メインメニューを開く

閑院宮載仁親王妃智恵子(かんいんのみやことひとしんのうひ ちえこ、1872年6月30日明治5年5月25日) - 1947年昭和22年)3月19日)は、日本皇族閑院宮載仁親王の妃。三条実美公爵令嬢。母は鷹司輔煕の九女・治子。

閑院宮載仁親王妃 智恵子
HIH Princess Kan'in Chieko.jpg
身位 親王妃
敬称 殿下
出生 1872年6月30日
死去 1947年3月19日
配偶者 閑院宮載仁親王
子女 篤仁王
恭子女王
茂子女王
季子女王
閑院宮春仁王
寛子女王
華子女王
父親 三条実美
母親 三条治子(鷹司輔煕の九女)
役職 大日本婦人教育会総裁
日本赤十字篤志看護婦人会総裁
愛国婦人会総裁
テンプレートを表示

略歴編集

 
愛国婦人会の総裁を務めた(中上)

6歳ほどより跡見女学校へ通い、跡見花蹊に学ぶ[1]。絵画を得意とし、四條派の写生画、南宗派の文人画を修め、「花堤」の雅号を持つ[1][2]1891年(明治24年)閑院宮載仁親王と結婚する。載仁親王との間には篤仁王(夭折)、恭子女王(安藤信昭夫人)、茂子女王黒田長礼夫人)、季子女王春仁王寛子女王華子女王華頂博信夫人、後に戸田豊太郎夫人)の2男5女を儲けた。上から三姉妹は自分と同じ跡見女学校へ通わせ、春仁は学習院、下の二姉妹は女子学習院に通わせた[1][3]。篤仁王のほか、季子女王は腎臓病、寛子女王は関東大震災での被災により、いずれも成人を迎えずに没している。

邸内に学問所を設けて教師を参内させるなど[4]、王子王女の教育に熱を入れる一方、社会公共の事業にも精力を傾け、大日本婦人教育会日本赤十字篤志看護婦人会総裁を務めた。日露戦争の時には、愛国婦人会の総裁に就任した。

1947年(昭和22年)3月19日、小田原市にある閑院宮邸で薨去した[5]。満74歳没。

3月26日に東京都文京区豊島岡墓地葬儀が行われた[6]

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c 中村秋人「閑院宮妃殿下」『名媛と筆蹟』博文館、1909年
  2. ^ 坂本辰之助(編)「妃智恵子殿下」『皇室及皇族』 昭文堂、1910年
  3. ^ 皇室写真帖編纂所(編)「閑院宮(御住所麹町区永田町)」『皇室写真帖』皇室写真帖発行所、1922年、p.86
  4. ^ 跡見花蹊「女王殿下を偲び奉りて」『をりをり草』実業之日本社、1915年
  5. ^ 『官報』第6055号、「告示 宮内省告示第五号」、昭和22年3月24日
  6. ^ 『官報』第6056号、「告示 宮内省告示第六号」昭和22年3月25日
  7. ^ 『官報』第2550号、「叙任及辞令」、明治24年12月28日
  8. ^ 『官報』第7578号・付録、「辞令」、明治41年9月28日
  9. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、載仁親王妃智恵子に関するカテゴリがあります。

  ウィキソースには、日本赤十字社録事(1920年6月26日官報)の原文があります。