メインメニューを開く

鎌倉女子大学中等部・高等部(かまくらじょしだいがくちゅうとうぶ・こうとうぶ)は、神奈川県鎌倉市岩瀬にある私立中高一貫校男女別学(女子校)である。

鎌倉女子大学中等部・高等部
Kamakura Women's UNIV highschool.jpg
過去の名称 京浜女子家政理学専門学校附属中学校
京浜女子短期大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人鎌倉女子大学
設立年月日 1943年
共学・別学 女子校
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 14547F
所在地 247-8511
北緯35度21分39.5秒 東経139度32分50.4秒 / 北緯35.360972度 東経139.547333度 / 35.360972; 139.547333座標: 北緯35度21分39.5秒 東経139度32分50.4秒 / 北緯35.360972度 東経139.547333度 / 35.360972; 139.547333
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
鎌倉女子大学中等部・高等部の位置(神奈川県内)
鎌倉女子大学中等部・高等部

学校法人鎌倉女子大学が運営。同法人は、鎌倉女子大学幼稚部(共学)・鎌倉女子大学初等部(共学)・鎌倉女子大学短期大学部(女子校)・鎌倉女子大学(女子校)・鎌倉女子大学大学院も経営している。

中等部は初等部出身者とクラスが混合されている。高等部は進学コースのみ中等部出身者とクラスが混合されており、特進コースは高等部からの募集はされてない。

概要編集

鎌倉女子大学の併設校。

中等部の生徒総数は2013年4月時点で178名、うち、初等部出身者数は12名[1]。また、初等部出身の中等部卒業生の高等部進学率は約80%である[2]。高等部の生徒総数は2012年4月時点で499名[3]。中等部・高等部共に各学年の人数にはばらつきがあるが、中等部の定員は1学年90名[4]、高等部の定員は中等部出身者含めて1学年180名[1]であり、中等部・高等部共に、全学年定員より生徒数が少ない[1][3]

2014年3月卒業生の鎌倉女子大学への進学率は31%、鎌倉女子大学短期大学部への進学率は7%であった[5]。その他の生徒は40%が四年制他大学、7%が他短期大学、11%が専門学校へ進学した[5]

沿革編集

  • 1943年(昭和18年) - 横浜市神奈川区に、京浜女子家政理学専門学校を設立。
  • 1946年(昭和21年) - 鎌倉市岩瀬の現在地に校舎を得て、戦後の学園再建を始める。
  • 1948年(昭和23年) - 京浜女子家政理学専門学校附属中学校を設立。
  • 1950年(昭和25年) - 鎌倉市岩瀬に京浜女子短期大学(家政科・保健科)を設立。京浜女子短期大学附属高等学校・同附属幼稚園を設立。
  • 1951年(昭和26年) - 京浜女子短期大学附属小学校を設立。
  • 1959年(昭和34年) - 京浜女子大学家政学部家政学科を設立。
  • 1975年(昭和50年) - 学校法人京浜大学を設立。
  • 1989年(平成元年) - 法人名及び運営学校名を、それぞれ学校法人鎌倉女子大学・鎌倉女子大学・鎌倉女子大学短期大学部・鎌倉女子大学高等部同中等部・同初等部・同幼稚部と名称変更。
  • 2003年(平成15年) - 大船キャンパス開設に伴い、岩瀬キャンパスの施設をリニューアル。
  • 2008年(平成20年) - 中等部に6年一貫の難関大学を目指す特進コースを開設。

事故編集

2010年5月、高等部で陸上部の部員が投げたハンマーが別の生徒にあたり、頭蓋骨骨折などの重傷や高次脳機能障害などの後遺症が負われる事故が発生[6] し、陸上部顧問の男性教諭に業務上過失致死傷罪の容疑で罰金50万円が命じられた[7] 。男性教諭は投てき範囲に別の部員が進入しないよう注意を呼び掛けるなどの義務を怠り練習を継続した[6]ほか、その場にいて女子生徒が近づいているのに気付いていたが、声を掛けたり、投てきを止めたりしなかったという[8]

著名な出身者編集

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鎌倉女子大学中等部 基本情報”. 中学受験スタディ. 2014年7月20日閲覧。
  2. ^ 鎌倉女子大学 初等部(学校情報)”. 小学校受験の「お受験じょうほう」. 2014年7月20日閲覧。
  3. ^ a b 鎌倉女子大学高等部 基本情報”. 高校受験スタディ. 2014年7月20日閲覧。
  4. ^ 鎌倉女子大学中等部 入試情報”. 中学受験スタディ. 2014年7月20日閲覧。
  5. ^ a b 生徒の進路-進路実績”. 鎌倉女子大学 高等部. 2014年7月20日閲覧。
  6. ^ a b “ハンマーで生徒重傷、部活顧問教諭に罰金50万円命令/神奈川”. 神奈川新聞. (2012年5月25日). http://www.kanaloco.jp/article/45638/cms_id/45429 2014年7月27日閲覧。 
  7. ^ “ハンマー当たり女子生徒頭蓋骨骨折…陸上部顧問に罰金50万円”. スポーツニッポン. (2012年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/05/24/kiji/K20120524003318900.html 2014年7月27日閲覧。 
  8. ^ “ハンマー投げで女子生徒重傷 顧問教諭に業過傷害容疑”. 共同通信. (2011年10月13日). http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101301000919.html 2014年7月27日閲覧。 
  9. ^ 豊かな心と確かな学力を育ててくれる(鎌倉女子大学中等部)”. asahi.com (2010年5月26日). 2014年3月27日閲覧。
  10. ^ きょうは初等部から高等部まで12年間過ごした母校に行って、・・・”. 上坂すみれ公式Twitter (2010年11月27日). 2014年4月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集