メインメニューを開く

黒田 茂子(くろだ しげこ、1897年明治30年)5月29日[1] - 1991年平成3年)6月26日[1])は、日本の元皇族黒田長礼侯爵夫人。閑院宮載仁親王第二王女。母は三条実美公爵令嬢・智恵子。旧名は茂子女王。94歳没。

黒田茂子
続柄 閑院宮載仁親王第二王女
身位 女王臣籍降嫁
敬称 殿下 → 臣籍降嫁
出生 1897年5月29日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 (1991-06-26) 1991年6月26日(94歳没)
日本の旗 日本東京府港区
配偶者 黒田長礼
子女 黒田長久(長男)
前田政子(長女)
山内光子(次女)
父親 閑院宮載仁親王
母親 載仁親王妃智恵子
テンプレートを表示

目次

人物編集

1897年(明治30年)、閑院宮載仁親王の第二王女として誕生した。1914年大正3年)1月21日、17歳で華族・黒田長礼と結婚し、旧福岡藩主の黒田侯爵家臣籍降嫁した。

1978年昭和53年)4月16日に長礼が没した後、茂子は「黒田家什宝は美術工芸品であっても、郷土福岡との関連において役立てるべき歴史的文化財である」ため、それらを故郷に帰すという亡夫の遺志を継ぎ、同年9月19日国宝漢委奴国王印をはじめ黒田家に伝来した文化財や歴史資料を『黒田資料』として一括して福岡市へ寄贈した[2]。『黒田資料』はその後、美術的価値の高いものが福岡市美術館に、歴史的価値の高いものが福岡市博物館に分けられて収蔵・展示されている[3]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』上巻、563頁。
  2. ^ 福岡市博物館(2001)、p.2, p.4
  3. ^ 福岡市博物館(2001)、p.2
  4. ^ 『官報』第435号「叙任及辞令」1914年1月13日。

参考文献編集

  • 福岡市博物館『福岡市博物館所蔵 黒田家の甲冑と刀剣(第二版)』福岡市博物館、2001年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。