メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 板橋区 > 赤塚新町

赤塚新町(あかつかしんまち)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は赤塚新町一丁目から赤塚新町三丁目。住居表示実施済み。郵便番号は175-0093[2]

赤塚新町
東武東上線下赤塚駅南口
東武東上線下赤塚駅南口
赤塚新町の位置(東京23区内)
赤塚新町
赤塚新町
赤塚新町の位置
北緯35度46分14.45秒 東経139度38分13.91秒 / 北緯35.7706806度 東経139.6371972度 / 35.7706806; 139.6371972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 赤塚地域
面積
 • 合計 0.489km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 9,698人
 • 密度 20,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
175-0093[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

目次

地理編集

赤塚新町は板橋区の南西部に位置する町である。北で赤塚、東で徳丸、南で練馬区北町・同区田柄・同区光が丘および同区旭町、西で成増に隣接する。板橋区の西端に位置し、地区南辺をもって板橋区・練馬区境を成す。地区北辺と地区内を私鉄と地下鉄の2つの鉄道路線が走る。地区内に下赤塚駅が所在し地下鉄赤塚駅の出入口(所在は練馬区)があるが、東西に長いため3丁目の西側は実質成増駅地下鉄成増駅が最寄りとなっている。大部分は住宅地であるが、赤塚中央通り近辺は商店街が形成されている。

歴史編集

町域は1871年明治4年)11月に浦和県(現埼玉県)から東京府に編入され、1889年(明治22年)北豊島郡赤塚村になった。1932年(昭和7年)、東京市に編入され板橋区となった。

地名の由来編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
赤塚新町一丁目 793世帯 1,307人
赤塚新町二丁目 1,176世帯 2,000人
赤塚新町三丁目 3,238世帯 6,391人
5,207世帯 9,698人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
赤塚新町一丁目 1~20番 板橋区立下赤塚小学校 板橋区立赤塚第一中学校
21~26番 板橋区立赤塚第三中学校
赤塚新町二丁目 1~10番
11~17番 板橋区立赤塚新町小学校
赤塚新町三丁目 1~16番
29番
31~36番
17~28番
30番
板橋区立成増小学校 板橋区立赤塚第二中学校

交通編集

鉄道編集

 
地下鉄赤塚駅に停車する元町・中華街行き列車

バス編集

  • 国際興業バス ※出入庫に伴う区間運行系統は省略。
    • 下赤塚・新町・帳元:石03 石神井公園駅北口行き・練馬北町車庫行き
  • 西武バス 
  • 国際興業バス「下赤塚」と西武バス「下赤塚駅」は同一場所に設置されている。

道路編集

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ a b 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  5. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  6. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。

外部リンク編集