鈴鹿亀山道路

鈴鹿亀山道路(すずかかめやまどうろ)は、東名阪自動車道新名神高速道路亀山JCTから亀山市鈴鹿市内(北勢バイパス)にかけて計画されている、延長約10kmの地域高規格道路である。略称は鈴亀道路

目次

概要編集

2004年に国から調査区間に指定。財政難により長期間計画は停止されていたが、災害時の緊急輸送路として2013年6月三重県は有識者委員会を設置し、5~6年かけて都市計画を決定し着工する方針を示す。[1]その後、県民アンケートや一般市民を含む100人協議会を交えて「市街地北部ルート」「市街地通過ルート」の二案が検討され、[2]2015年9月3日に県の有識者委員会は市街地北部案を了承。[3]この北部案の想定事業費は通過ルートと比べて250億円少ない540億円を予定している。また今後の対応として国道23号までの延伸の検討も盛り込まれた。

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ 「鈴亀道路」建設構想が再燃”. 中日新聞 (2013年9月4日). 2015-09-04削除済閲覧。
  2. ^ 第1回 鈴鹿亀山道路100人協議会”. 三重県県土整備部 (2013年9月1日). 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ 市街地北部案を了承 鈴亀道路ルート選定で県有識者委”. 中日新聞 (2015年9月4日). 2015年9月4日閲覧。

外部リンク編集