メインメニューを開く

金 慶珠(キム・キョンジュ、: 김경주、1967年 - )は、大韓民国 ソウル特別市出身[1]言語学者東海大学教養学部国際学科教授[2]。専門は、社会言語学メディア論朝鮮半島の文化と社会に関する研究。芸能事務所ホリプロ所属。学位は博士(学術)

金慶珠
各種表記
ハングル 김경주
漢字 金慶珠
発音: キム・キョンジュ
ローマ字 Gim Gyeong-ju(2000年式
Kim Kyŏngchu(MR式
英語表記: Kim Gyeongju
テンプレートを表示

人物編集

ソウル特別市生まれの韓国人だが、幼少期を兵庫県芦屋市で過ごすなど(父親の仕事の都合で小学生時代に4年間、西宮に住んでいた)日韓両国に長い在住経験を持つ。 日韓両国語の母語話者であるネイティブスピーカー。

地上波テレビ番組への出演や韓国の新聞・ラジオにも寄稿や出演を行っている。

主張編集

  • 従軍慰安婦問題については、軍の関与も強制性も、河野談話という日本政府の公式見解で認めているのだから、韓国の主張の方が正当性があるとしている[3]
  • 竹島問題については、領土問題は実効支配している方が強いため、韓国の主張の方が正当性があるとしている[3]
  • 日本における嫌韓の高まりは、日本と中国の力関係の逆転により、日本人の排外主義の対象が、中国から弱い韓国に矛先が変更されたためと分析している[4]

略歴編集

著作編集

東海大学
  • 東海大学『談話構成における話者の「視点」』、2004-2005。 - 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書。
  • 「日韓のメディア言説における視点」『日韓の共通認識 日本は韓国にとって何なのか?』李元徳 共編著、東海大学文明研究所 監修、東海大学出版会、2007年8月5日。ISBN 978-4-486-01761-5 - 文献あり。
  • 「メディアリテラシー」『国際学のすすめ グローバル時代を生きる人のために』東海大学教養学部国際学科 編、東海大学出版会、2013年10月20日、第4版。ISBN 978-4-486-02008-0 - 索引あり。
単著
共著

出演編集

テレビ
ラジオ

脚注編集

  1. ^ 金慶珠”. 株式会社ホリプロ. 2019年1月22日閲覧。
  2. ^ “金慶珠(キム・キョンジュ)准教授が国際学科に着任しました。”. 東海大学教養学部. (2009年4月9日). http://www.shc.u-tokai.ac.jp/about/gakka/kokusai/news/090409_01.html 2013年1月29日閲覧。 
  3. ^ a b “民団福島県本部主催 「日韓の友好と未来」テーマに講演・対談 慰安婦・領土・仏像・補償・靖国 5つの問題「2勝2敗1分」”. 統一日報. (2013年11月27日). http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=74276&thread=04 2014年5月22日閲覧。 
  4. ^ “金慶珠vs周来友「“反日ブーム”に沸く中・韓の本音”. 日刊SPA!. (2014年6月4日). http://nikkan-spa.jp/653969 2014年7月26日閲覧。 
  5. ^ “東海大学外国語教育センターにおけるコリア語教育の歴史”. 東海大学国際教育センター. http://www.flc.u-tokai.ac.jp/korean/history.html 2013年1月29日閲覧。 
  6. ^ “チマタの噺公式サイト バックナンバー 2015年1月13日放送”. テレビ東京. (2015年1月13日). http://www.tv-tokyo.co.jp/chimata/backnumber/?trgt=150113 2015年3月26日閲覧。 
  7. ^ “チマタの噺公式サイト バックナンバー 2015年3月24日放送”. テレビ東京. (2015年3月24日). http://www.tv-tokyo.co.jp/chimata/backnumber/?trgt=150113 2015年3月26日閲覧。 
  8. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2069164/full/. オリコンスタイル. (2016年3月26日). 2016年4月3日閲覧。

外部リンク編集