メインメニューを開く

貧乳(ひんにゅう)とは、女性乳房が小さいこと。また、その女性[1]

概要編集

膨らんでいない(成長していない)バスト初経の前後約4年間で膨らんで(成長して)大人のバストになるが[2]、この時期にあまり膨らまない(あまり成長しない)ことで貧乳となる。

ペチャパイ[3]、乳房発育不全[4]とも呼ぶ。『日本俗語大辞典』は類語として「コイン、ナイン、粗乳、ノンタッチ、微乳、ぺちゃぱい、ロッカー」を挙げる[5]。また、『消えゆく日本の俗語・流行語辞典』はペチャパイの類語として「ナイン、洗濯板」を挙げる[6]

文化的背景編集

日本編集

 
ブラジャーの中に入れるパッドの例

江戸時代には巨乳よりも貧乳がもてはやされた。貧乳の方が感度が良い、あるいは巨乳の女性はバカであると思われていたと『いろの辞典』は記す。巨乳の女性は乳布という布で胸を押さえ、小さく見せていた[7]

1960年代くらいまでは大きな乳房はコンプレックスの対象になることがあった。1970年代頃からは、洋装が完全に定着したこともあり、大きな乳房がコンプレックスになることは少なくなっている。

逆に現在では、貧乳に対してコンプレックスを抱くケースが増えており(このため、パッドや固形ジェルを乳房にあてることで乳房が大きいように見せる女性もいる)、バストアップ(バストの成長期である初経の前後約4年間及び妊娠中から出産直後はバストの成長をなお一層活発させ、それ以外で大人のバストになっている女性はバストサイズを現在の値より大きくしようとする)に努めるようになってきている。

下着メーカートリンプの日本法人が行った、トリンプ「ボディサイズの理想と現実アンケート(2005)」によると、胸のボリュームを出したいと答えた女性が34%だったのに対して、ボリュームを抑えたいと答えた人は5%となっている。日本人の女性の平均カップサイズは、トリンプ調査によると以下のように推移している[8][9]

調査年AカップBカップCカップDカップEカップFカップGカップ
1980年(昭和55年)58.6%25.2%11.7%4.5%---
1990年(平成2年)32.3%30.5%21.4%10.0%5.6%0.2%-
1992年(平成4年)25.9%28.3%24.1%12.8%7.8%1.1%-
1996年(平成8年)23.8%34.2%23.9%11.7%4.4%1.8%0.2%
2004年(平成16年)10.2%27.8%27.8%21.5%10.0%2.1%0.6%
2014年(平成26年)5.3%20.5%26.3%24.1%16.2%6.0%1.6%

ヨーロッパ編集

キリスト教の影響下にある5-10世紀のヨーロッパでは、胸の膨らみははしたないものとされ、バストやウェストを締め上げ胸の膨らみを抑える「コルセット」の誕生につながる[10]。性は淫らなもの=悪という発想から、女性は貧弱な肉体の方が尊ばれた[11]。胸の谷間を「悪魔の隠れ家」と呼んだこともあった。

その他編集

成長と個人差編集

成長期に十分な栄養を摂取しても乳房が成長しないとすれば、それは遺伝の影響による個人差である[12]

一般に乳房は思春期から成人期にかけて女性ホルモンが分泌されることによって成長する。この時期に女性ホルモンの量が不足すると乳房の成長は妨げられる。過度な運動やダイエット、ダイエット目的の偏食[12]、あるいは恒常的なストレスにより女性ホルモンの分泌は妨げられる[13]

乳がんとの相関編集

東京都品川区の秋津医院院長・秋津壽男によると、乳がんの発生率に巨乳・貧乳は関係ない。ただし、巨乳の場合早期発見が難しく、発見されたときには手遅れになっている、というリスクは存在する[14]。実際、乳がんによる“死亡率”の研究では、貧乳の方が死亡率が低いという報告もある[15]

出典編集

  1. ^ 米川明彦『若者ことば辞典』東京堂出版、1997年3月10日、182頁。ISBN 4-490-10449-9
  2. ^ W. A. Marshall; J. M. Tanner (1969). “Variations in pattern of pubertal changes in girls”. Arch. Dis. Child. 44 (235): 291-303. doi:10.1136/adc.44.235.291. 
  3. ^ 河野美代子『新装版 産婦人科の窓口から 「思春期」から「更年期」まで女性の性を伝えたい!』子どもの未来社、2014年9月3日、38頁。ISBN 978-4-86412-076-0
  4. ^ 森岡恭彦[総監訳]『カラー図版 医学大事典』朝倉書店、1985年6月25日、783頁。
  5. ^ 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂出版、2003年11月10日、541頁。ISBN 4-490-10638-6
  6. ^ 大迫秀樹(編著)『消えゆく日本の俗語・流行語辞典』東邦出版、2004年8月15日、275頁。ISBN 4-8094-0387-4
  7. ^ 小松奎文(編著)『いろの辞典』文芸社、2000年7月3日、742頁。ISBN 4-8355-0045-8
  8. ^ 日本女性のブラジャーの平均サイズは?”. excite.co.jp (2006年2月8日). 2006年2月25日閲覧。
  9. ^ 女性の胸のサイズ、Aカップ率が過去最低に - Fカップが上回る”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2015年6月22日). 2019年10月15日閲覧。
  10. ^ 山田鍵 (2019年9月4日). “女性下着5000年史 「シェンティ」が「パンティ」になるまで”. NEWSポストセブン. 株式会社小学館. 2019年10月6日閲覧。
  11. ^ 安田理央 (著者) (2017年) (日本語). 巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか (電子書籍). 太田出版.. ISBN 978-4778316051 
  12. ^ a b 南雲吉則『「おっぱいバイブル」』小学館、2013年8月4日、12頁。ISBN 978-4-09-396523-1
  13. ^ 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由”. 産経ニュース. 株式会社産経デジタル (2016年6月13日). 2019年10月6日閲覧。
  14. ^ 胸の大きさは乳がんのなりやすさと関係あるか 医師の見解は”. NEWSポストセブン. Shogakukan Inc. (2015年7月23日). 2019年10月15日閲覧。
  15. ^ 巨乳より貧乳のほうが乳がんの死亡率が低い―米研究”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ (2013年12月14日). 2014年5月27日閲覧。

関連事項編集