陰摩羅鬼の瑕

陰摩羅鬼の瑕』(おんもらきのきず)は、京極夏彦の長編推理小説妖怪小説百鬼夜行シリーズ第8弾である。

陰摩羅鬼の瑕
著者 京極夏彦
発行日 2003年8月8日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 講談社ノベルス新書判
ページ数 750
前作 塗仏の宴 宴の始末
次作 邪魅の雫
公式サイト 特集ページ
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

書誌情報編集

本作より、文庫判と分冊版が同時に発売された。

あらすじ編集

白樺湖畔にそびえる「鳥の館」の主、由良昂允は、これまで4度にわたり新婚初夜か、その翌日に新婦の命を奪われてきた。そして5度目の婚礼を前に、婚約者・奥貫薫子の命を守るため、東京神田の「薔薇十字探偵社」の探偵・榎木津礼二郎に警護を依頼する。意気揚々と向かった探偵だが、旅先で発熱したため、急遽、小説家・関口巽が呼ばれる。昂允は、関口に非常に興味を持っていたため、2人を歓迎する。

一方で、過去3度「伯爵家花嫁連続殺人事件」を担当し、現在は東京に隠居する元刑事・伊庭銀四郎は、長野県警へと呼び出され、ひょんなことから知り合った中禅寺秋彦と共に、長野へと旅立つ。

探偵榎木津礼二郎は、関口と共に「鳥の館」に到着するやいなや、館の人々を見回すとこう叫んだ。

「おお、そこに人殺しが居る!」

登場人物編集

榎木津 礼二郎(えのきづ れいじろう)
由良家の依頼を受けるも、その道中病気に罹り、一時的に視力を失ってしまう。
関口 巽(せきぐち たつみ)
榎木津の助手の益田から依頼され、眼の見えなくなった榎木津の補佐役として長野に赴く。
木場 修太郎(きば しゅうたろう)
人違いで自分に回ってきた長野県本部からの連絡を伝えに、伊庭の家を訪ねる。
中禅寺 秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)
中野の古書肆。伊庭の依頼で「鳥の館」におもむく。
里村 紘市(さとむら こういち)
警察の監察医を務める外科医。伊庭の要望で被害者の司法解剖をする。
かつて外出先で亡くなった伊庭の妻の行政解剖を偶然担当し、焼香に訪れた。
由良 昂允(ゆら こういん)
華族伯爵にして、「鳥の館」の主。過去4度も花嫁(美菜、啓子、春代、美禰)の命を奪われている。
病弱のため、生まれてから成人するまでほぼ一度も「鳥の館」から出たことが無く、生きていく知識は全て、図書室の蔵書から得たという。そのため、博識さや聡明さの反面、不釣合いな無邪気さや世間知らずさも見せる。
関口の作品に深い興味を寄せる。また、随筆や散文詩の発表と推理作家との個性的な問答により、一部で話題になっていた。
奥貫 薫子 (おくぬき かおるこ)
昂允の婚約者で5人目の花嫁。元教師。昂允の良き理解者で、鳥類学への造詣も深い。元々は集められた標本を目当てに「鳥の館」に通っていたが、昂允の純真な人柄に惹かれるようになった。
世間では畏怖や揶揄がこめられた昂允の「伯爵」という通称を、純粋に敬意をこめて用いている。
伊庭 銀四郎 (いば ぎんしろう)
長野県警の元警部補。過去3度、伯爵家の事件を担当する。その後上京し東京警視庁に奉職、のち退官。通称「眼力の伊庭銀」。妻子とは死別している。出羽の即身仏事件をきっかけに中禅寺、里村と会ったことがある。
家族の死に対し抱えていたわだかまりや、木場との会話で思い出した「鳥の城」にまつわる記憶に悩まされ、中禅寺に自身の憑き物落しを依頼する。
伊庭 淑子 (いば よしこ)
伊庭 銀四郎の亡妻。伯父の庸治朗から打ち明けられた事件の鍵を握る事実を、生前銀四郎に話したことがある。
由良 胤篤 (ゆら たねあつ)
昂允の大叔父(年齢的には親の世代に近い)にして、由良家の分家会と資産管理団体「由良奉賛会」の責任者。
社会性や金銭感覚のない歴代当主への不満と、自身が分家の養子に出されて華族になりそこなった僻みから、本家とは折り合いが悪い。
由良公滋 (ゆら きみしげ)
胤篤の息子。母は芸者で、妾腹の子として置屋育ちだったためか、公家の血筋としての品が無い(伊庭からは「氏や育ちではなく性質」と評される)。
昂允との続柄は従叔父となるはずだが、10歳以上も年下であるためか、再従兄弟で通している。
由良行房 (ゆら つらふさ)
昂允の父で博物学者(鳥類学者)。新種の鳥類を発見した功績を持つ。昴允が20歳のときに阿蘇山で転落死した。
由良 早紀江(ゆら さきえ)
昂允の母。出産して直ぐに亡くなってしまう。資産家の娘で、祖父間宮纂學は行房の研究のパトロンだった。
山形 州朋(やまがた くにとも)
由良家執事。昴允の幼少期には専属の世話係をしていたが、彼からの信頼は薄い。
父親は儒学者だった昴允の祖父公篤の門弟。
柴 俊貴 (しば としたか)
近世思想史(江戸時代の儒学)を研究している大学院生。中禅寺・多々良・沼上らの妖怪研究家仲間。
栗林 房子(くりばやし ふさこ)
由良邸の賄い方兼メイド頭。昂允の生後間もないころから仕えている。
栄田 庸治朗(さかえだ ようじろう)
腕のよい剥製職人で、行房に雇われ「鳥の館」に住み込みで鳥類の剥製を作っていた。伊庭の妻の伯父にあたる。
平田 謙三(ひらた けんぞう)
由良奉賛会の会長。
黒澤(くろさわ)
大鷹 篤志(おおたか あつし)
薫子の知り合いで、婚礼警護に国家警察長野県本部より派遣された刑事の一人。楢木の指示で警視庁に伊庭の連絡先を尋ねる際に木場と伊庭をとり違える。事件後に辞職する。
的確な状況判断が出来ない性質で、伊庭から「周りから助力を得られるのに自滅するタイプ」と評される。
秋島(あきしま)
松山(まつやま)
楢木(ならき)
国家警察長野県本部の警部補。過去の事件を知る人物として伊庭に捜査協力を依頼する。
中澤(なかざわ)
国家警察長野県本部の警部。花嫁殺人事件の捜査本部長で、館内部の人間の犯行を疑う。
短気な性格と上流階級への嫌悪感から強硬な捜査を行うが、警察官としての本分は心得ている人物。
横溝正史(よこみぞ せいし)
稀譚舎におもむく途上の関口とばったり出会い、立ち話をする。

関連作品編集

関連項目編集