メインメニューを開く

豊島 美雪(とよしま みゆき、1960年11月24日 - )は、関西を中心にテレビ・ラジオにて活動するフリーアナウンサーローカルタレントである。

来歴・人物編集

大阪府出身。大阪府立生野高等学校を卒業、神戸大学を中退してアナウンサーとして放送局に採用されるが、その後独立し、フリーアナウンサーとして活動。1984年9月30日から1993年9月26日までの9年間、朝日放送(ABCテレビ)の『パネルクイズ アタック25』で出題役を務めた。なお、1992年10月4日放送分から番組ロゴが一新されたため、歴代出題者としては唯一、2代のロゴ時代、そして昭和1988年12月25日放送分まで)と平成1989年1月15日放送分から)の双方を、また、3度の賞金変動期もそれぞれ経験している。しかし、その最長記録も2008年4月改編沢木美佳子に抜かれている(その記録を1年上回った沢木自身は2009年3月29日放送分をもって降板)。

その後も、ABCの『ナイトinナイト』、関西テレビ放送(KTV)の『とぅぎゃざぁ』、毎日放送MBSラジオ)の『おはよう川村龍一です』など、在阪局のテレビ・ラジオ番組に多数出演。童話や詩を朗読する「魔法の朗読会」も開催している。

大学に入学して「地質学や地層とかを掘りまわって世界を飛び回りたい」と夢のようなことばっかり言っていたが、「ありがとう浜村淳です」で募集の案内を車で聴いた父からすすめられ、あるところに入所して、合格したのでアナウンスのトレーニングを受け、19歳からこの仕事を始める。初めての相手は近藤光史浜村淳の妻は、訓練を受けにいってタレントとして所属していた事務所の先輩。

趣味はラグビー観戦、釣り、旅行、俳句など多彩。仕事のかたわら、社会人学生として神戸大学発達科学部に通った。

2006年11月21日体調不良のため短期入院、27日ラジオ復帰。

あまりパソコンには詳しくないということだったが、ブログを始めている。

2010年3月に初めての著書「キュッと曲がって90度」(関西オノマトペ用例集)を、関西オノマトペ研究会として(組立通信より)出版。「シュッと」「てろてろ」「ドバッと」など、オノマトペと呼ばれる擬音語・擬態語について解説している。

2014年8月23日に、当時パーソナリティを務めていた『豊島・ゴエのあさはやっ!?』(MBSラジオ)の放送中に入籍を発表。趣味のラグビーを通じて知り合った。2016年劇場公開の東宝映画後妻業の女」では、地元の大阪を主な舞台に設定した作品であることから、大阪でのロケ中に出演者への方言(大阪弁)指導を担当した。

現在の出演番組編集

過去の出演番組編集

ラジオ編集

テレビ編集

CM編集

  • 日三家具(1987年)

CMナレーション編集

ほか

外部リンク編集