邪魅の雫』(じゃみのしずく)は、講談社から発行されている京極夏彦の長編推理小説妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第九弾である。

邪魅の雫
著者 京極夏彦
発行日 2006年9月26日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 講談社ノベルス新書判
ページ数 822
前作 陰摩羅鬼の瑕
次作 鵼の碑(予定)
公式サイト 特集ページ
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

講談社からは2005年9月に発売と発表されたが、作者には連絡をせずに講談社が無断で発表したことだった。その時点では原作が未完成で、結局発売は1年ほど延期された。

単行本は通常版に加え、本作の舞台となった大磯平塚地区限定で特別装丁版が発売された。

書誌情報編集

あらすじ編集

結婚相手として好条件なはずの榎木津礼二郎に持ち込まれた縁談は、なぜか、すべて相手から断られた。不審に思った彼の親類から調査依頼を受けた益田は、榎木津にも秘密で調査を開始する。

一方、元長野県警巡査大鷹は、放浪中に行きずりに出会った女性から、ある女性の護衛を依頼される。だが、彼の油断を突いて、「彼女」は何者かに殺害される。

その頃、神奈川県警の石井警部は、知人の画家西田からある相談を受けていた。知人の女性がある男に付きまとわれて困っている、警察で逮捕して貰えないかと。何か事件が起こらない限り、警察は動けないという石井の答えに、西田は密かに「彼」の殺害を決意する。

すべては関連し絡み合っていた。

登場人物編集

益田 龍一(ますだ りゅういち)
榎木津の従兄の今出川の依頼で、榎木津には内密に単独捜査を行う。
青木 文蔵(あおき ぶんぞう)
小松川署の古老刑事、藤村の指示で神奈川に捜査に向かう。

主要登場人物は百鬼夜行シリーズを参照。

今出川 欣一(いまでがわ きんいち)
榎木津の母方の従兄。榎木津の縁談が立て続けに中止になるため相手の身辺調査を益田に依頼する。
なお、実写映画版『魍魎の匣』に映画会社の社長という設定で登場している。
西田 新造(にしだ しんぞう)
画家。風景画専門だが、原田美咲の勧めで今回初めて人物画を描く。
神奈川警察の石井警部とは幼馴染。父は代議士をしていた。
松金 あやめ(まつかね あやめ)
西田新造の父の第二秘書をしていた男の娘。西田新造の身の回りの世話をする。
大仁田 良介(おおにた りょうすけ)
松金あやめの知人の青年。松金家の運転手をしている。
原田 美咲(はらだ みさき)
画商。西田新造に絵のモデルとして宇津木実菜を紹介する。
宇津木 実菜(うつぎ みな)
原田美咲の幼馴染みの知人。悪漢に追われ身を潜めて暮らしており、普段は真壁恵と名乗っている。榎木津の縁談相手の一人だったが突然縁談を断った。
真壁 恵(まかべ めぐみ)
原田美咲の幼馴染み。宇津木実菜の境遇に同情し、名前を貸す。
江藤 徹也(えとう てつや)
宇津木実菜が真壁恵として働いていた酒屋で住み込みで働いている青年。宇津木実菜を密かに慕っていた。
澤井 健一(さわい けんいち)
江戸川で毒殺された「宮川商事」の社員。戦時中、防疫給水部隊に配属されていた。
赤木 大輔(あかぎ だいすけ)
北関東を拠点とする広域暴力団の下っ端。
来宮 秀美(きのみや ひでみ)
榎木津の縁談相手の一人だが、突然縁談を断り、その後は家に引きこもっている。趣味は乗馬。
来宮 小百合(きのみや さゆり)
来宮秀美の妹。趣味は姉と同じく乗馬。大磯海岸で毒殺される。
神崎 宏美(かんざき ひろみ)
戦前榎木津と交際していた女性。榎木津の出征と共に離ればなれになる。
岩崎 宗佑(いわさき そうすけ)
来宮姉妹が通っていた乗馬倶楽部のオーナーだった男。開戦直後に死亡した。
神崎 礼子(かんざき れいこ)
来宮姉妹が通っていた乗馬倶楽部の調教師。姉妹とは仲が良かった。
後藤 なべ(ごとう なべ)
大磯で雑貨屋を営む老婆。
熊本 順平(くまもと じゅんぺい)
民宿「高田屋」の主人。

警察編集

郷島(さとじま)
東京警視庁公安部の刑事。中禅寺や木場とは知り合い。一連の連続殺人事件の凶器を回収するため犯人を追っている。
藤村(ふじむら)
東京警視庁小松川署の刑事。署で一番の古株。
斉藤(さいとう)
東京警視庁小松川署の刑事。藤村の部下。
北林(きたばやし)
東京警視庁刑事部捜査一課課長。
相沢(あいざわ)
国家警察神奈川県本部刑事課課長。
渋沢(しぶさわ)
一連の連続殺人事件の捜査管理官。
崎坂(さきさか)
国家警察神奈川県本部の刑事。山下の部下。
亀井(かめい)
国家警察神奈川県本部の刑事。かつての益田の後輩。山下の部下。
木林(きばやし)
大磯の駐在所の巡査。

関連項目編集