メインメニューを開く

鉄道員 (1956年の映画)

1956年制作のイタリアの映画作品

鉄道員』(てつどういん、Il Ferroviere)は、1956年イタリアのドラマ映画。モノクロ作品。 監督・主演はピエトロ・ジェルミ、共演はエドアルド・ネヴォライタリア語版ルイザ・デラ・ノーチェイタリア語版など。 第二次世界大戦後のイタリアに生きる庶民の喜怒哀楽を、ある1人の初老の鉄道機関士の姿とその幼い息子の目を通して描いた映画史に残る作品である[1]

鉄道員
Il Ferroviere
監督 ピエトロ・ジェルミ
脚本 アルフレード・ジャンネッティ
ピエトロ・ジェルミ
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
原案 アルフレード・ジャンネッティ
製作 カルロ・ポンティ
出演者 ピエトロ・ジェルミ
エドアルド・ネヴォライタリア語版
ルイザ・デラ・ノーチェイタリア語版
シルヴァ・コシナ
サロ・ウルツィイタリア語版
カルロ・ジュフレイタリア語版
レナート・スペツィアリ
音楽 カルロ・ルスティケッリ
撮影 レオニーダ・バルボーニイタリア語版
編集 ドロレス・タンブリーニ
製作会社 チネマトグラフィカ・エクセルサイタリア語版
配給 イタリアの旗 ENICイタリア語版
日本の旗 イタリフィルム/NCC
公開 イタリアの旗 1956年8月11日
日本の旗 1958年10月18日
上映時間 118分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ストーリー編集

鉄道機関士アンドレアは、幼い末っ子サンドロの誇りだった。だが、長男マルチェロや長女ジュリアからは、その厳格な性格が嫌われていた。

ある日、アンドレアの運転する列車に若者が投身自殺をする。しかもアンドレアは、そのショックにより赤信号を見すごし、列車の衝突事故を起こしかけ、左遷されてしまう。

アンドレアは、ストライキを計画中だった労働組合に不満を訴えるが、とり上げられることはなく、酒に溺れ始める。

その頃、流産し夫婦仲が悪くなっていたジュリアの不倫が原因でマルチェロは父と口論となり家を出ていく。

職場ではストライキが決行されたが、アンドレアは機関車を運転し、スト破りをする。

アンドレアは友人達からも孤立し、家にも帰らぬようになる。

末っ子サンドロは酒場をめぐって父を探し出し、以前に父が友人たちとギターを弾いて歌った酒場に連れ出す。

旧友たちは再びアンドレアを温かく迎え入れる。そして、家族との和解の兆しも見えてくる。

しかし、すでに彼の体は弱り切っており、家族や友人たちとの幸せなクリスマスパーティを終えた夜にベッドでギター弾きながら息をひきとる。

キャスト編集

 
ジュリア役のシルヴァ・コシナ

日本語吹替編集

役名 俳優 日本語吹替
NET版1 NET版2 TBS
アンドレア・マルコッチ ピエトロ・ジェルミ 加藤和夫 神田隆
サンドロ・マルコッチ エドアルド・ネヴォライタリア語版 三輪勝恵 内海敏彦 鈴木一輝
サラ・マルコッチ ルイザ・デラ・ノーチェイタリア語版 麻生美代子 瀬能礼子 前田敏子
ジュリア・マルコッチ シルヴァ・コシナ 栗葉子 北島マヤ 榊原良子
ジジ・リヴェラーニ サロ・ウルツィイタリア語版 高木均 今西正男 神山卓三
マルチェロ・マルコッチ レナート・スペツィアリ 西沢利明 石丸博也 大塚芳忠
レナート・ボルギ カルロ・ジュフレイタリア語版 江角英明 納谷六朗 安原義人
翻訳 古賀牧彦 宇津木道子
演出 山田悦司 水本完
調整 山田太平
効果 赤塚不二夫
PAG
制作 ザック・プロモーション
プロデューサー 安田孝夫
解説 淀川長治
初回放送 1969年2月23日
日曜洋画劇場
1976年11月14日
『日曜洋画劇場』
1984年6月16日
『名作洋画ノーカット10週』

受賞編集

出典編集

  1. ^ 映画 鉄道員”. allcinema. 2019年10月25日閲覧。

外部リンク編集