豊田合成スコーピオンズ

日本のバスケットボールチーム

豊田合成スコーピオンズ(とよだごうせいスコーピオンズ、: Toyoda Gosei Scorpions)は、日本バスケットボールチーム。B3リーグ所属。ホームタウン愛知県稲沢市及び清須市[1]1980年創設。母体企業は豊田合成

豊田合成スコーピオンズ
Toyoda Gosei Scorpions
呼称/略称 豊田合成
愛称 スコーピオンズ
所属リーグ 日本の旗 B3リーグ
創設年 1980年[1]
チーム史 豊田合成スコーピオンズ
(1980年 - )
本拠地 愛知県稲沢市清須市[2]
アリーナ
豊田合成記念体育館[2]
チームカラー   TGブルー[1][2]
  レッド[1]
ヘッドコーチ 天日謙作
公式サイト https://scorpions.toyoda-gosei.co.jp/
ホームのジャージ
チームカラー
ホーム
アウェイのジャージ
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

概要 編集

企業チーム(実業団)であり、社業と兼ね合いのもとで活動している[1][3]。2021-22シーズンをもって、同じトヨタグループで安城市の「アイシン アレイオンズ」が活動休止となったため、B3リーグに加盟するチームの中で唯一の企業チームとなった。

保有法人は豊田合成[2]。チーム名には、「泥臭くひた向きに戦いながら、敵を倒す!」という思いが込められている[1]。練習拠点は、豊田合成春日工場内での厚生センター[1]

チームスローガン 編集

  • 「挑戦」[1]

以前は、強固な意志という意味の「Will of adamant」をスローガンにしていた。2007年4月にキャプテンに就任した加藤貴則により考案された。

歴代ユニフォーム 編集

HOME
2019 - 20
2020 - 21
2021 - 22
2022 - 23
AWAY
2019 - 20
2020 - 21
2021 - 22
2022 - 23
Other
2021 - 22
3rd


マスコットキャラクター 編集

  • スコッピー

2020年12月1日に登場。モチーフは犬で、蠍の帽子をかぶっている。背番号は創部年である1980[4]

開催アリーナ 編集

B3.LEAGUE 編集

年度 参加
クラス
ホーム
ゲーム数
合成
記念
その他
2016-17 B3 16 大治4 小牧4 合成C2 春日井2 枇杷島2 一宮2
2017-18 B3 16 合成C4 大治2 小牧2 枇杷島2 一宮2 関2 高山1 下呂1
2018-19 B3 18 犬山4 合成C2 小牧2 春日井2 名古屋市2 一宮2 北名古屋2 甚目寺2
2019-20 B3 22(32) 大治4(8) 合成C4 犬山2(4) 甚目寺2(4) 小牧2 春日井2 北名古屋2 東郷2 下呂2 一宮0(2)
2020-21 B3 18(20) 14(12) 合成C4(2) 大治0(6)
2021-22 B3 24(28) 16(18) 甚目寺6 碧南2 春日井0(2)
2022-23 B3 26 18 甚目寺6 春日井2
凡例
合成記念-豊田合成記念体育館(エントリオ)稲沢市
合成C-豊田合成健康管理センター:稲沢市
大治-大治町スポーツセンター:大治町
小牧-パークアリーナ小牧小牧市
春日井-春日井市総合体育館春日井市
枇杷島-名古屋市枇杷島スポーツセンター名古屋市西区
名古屋市-名古屋市体育館名古屋市熱田区
一宮-一宮市総合体育館一宮市
犬山-エナジーサポートアリーナ(犬山市体育館):犬山市
北名古屋-北名古屋市健康ドーム:北名古屋市
甚目寺-甚目寺総合体育館あま市
東郷-東郷町総合体育館:東郷町
碧南-碧南市臨海体育館:碧南市
関-関市総合体育館関市
高山-飛騨高山ビッグアリーナ高山市
下呂-下呂交流会館温アリーナ:下呂市

