メインメニューを開く

うず潮 (小説)

林芙美子の小説、およびそれを原作とするテレビドラマ

うず潮』(うずしお)は、林芙美子1947年に『毎日新聞』紙上で発表した小説である。林の戦後最初の新聞小説で、映画化、テレビドラマ化もされた。

目次

あらすじ編集

戦争で夫を亡くした高浜千代子は、5歳の子どもを神奈川県二宮町の託児所に預けて、東京で住み込みの料理店に勤める。そんな千代子を慕うのは、岡山出身で、千代子の兄(戦争中は教師であったが、戦後公職追放を受けた)の教え子であった杉本である。京都に住む兄の家でめぐりあった2人が、さまざまな困難に立ち向かいながら、新しい愛をはぐくむ姿を、2人の周囲の人物をからめながら描いた作品である。

映画編集

1952年編集

1952年11月6日に公開。監督は原研吉、製作は松竹

キャスト(1952年)編集

1964年編集

1964年11月22日に公開。監督は斎藤武市、製作は日活[1]

林芙美子の同名小説ではなく、1964年から1965年まで放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『うず潮』の映画化[1][2]。林芙美子は原作としてもクレジットされていない。県立尾道高等女学校在学時の林フミ子の青春時代に絞った内容となっている[2]

吉永小百合浜田光夫の純愛コンビはマンネリズムが問題になっていたが、前作『愛と死をみつめて』が4億5000万円の興行収入を上げ[2]、その問題を吹き飛ばし、沈滞気味の日本映画界にカツを入れた[2]。吉永・浜田のコンビは本作が28本目となる[2]

キャスト(1964年)編集

ロケ地編集

ラストシーンでフミ子が尾道から上京するため、広島県尾道市が舞台であるが、尾道と香川県で一週間のロケが行われた[2]。室内シーンは全て日活撮影所。香川ロケは、齋藤武市が同年の映画『鉄火場破り』で多度津ロケをした際に、古い町並みを気に入り、大正ものを撮る時は、多度津を使いたいと思ったことによる[2]。ラストシーンは多度津駅大正時代の尾道駅に仕立てて撮影が行われた[2]。その他、高松市栗林公園志度町鴨庄(現・さぬき市)で香川ロケが行われた[2]

尾道ロケは『東京物語』のロケ地としても有名な浄土寺[2]、筒湯小学校[2]千光寺などでロケが行われた[1]

テレビドラマ編集

武田ロマン劇場版編集

1962年7月5日と同年7月12日の2回に渡って、日本テレビ系列の『武田ロマン劇場』(武田薬品工業一社提供木曜22:30 - 23:15)で放送。

スタッフ編集

キャスト編集

日本テレビ系列 武田ロマン劇場
前番組 番組名 次番組
うず潮

連続テレビ小説版編集

うず潮
ジャンル ドラマ
原作 林芙美子
脚本 田中澄江
出演者 林美智子
日高澄子
ほか
ナレーター 白坂道子
時代設定 大正末期から昭和26年
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1964年4月6日 - 1965年4月3日
放送時間 月曜 - 土曜8:15~8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
テンプレートを表示

1964年4月6日から1965年4月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の第4作[3]

解説編集

少女期の貧しい生活にもへこたれず、明るく生きていくヒロインの生涯を描いた。原作は林芙美子の「うず潮」「放浪記」など。

本作は、ヒロインに無名の新人を起用した最初の作品であり、NHK大阪放送局が製作した朝ドラの第1号でもある。その後1975年下半期の「おはようさん」まで、大阪製作の朝ドラはしばらく途絶えた。

視聴率が記録されている最初の朝ドラでもあり、本作の放送された1964〜65年の平均視聴率は30.2%、最高視聴率は47.8%である(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[4]

NHKには第309話と第310話(最終話)の映像が現存する。

スタッフ編集

キャスト編集

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
うず潮

脚注編集

外部リンク編集