鍛冶 昇(かじ のぼる、1931年8月16日 - 2021年10月21日[1])は、日本のテレビ演出家映画監督プロデューサー三重県桑名市生まれ。日本映画監督協会会員。日本映画テレビプロデューサー協会会員。

かじ のぼる
鍛冶 昇
本名 鍛治昇
生年月日 (1931-08-16) 1931年8月16日
没年月日 (2021-10-21) 2021年10月21日(90歳没)
出身地 日本の旗 日本 三重県桑名市
職業 テレビ演出家
映画監督
プロデューサー
ジャンル 映画、テレビドラマ
テンプレートを表示

来歴編集

1945年、慶応義塾大学仏文科卒業。日活撮影所助監督部入社後、主に滝沢英輔市川崑斎藤武市の助監督をつとめる。1965年、テレビ映画「山のかなたに」で監督デビュー。1969年に日活を退社後フリーを経て国際放映のプロデューサーとして活動。

2021年10月21日死去、90歳[1]

作品編集

映画編集

(特記以外は製作日活)

  • 佳人 (1958年)‐ 助監督
  • 東京の孤独 (1959年)‐ 助監督
  • 世界を賭ける恋 (1959年)‐ 助監督
  • 裕次郎の欧州駈けある記 (1959年)‐ 助監督
  • あじさいの歌 (1960年)‐ 助監督
  • 霧笛が俺を呼んでいる (1960年)‐ 助監督
  • 俺は死なないぜ (1961年)‐ 助監督
  • さようならの季節 (1962年)‐ 助監督
  • 太平洋ひとりぼっち (1963年 日活・石原プロ)‐ 助監督
  • 愛と死をみつめて (1964年)‐ 助監督
  • うず潮(1964年)‐ 助監督
  • 大日本殺し屋伝(1965年)‐ 助監督
  • 父と娘の歌(1965年)‐ 助監督・脚本
  • おゆきさん(1966年)
  • 二人の銀座(1967年)
  • 東京ナイト(1967年)
  • ある少女の告白 禁断の果実(1968年)
  • 青春の鐘(1969年)
  • 恋のつむじ風(1969年)
  • 野蛮人のネクタイ(1969年)
  • 股旅(1973年、日本ATG他)‐ キャスティングディレクター
  • 勝利者たち (1993年 円谷プロ)‐ 松林宗恵監督と共同演出

テレビドラマ編集

プロデュース編集

脚注編集

  1. ^ a b 会報 No.492 2021年 11,12月号”. 日本テレビプロデューサー協会 (2021年12月9日). 2021年12月29日閲覧。