メインメニューを開く

遠く遠く」(とおくとおく)は、槇原敬之楽曲

遠く遠く
槇原敬之楽曲
収録アルバム 君は僕の宝物
リリース 1992年6月25日
規格 CDアルバム
ジャンル J-pop
時間 4分37秒
5分2秒('06ヴァージョン)
レーベル WEA MUSIC
作詞者 槇原敬之
作曲者 槇原敬之
プロデュース 木崎賢治

君は僕の宝物収録順

涙のクリスマス
(8)
遠く遠く
(9)
冬がはじまるよ
(9)

概要編集

1992年発売のアルバム『君は僕の宝物』収録曲の1つで、作詞作曲編曲共に槇原本人が担当している。

槇原が故郷に住む友人を思い書いたもので、制作中は「私小説的なものであまり伝わらないかもしれない[1]」と思っていたが、発売後に反響を呼び、槇原の代表曲の1つとなった。シングル化はされていないものの[2]後に2度のセルフカバーが行なわれ、2度目となる2006年版の「遠く遠く '06ヴァージョン」はNTT東日本のCMソングに採用されたことで、再注目されることとなった。現在でもテレビ番組で披露されたり、ライブで歌われたり、ベスト盤に収録されたりと、槇原の曲の中でも屈指の知名度と人気を持つ曲である。

なお、オリジナル版は2007年7月12日放送のテレビ番組『まるまるちびまる子ちゃん』の同窓会スペシャルで使用された。

音楽配信ではゴールド認定を受けた(PC配信・日本レコード協会[3]

収録作品編集

参加ミュージシャン編集

カバー編集

セルフカバー編集

上記のとおり2回のセルフカバーが行われたが、1回目は槇原の復帰後初シングル「」(2001年)の初回限定プレス盤にボーナストラックとして原曲を少しリミックスした「遠く遠く(桜ヴァージョン)」が収録されている。2回目のセルフカバーは2006年発売のアルバム『LIFE IN DOWNTOWN』の初回限定盤に収録された「遠く遠く '06ヴァージョン」で、こちらは一部ブォコーダーを使用したりと機械を使用した面が出ている。当バージョンは上記のとおりNTT東日本のCMソングに起用され、後にベストアルバム『Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE』にも収録された。

他のアーティスト編集

脚注編集

  1. ^ Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE』のライナーノーツより。
  2. ^ セルフカバー版では1回だけ、シングルの初回限定盤のボーナストラックとして収録されたことがある。
  3. ^ レコ協、5月度着うた等有料音楽配信認定を公表 | Musicman-NET

参考文献編集

  • 別冊カドカワ 総力特集 槇原敬之 (角川出版 2010年6月30日)
  • 地球音楽ライブラリー 槇原敬之(TOKYO FM 出版 2010年11月3日)