豊臣 国松(とよとみ くにまつ、とよとみ の くにまつ)慶長13年(1608年) - 慶長20年5月23日1615年6月19日))は、江戸時代前期の人物で、豊臣秀頼庶子。母は秀頼の側室の伊茶[1]。妹に天秀尼がいるが、他にも庶弟がいたという伝承・噂が江戸時代からあった。

 
豊臣(羽柴) 国松
時代 江戸時代前期
生誕 慶長13年(1608年
死没 慶長20年5月23日1615年6月19日)?
別名 幼名:国松、初名:秀勝、木下延由
戒名 漏世院雲山智西大童子
墓所 誓願寺京都市中京区)→豊国廟東山区今熊野北日吉町)
氏族 豊臣氏羽柴氏
父母 父:豊臣秀頼、母:側室・伊茶[1]
兄弟 国松天秀尼求厭(異説)
テンプレートを表示

生涯編集

生後すぐに若狭京極家(秀頼の伯母・常高院の嫁ぎ先)に預けられた後、乳母の兄である若狭の砥石屋弥左衛門の養子となった。これは秀頼の正室である千姫をはばかったものと見られている。結局、嫡子は生まれていない。

大坂冬の陣が起こると、秀頼の隠し子との詮議を受けぬよう、常高院と共に大坂城に入城。その時、生まれて初めて父秀頼と面会した。その後、和議が整ったのでそのまま滞在。

翌年の大坂夏の陣のおり、国松は秀頼と5月8日に盃を交わし、田中六郎左衛門(京極家侍、傅役、乳母の夫)・乳母と共に城を落ち延びた。

しかし、徳川方の捜索により[2]国松は京都所司代板倉勝重のもとに連行され、5月23日、市中車引き回しの後、六条河原で田中六郎左衛門、長宗我部盛親と共に斬首享年8。田中六郎左衛門は京極家の者として死罪を免れ得たものの、自ら殉死を志願して同時に処刑されたという。

戒名は漏世院雲山智西大童子。墓所は京都市中京区誓願寺にあったが、1911年東山区豊国廟に移されている。

生存説編集

異説では、国松は薩摩国に落ち延びて島津氏に匿われた後、豊後国日出藩木下家の分家の交代寄合の祖、木下延次(木下延由)になったとされている。その根拠として延次の位牌には国松という文字が刻まれているという。 また、現在の鹿児島市には「豊臣秀頼の墓」なる真偽不明の“遺跡”が残っているなど、秀頼生存説も残っている。

また、国松は出家して玉桂山華陽院の上人了的の弟子となった説もある[3]

ねねの兄・木下家定の三男・木下延俊を初代とする旧日出藩木下家の19代当主・木下崇俊によると、木下家には「国松は薩摩に落ちのびた」という一子相伝の言い伝えがあるという[4]。延俊が大坂の陣の際に陣取っていた備中島には大坂城につながる抜け道があり、それを使って国松は真田信繁の子真田幸昌とともに逃げ、薩摩藩の船で薩摩の伊集院へ落ちのびたのち日出藩に身を寄せ、延俊の死後、領地を分け与えられて立石藩主・木下延由となったというもの[4]。秀頼についての伝承はないが、鹿児島市谷山地区の木之下集落に秀頼の墓がある[4]

相伝によれば、国松は四国経由で薩摩国に渡り伊集院兼貞に匿われたが、徳川の治世が確固となった後は噂の漏洩を恐れて日出藩に身を寄せた。高台院の甥である初代藩主延俊は国松を二代弟として迎え入れたという[5]。延俊は寛永19年(1642年)1月に、縫殿助を延由と改名させ1万石を分知せよと遺言したが、家老の長澤市之亟は承諾せず5,000石とされた[5]。伝承によれば、後に延由の正体を知った市之亟は、亡き主君の意志を理解し得ず君命に背いたと遺言し延宝元年(1673年)に切腹したという。また、立石領5,000石を受け継いだ延由は、他の兄弟たちからは疎遠にされたとの話を伝わっている。

正史によれば、延由に対して国松は6歳ほど年長である[6]。『寛政重修諸家譜』によると、延由は実際の年齢と異なってなぜか4歳年上に記載されている。また、幕府にはなぜか延由の名前が延次と届けられている(日出藩側が意図的に違う名前で申告していた)。

立石郷の木下家菩提寺である長流寺には、延由のものとされる位牌が納められている。位牌には菱に十文字の家紋が印され、俗名には「木下縫殿助豊臣延由」とある。豊臣姓を名乗ることは本藩木下家にも許されていなかった。一説に幕府も隠密の調べによって、延由が実は国松であると知っていながら、わざと素知らぬ振りをしていたのではないかとも言われている。延由と国松に関する謎は現在のところ解明されていない。ただ、延由が国松であるとの推論によると、もし延由が豊臣本家の出自であるなら、分知1万石も自然であるし、家老の自害も説明がつく(分知1万石の遺命を枉げたため)という主張も存在する。その一方で、もし延由が豊臣本家の出自であるならば、延由の代に起きていた日出藩との不和など、逆に不自然ではないかという意見や見方も存在する。国松と延由の謎は正史に見られる不自然な記録、一子相伝の言い伝えも相俟って、全くの荒唐無稽とは片付けられないのが現状である。

ちなみに延由の息子・延知の子孫が血統上では雲孫の子である俊清の代(この代で明治維新を迎える)まで、家統上では1923年、俊清の養子の娘・ちか姫の代まで存続している。


脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 伊勢出身の女中某や、小田原北条家の家臣成田氏の成田五兵衛の娘との説があるが、最近は渡辺五兵衛の娘説が有力である。
  2. ^ 当時の追っ手には国松の顔を知る者がなかったため、先に国松の乳兄弟を捕らえた。後から捕らえられた少年達の内、国松と乳兄弟が抱き合って喜び合ったのを見て、国松の真贋を確認したと言われる。
  3. ^ 『尾張群書系図部集』
  4. ^ a b c 「敗軍の将」の末裔が明かす大名家に伝わる極秘の言い伝え朝日新聞dot., 2015/8/31
  5. ^ a b 高橋敏『『大阪落城異聞:正史と稗史の間から』 岩波書店 2016年 ISBN 978-4-00-061092-6 pp.51-55,71-74,93.
  6. ^ 高橋敏『『大阪落城異聞:正史と稗史の間から』 岩波書店 2016年 ISBN 978-4-00-061092-6 pp.51-55,71-74,93.

参考文献編集

概説
生存説
  • 早瀬晴夫 『豊臣氏存続 : 豊臣家定とその一族』 今日の話題社、2006年。ISBN 4875655673 
  • 前川和彦 『秀頼脱出 : 豊臣秀頼は九州で生存した』 国書刊行会、1997年。ISBN 4336040575 
  • 前川和彦 『豊臣家存続の謎 : 秀頼父子は九州で生きていた 戦国の秘史』 日本文芸社、1981年。 

外部リンク編集