括弧内は開催予定だった試合数

歴史 編集

  • 1980年創部。愛知県10部からスタート。
  • 1982年、愛知県10部で優勝。
  • 1989年、愛知県2部に昇格。
  • 1990年全日本実業団競技大会(2005年に全日本実業団選手権へ改称)で初の全国の舞台へ。
  • 2005年、第15回全日本実業団競技大会(2004年まで全日本実業団選手権として開催)で初優勝。同年、第1回全日本社会人選手権も優勝し初代王者に輝く。
  • 2006年日本リーグに昇格。
  • 2007年JBL2所属となる。
  • 2013年NBDLに所属。
  • 2016年、リーグ再編により、B3リーグに加盟。「ファーストステージ」「レギュラーシーズン」「ファイナルステージ」の3ステージ制で行われるが、「レギュラーシーズン」のみ参加。
  • 2019年、3ステージ制が廃止となり、12クラブによる1クラブ60試合(任意の8クラブと6回戦総当たり及び、任意の3クラブと4回戦総当たり)のレギュラーシーズンとなる。
  • 2024年、プロクラブ化を断念し、2023-24シーズンを以てB3リーグを退会[5]

成績 編集

B3.LEAGUE 編集

豊田合成スコーピオンズ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17 B3 8 5 27 (.156) 24.0 3-13(.188) 2-14(.125) 5-27(.156) 0-0(–) 1925 2445 -520 8 玖田将夫 [6][7]
2 2017-18 B3 5 19 13 (.594) 7.0 9-7(.563) 10-6(.625) 19-13(.594) 0-0(–) 2398 2345 53 7 玖田将夫 [8][9]
3 2018-19 B3 2 28 8 (.778) 4.0 16-2(.889) 12-6(.667) 28-8(.778) 0-0(–) 3200 2814 386 5 玖田将夫 [10][11]
4 2019-20 B3 3 29 11 (.725) 1.0 15-7(.682) 14-4(.778) 29-11(.725) 0-0(–) 3413 3040 373 3 玖田将夫
5 2020-21 B3 21 19 (.525) 11.0 11-9(.550) 10-10(.500) 21-19(.525) 0-0(–) 3309 3218 91 6 玖田将夫
6 2021-22 B3 9 39 (.188) 36 3-21(.125) 6-18(.250) 9-39(.188) 0-0(–) 3734 4319 -585 13 玖田将夫
7 2022-23 B3 23 29 (.442) 22 11-15(.423) 12-14(.462) 23-29(.442) 0-0(–) 4144 4278 -134 8  QF 敗退 日比野朋也

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2023年11月8日更新


過去のリーグ戦 編集

JBL2 編集

年度 リーグ レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
2007-08 JBL2 1 5 11 6位 --- 6位
2008-09 2 10 4 3位 0 1 --- 3位
2009-10 3 5 16 7位 --- 7位
2010-11 4 8 14 7位 震災のためプレイオフ実施せず
2011-12 5 4 23 9位 --- 9位
2012-13 6 8 24 西5位 --- 10位

NBDL 編集

※レギュラーシーズンのゲーム差は1位とのゲーム差、()内はプレーオフ出場圏内の4位とのゲーム差

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2013-14 12 20 .375 18.0(5.0) 70.6 77.6 -7.0 5位 5位
2014-15 11 21 .344 19.0(5.0) 71.8 77.5 -5.7 6位 6位
2015-16 5 31 .139 27.0(18.0) 67.0 79.9 -12.9 10位 10位

