニット名と読み方・表記が広く伝えられる。グループ名は事務所内では初めてジャニー喜多川ではなく、メンバー自身が命名[7] との一部報道もあったが、メンバーによるとジャニー喜多川よりひらめき的に命名されたとされる[8]。ユニット名の意味は、(1)その読み方から『原石』、(2)“ド”を抜いた“レミファソラシ”の6音のように”6人それぞれの個性を出せるように”との想いを込めて『音域』[6]、(3)“TONE”が音色の意味を持つことから『音の6原色』、というメンバー6人の想いが込められている[9]

結成時点でメンバー全員が身長170cmを超える平均身長176cmで[10]、それまで最高だったジャニーズWESTを超えたため、ジャニーズ内での“最長身グループ”と言われた[11]

オリジナル曲編集

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「SixTONES」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

2015年

  • この星のHIKARI(作詞:川口進 、作曲:川口進 /Dele Ladimeji) - JASRAC作品コード:1H9-9123-8
  • BE CRAZY(作詞:ma-saya、作曲:STEVEN LEE) - JASRAC作品コード:212-8586-1

2016年

  • IN THE STORM(作詞 : 深川琴美、作曲:STEVEN LEE/ANDERS WIGELIUS/ERIK WIGELIUS) - JASRAC作品コード:1J5-6509-8

出演編集

舞台編集

音楽番組編集

コンサート編集

イベント編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c “SixTONES&SnowMan 初座長公演「全力でぶつかる」”. スポーツ報知. (2015年9月5日). オリジナル2016年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160324144637/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150904-OHT1T50233.html 2017年3月28日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 『ジャニーズJr.カレンダー 2015.4-2016.3』巻末プロフィール、学研マーケティング、2015年
  3. ^ 「SixTONES 太陽よりも燃えるぜ! 俺的キーワード」『Myojo』2016年9月号、67ページ
  4. ^ 「ジャニーズ銀座2015 STAGE REPORT」『月刊ソングス』2015年6月号Vol.150、63ページ
  5. ^ ジャニーズJr."バカレア組"に正式ユニット名「シックストーンズ」”. Yomerumo news. GMOインターネット (2015年5月1日). 2016年2月1日閲覧。
  6. ^ a b 「SixTONES 徹底解剖‼︎めっちゃがんばります宣言」『Myojo』2015年8月号、70ページ
  7. ^ SixTONES初の主演舞台が開幕デイリーonline 2015年9月5日付
  8. ^ 「SixTONES スキルUPミーティング」『duet』2015年8月号 80ページ
  9. ^ 「SixTONES 徹底解剖‼︎めっちゃがんばります宣言」『Myojo』2015年8月号、73ページ
  10. ^ a b “新ユニット「Six TONES」“伝統登竜門”舞台初主演”. Sponichi Annex. (2015年9月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/05/kiji/K20150905011067530.html 2015年9月5日閲覧。 
  11. ^ “ジャニーズ大物ルーキー!SixTONES、初主演舞台で大暴れ(2/3ページ)”. SANSPO.COM. (2015年9月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150905/joh15090505030002-n2.html 2015年9月6日閲覧。 
  12. ^ 『ジャニーズ銀座2015』”. 2015年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  13. ^ 歌舞伎・演劇 > その他の公演 >少年たち”. 松竹. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  14. ^ 帝国劇場『ジャニーズ・ワールド』”. 東宝. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月7日閲覧。
  15. ^ ジャニー喜多川作・構成・演出 佐藤勝利×中島健人×A.B.C-Z出演『ジャニーズ・ワールド』製作発表会”. シアターガイド (2015年10月28日). 2016年6月7日閲覧。
  16. ^ 今年はTravis Japan、SixTONESらが出演、「ジャニーズ銀座2016」”. ステージナタリー (2016年3月5日). 2016年3月14日閲覧。
  17. ^ 公演情報 > 歌舞伎・演劇 > その他の公演 > 少年たち 見どころ・キャスト”. 松竹. 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月28日閲覧。
  18. ^ SUMMER STATION ジャニーズキング”. テレビ朝日 (2016年). 2017年3月28日閲覧。
  19. ^ “ジャニーズJr.異例の25万5000人動員!追加4公演開催を発表”. スポーツ報知. (2017年3月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50012.html 2017年3月27日閲覧。 

外部リンク編集