メインメニューを開く

木下 延由(きのした のぶよし、慶長19年11月9日1614年11月29日) - 万治元年7月6日1658年7月25日))は、江戸時代交代寄合日出藩初代藩主木下延俊の四男。八蔵、縫殿助。江戸幕府には延次と届けられている。実母は恵照院(賀井の方)。異母兄に日出藩2代藩主木下俊治。同母弟に木下俊之。室は大久保忠常養女(里見忠義の娘)。継室は小浜嘉隆の娘。子に木下延知江坂延明

寛永19年(1642年)5月9日、父の遺領のうち速見郡立石5,000石を分知された(実際に許可されたのは寛文4年(1664年))。また、この分封より兄弟仲は悪くなり、藩士も含め一切交流をしなかった。徳川家光に拝謁し旗本交代寄合となる。正保3年(1646年)に初めて領地に入る。万治元年(1658年)、参勤交代の途中、45歳で急逝した。法名、江岸殿月渕良照居士。泉岳寺に葬られる。家は没後、子の延知が継いだ。

延由における謎編集

延由の正体は豊臣国松だったという説がある。木下家18代にあたる木下俊𠘑は同家に伝わる一子相伝の口伝をもとに、昭和43年に豊臣家九州逃亡譚を集めた『秀頼は薩摩で生きていた』を刊行した。相伝によれば、国松は四国経由で薩摩に渡り伊集院兼貞に匿われたが、徳川の治世が確固となった後は噂の漏洩を恐れて日出藩に身を寄せた。高台院の甥である初代藩主延俊は国松を二代弟として迎え入れたという[1]。延俊は寛永19年(1642年)1月に、縫殿助を延由と改名させ1万石を分知せよと遺言したが、家老の長澤市之亟は承諾せず5,000石とされた[1]。伝承によれば、後に延由の正体を知った市之亟は、亡き主君の意志を理解し得ず君命に背いたと遺言し延宝元年(1673年)に切腹したという。

立石郷の木下家菩提寺である長流寺には、延由のものとされる位牌が納められている。位牌には菱に十文字の家紋が印され、俗名には「木下縫殿助豊臣延由」とある。豊臣姓を名乗ることは本藩木下家にも許されていなかった[1]

正史によれば、延由に対して国松は6歳ほど年長である[1]寛政重修諸家譜によると延由は実際の年齢と異なって4歳年上に記載されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d 高橋敏『『大阪落城異聞:正史と稗史の間から』 岩波書店 2016年 ISBN 978-4-00-061092-6 pp.51-55,71-74,93.