メインメニューを開く
藤原氏 > 加藤氏 > 遠山氏 > 飯羽間遠山氏

飯羽間遠山氏(いいばまとおやまし)は、美濃国恵那郡岐阜県恵那市岩村町飯羽間)に拠った利仁流加藤氏の子孫・美濃遠山氏の一族。居城は飯羽間城岩村城の出城)。

概要編集

鎌倉時代編集

文治元年(1185年)に源頼朝の重臣・加藤景廉が遠山荘地頭に赴任し、景廉の子の景朝は地名をとって遠山氏と改姓した。これが美濃国の遠山氏の祖である。

その後、遠山氏は、本家の岩村遠山氏以外にも遠山荘各地に分散し、居城ごとに分かれて「遠山七家」(岩村苗木明知、飯羽間、串原、明照、安木など)と呼ばれるようになった。このうち、飯羽間城に拠ったのが飯羽間遠山氏である。

室町時代編集

分岐した年代や初代の飯羽間城主などは不詳。室町時代には既に分岐していたらしく、永享3年(1431年)の『永享以来御番帳』に遠山飯間宮内少輔がみえる。また長享元年(1487年)に足利義尚将軍が六角氏を討った時、美濃遠山勢として飯間孫三郎が従っている(「遠山氏族着到帳」)。

天文年間(1532年-1555年)前後には、織田弾正忠家の織田信定の娘(信長の伯母)が、飯羽間村城主遠山右衛門(遠山加雲、同久兵衛)に嫁いでいる(『丹羽氏聞書』)。

『信長公記』によると、元亀元年(1572年)9月25日には、苗木久兵衛織田信長に従い比叡山包囲に加わっているが、これは天正10年の木曾氏内応を取り次いだ苗木久兵衛と同じく遠山友忠とされる。

元亀3年(1574年)5月18日、飯場城(飯羽間城)主・遠山友勝(右衛門)のとき、苗木城主遠山左近が死去し嗣子が無かったため、信長の命により友勝が左近の養子となって苗木城に移り、飯場城は子の遠山友忠(久兵衛)に譲った[1]

飯場城を継承した遠山友忠だったが、長男の遠山友信(右衛門)に飯場城を譲り、自身は次男友重(次郎五郎)、三男友政(三郎兵衛/久兵衛)らを連れて明照城(阿寺城、阿照城)に移り、友勝死後に苗木城に移城した[1]。飯場城主・友信は、元亀元年(1570年)12月の上村合戦に参加したという[2]

安土・桃山時代編集

天正2年(1574年)、武田勝頼の東濃侵攻が起こり次男友重は、明照城の落城により討死した[1]。また、『甲陽軍鑑』によれば飯羽間城も落城し、城将・飯羽間右衛門佐信次が生け捕りにされたとしている。[3]。更に、『信長公記』では天正2年の武田侵攻時、飯羽間右衛門尉が明知城内で叛して城が落ちたと伝え、これを理由に天正10年(1582年)に武田残党狩によって捕らえられた飯羽間右衛門尉が坂井越中守に処刑されたとしている。これは『寛政譜』の友信(右衛門)は、信長に逆心ありとして誅殺されてしまったとの記載と一致する。すなわち武田方の高遠氏が、この時期には飯羽間城主となって飯羽間右衛門佐信次と名乗っていたものと考えられる。いずれにしても、天正2年の落城によって飯羽間城は廃城となった。飯羽間遠山氏も断絶した。

生き残った友忠・友政父子は、天正11年(1583年)に森長可により苗木城を追われたが、徳川家康に仕えて戦功を挙げ、苗木藩を立藩し、江戸時代も飯羽間遠山氏の血筋は苗木遠山氏を継ぐ形で存続した。

脚注編集

  1. ^ a b c 『寛政譜』
  2. ^ 『遠山譜』
  3. ^ この人物は織田信秀の五男で遠山氏に入った信次であるという説もあるが(『遠山来由記』、『岩村町史』、『大日本野史』など)、信次はほぼ同時期の長島一向一揆で亡くなっており、『巖邑府誌』では、飯羽間右衛門佐とは高遠友信をさし、友信=信次=信友は同一人物で、写し間違いではないかとしている。

参考文献編集

外部リンク編集