道明寺駅

日本の大阪府藤井寺市にある近畿日本鉄道の駅

道明寺駅(どうみょうじえき)は、大阪府藤井寺市道明寺三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)の。駅番号は南大阪線F15道明寺線N15

道明寺駅
近鉄道明寺駅駅舎.JPG
道明寺駅舎
どうみょうじ
Domyoji
所在地 大阪府藤井寺市道明寺三丁目1-55
北緯34度34分4.5秒 東経135度37分12.3秒 / 北緯34.567917度 東経135.620083度 / 34.567917; 135.620083座標: 北緯34度34分4.5秒 東経135度37分12.3秒 / 北緯34.567917度 東経135.620083度 / 34.567917; 135.620083
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
電報略号 トウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
(特定日)6,643人/日
-2018年-
開業年月日 1898年明治31年)3月24日
乗入路線 2 路線
所属路線 F 南大阪線
駅番号  F15 
キロ程 16.3 km(大阪阿部野橋起点)
F14 土師ノ里 (0.7 km)
(2.0 km) 古市 F16
所属路線 N 道明寺線
駅番号  N15 
キロ程 0.0 km(道明寺起点)
(1.6 km) 柏原南口 N16
テンプレートを表示
道明寺駅ホーム

柏原駅古市駅と並び、現在の近鉄に属する駅の中では最古の歴史を有する[1]

利用可能な鉄道路線編集

  • 近畿日本鉄道
    • 南大阪線
    • 道明寺線 ※始発駅

歴史編集

駅構造編集

島式・単式の複合型2面3線のホームを持つ地上駅。島式ホーム(1・2番ホーム)の片方の、古市方が行き止まりとなっている線路(1番線)が道明寺線用となっている。駅舎(改札口)は3番ホーム側にあり、1・2番線ホームへは、地下道とエレベーターで連絡している[8]。ホーム有効長は南大阪線用の2番線および3番線は8両編成分、道明寺線用の1番線は2両編成分である。

藤井寺駅が管理する有人駅で、PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 N 道明寺線 - 柏原方面[8]
2 F 南大阪線 下り 河内長野橿原神宮前方面[8]
3 上り 大阪阿部野橋方面[8]

備考編集

  • 南大阪線との車両交換および入出庫回送は柏原方面から分岐する連絡線と、古市方に設置された片渡り線を介して行われている。
  • 駅北方では、柏原へ向かう道明寺線がまっすぐ北上する一方、大阪阿部野橋へ向かう南大阪線は西に向かって急カーブが存在しているが、これはもともと柏原 - 道明寺 - 古市 - 富田林が先に開通し、後に道明寺駅以西の区間が付け足されることで本線筋が変わったからである。同様の例には当駅南隣の古市駅、それに東海旅客鉄道(JR東海)の大府駅(東海道本線と武豊線)、東日本旅客鉄道(JR東日本)の大宮駅(東北本線と高崎線)などがある。

利用状況編集

近年における1日乗降人員の調査結果は以下の通り[9]

  • 2018年11月13日:6,643人
  • 2015年11月10日:6,345人
  • 2012年11月13日:6,847人
  • 2010年11月9日:7,071人
  • 2008年11月18日:7,458人
  • 2005年11月8日:7,623人

駅周辺編集

駅周辺のシンボルでもあったサントリー道明寺工場は2004年10月末で操業を停止し、解体。跡地は邦寿会(サントリーが創業した社会福祉法人)の特別養護老人ホーム「どうみょうじ高殿苑」となっている。

社寺・公園編集

学校編集

その他編集

隣の駅編集

近畿日本鉄道
F 南大阪線
急行・区間急行
通過
準急・普通
土師ノ里駅 (F14) - 道明寺駅 (F15) - 古市駅 (F16)
N 道明寺線(全列車が各駅停車)
道明寺駅 (N15) - 柏原南口駅 (N16)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、26-27頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月、851頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』では同年4月19日。
  4. ^ 佐藤 博之、浅香 勝輔『民営鉄道の歴史がある景観1』古今書院、1986年7月、p.128
  5. ^ 佐藤 博之、浅香 勝輔『民営鉄道の歴史がある景観2』古今書院、1988年7月、p.333
  6. ^ “近鉄がダイヤ改正 3月15日 伊勢志摩ライナー登場”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1994年1月25日) 
  7. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月3日閲覧。 
  8. ^ a b c d 駅の情報|道明寺” (日本語). 近畿日本鉄道. 2018年10月閲覧。
  9. ^ 南大阪線 一日乗降人員 - 近畿日本鉄道

関連項目編集

外部リンク編集