選手とスタッフ 編集

現行ロースター 編集

選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
SF 3 アーネスト・ロス (Earnest Ross) 33 (1991/1/27) 1.86 m (6 ft 1 in) 86 kg (190 lb)   ミズーリ大学 
G 7 波多智也 27 (1996/10/20) 1.90 m (6 ft 3 in) 88 kg (194 lb)   筑波大学 
SG 8 土居光 25 (1998/10/2) 1.89 m (6 ft 2 in) 85 kg (187 lb)   日本体育大学 
PG 11 北條海樹 24 (2000/2/21) 1.73 m (5 ft 8 in) 76 kg (168 lb)   京都産業大学 
PG 14 平尾剣弥 24 (2000/1/20) 1.70 m (5 ft 7 in) 73 kg (161 lb)   近畿大学 
PF 15 青木ブレイク 30 (1993/11/13) 2.02 m (6 ft 8 in) 100 kg (220 lb)   ニューヨーク市立大学シティ・カレッジ 
PF 22 ダニエル・ラスター 27 (1996/8/16) 1.99 m (6 ft 6 in) 101 kg (223 lb)   ガードナー・ウェブ大学 
SF 23 國分大輔 29 (1995/3/26) 1.89 m (6 ft 2 in) 83 kg (183 lb)   専修大学 
F 25 小西大輝 23 (2000/8/12) 1.97 m (6 ft 6 in) 100 kg (220 lb)   京都産業大学 
SG 31 佐々木悠斗 25 (1998/9/15) 1.88 m (6 ft 2 in) 76 kg (168 lb)   東海大学 
PG 33 竹村蓮 28 (1995/6/5) 1.70 m (5 ft 7 in) 66 kg (146 lb)   立命館大学 
C 34 アンドリュー・ファーガソン 25 (1998/9/17) 2.13 m (7 ft 0 in) 115 kg (254 lb)   CSUモントレーベイ 
C 52 溝口月斗 25 (1999/4/19) 1.92 m (6 ft 4 in) 100 kg (220 lb)   明治大学 
ヘッドコーチ
天日謙作
アシスタントコーチ
日比野朋也
アシスタントコーチ兼マネージャー
葉山泰輔
トレーナー
竹尾宗一郎
ドクター兼通訳
伊東知子

記号説明
  チームキャプテン (C) オフコートキャプテン
  故障者   (+) シーズン途中契約
(S) 出場停止   (帰) 帰化選手
(ア) アジア特別枠選手   (申) 帰化申請中選手(B3
(特) 特別指定選手   (留) 留学実績選手(B3) 
(育) ユース育成特別枠選手
公式サイト

更新日:2023年11月8日

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h TEAM, 公式サイト, https://scorpions.toyoda-gosei.co.jp/team/ 2021年2月27日閲覧。 
  2. ^ a b c d 豊田合成スコーピオンズ, B3.LEAGUE公式サイト, https://www.b3league.jp/club/scorpions/ 2021年2月27日閲覧。 
  3. ^ プロアマ混合の“登竜門リーグ”、B1とB2に次ぐ3部リーグ「B3」の全貌を専務理事が明かす』(プレスリリース)バスケットボールキング、2017年3月2日https://basketballking.jp/news/japan/20170302/8861.html2021年2月27日閲覧 
  4. ^ マスコットキャラクターの発表, 豊田合成スコーピオンズ, https://scorpions.toyoda-gosei.co.jp/news/detail/id=44679 2022年5月2日閲覧。 
  5. ^ 豊田合成スコーピオンズの活動について』(プレスリリース)豊田合成スコーピオンズ、2023年11月8日https://scorpions.toyoda-gosei.co.jp/news/detail/id=451712023年11月8日閲覧 
  6. ^ 【B3】レギュラーシーズン順位確定のお知らせ - B3リーグ公式サイト 2017年3月19日
  7. ^ 【B3】ファイナルステージ順位確定のお知らせ - B3リーグ公式サイト 2017年5月7日
  8. ^ 【B3】レギュラーシーズン順位確定のお知らせ - B3リーグ公式サイト 2018年3月18日
  9. ^ 【B3】ファイナルステージ順位確定のお知らせ - B3リーグ公式サイト 2018年5月20日
  10. ^ 【B3】レギュラーシーズン順位確定のお知らせ - B3リーグ公式サイト 2019年3月17日
  11. ^ ファイナルステージ順位確定のお知らせ - B3リーグ公式サイト 2019年5月5日

外部リンク 編集