メインメニューを開く

遠山 友勝(とおやま ともかつ)は、戦国時代武将美濃国飯羽間城および苗木城[3]の城主。

 
遠山友勝
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 没年不詳
別名 通称:勘太郎、法名:嘉雲
官位 右衛門佐
氏族 飯羽間遠山氏苗木遠山氏
父母 父:遠山左近某[1](一説に遠山景友[2])
義父:遠山直廉
兄弟 友勝
友忠
テンプレートを表示

経歴編集

飯羽間遠山氏岩村遠山氏の分家で、遠山七頭(三頭)の一つ。岩村遠山氏から苗木遠山氏に養子として入った一族の苗木城主遠山直廉が武田信玄の命で飛騨国益田郡に侵攻し大威徳寺の戦いで、三木氏と戦って負傷。直廉はそのとき受けた傷がもとで元亀3年(1572年)嗣子がないまま没したことから[4]織田信長の命で友勝が苗木城主となり、飯羽間城を子の友忠に譲った[5]

友勝の没年は不詳だが、天正以後その名が現れないことから、すでにその頃には亡くなっていたものと思われる。その後、友忠は森長可に苗木城を追われるが、関ヶ原の戦いの際に孫の友政秀忠軍を先導して苗木城を攻略し、恩賞として与えられて復帰。子孫は苗木藩主として江戸期を通じ存続した。

苗木勘太郎同一人物説編集

苗木勘太郎の書状は残っていないが、以下の様に軍記物に登場する。

苗木勘太郎は、永禄3年(1560年)織田信長の要請で五百余騎を引きつれて5月13日に自領を出立し、5月15日に清洲城に入り、桶狭間の戦いに参戦、美濃国で2万石を受領したとされる[6]。また、信長の妹(苗木勘太郎室)の婿であり、その娘(龍勝院)は幼少の頃から信長のもとで育てられ、永禄8年(1565年)11月13日に武田勝頼に嫁いだとされる[7]。そして、元亀3年(1572年)には、武田氏との上村合戦に織田方として参戦したという[8]

苗木勘太郎は、苗木城主の通称であり、指し示す人物は歴代3名の城主が候補となる。『遠山来由記』は、織田信秀の代から織田氏と縁が深くその支援で所領を広げた人物である事から遠山友勝とする説をとる。また、『苗木伝記』では遠山友忠を、『遠山家系図』などでは遠山直廉を苗木勘太郎とする説をとる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 堀田正敦, 友勝の項より
  2. ^ 加藤護一 1926, p.146
  3. ^ 岐阜県中津川市恵那市
  4. ^ 加藤護一 1926, p. 152.
  5. ^ 『寛政重修諸家譜』
  6. ^ 苗木伝記
  7. ^ 甲陽軍鑑
  8. ^ 明智年譜

参考文献編集