メインメニューを開く

長岡 弘樹(ながおか ひろき、1969年 - )は、日本小説家推理作家山形県山形市出身[1]、在住[1][2]筑波大学第一学群社会学類卒業[1][3]

長岡 弘樹
(ながおか ひろき)
誕生 1969年
日本の旗 日本山形県山形市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 筑波大学第一学群社会学類卒業
活動期間 2005年 -
ジャンル 推理小説警察小説
代表作教場』(2013年)
主な受賞歴 小説推理新人賞(2003年)
日本推理作家協会賞(2008年)
デビュー作 「真夏の車輪」(2003年)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

団体職員を経て、2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞[1][3]2005年『陽だまりの偽り』で単行本デビューする。2011年に発売された『傍聞き』の双葉文庫版が、本の雑誌社が刊行する『おすすめ文庫王国2012』の国内ミステリー部門で第1位に選ばれると、ロングセラーとなり39万部を超えるヒットとなる[4]。2013年に刊行した『教場』は警察学校を舞台にした新しいタイプの警察小説で[5]、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第2位、第11回本屋大賞で6位に選ばれた。

文学賞受賞・候補歴編集

太字が受賞したもの

作品リスト編集

単著編集

教場シリーズ編集

  • 教場(2013年6月 小学館 / 2015年12月 小学館文庫
  • 教場2(2016年2月 小学館 / 2017年12月 小学館文庫)
  • 教場0 刑事指導官・風間公親(2017年9月 小学館)
    • 収録作品:仮面の軌跡 / 三枚の画廊の絵 / ブロンズの墓穴 / 第四の終章 / 指輪のレクイエム / 毒のある骸

その他の作品編集

  • 陽だまりの偽り(2005年7月 双葉社 / 2008年8月 双葉文庫
    • 収録作品:陽だまりの偽り / 淡い青のなかに / プレイヤー / 写心 / 重い扉が
  • 傍聞き(2008年10月 双葉社 / 2011年9月 双葉文庫)
    • 収録作品:迷走 / 傍聞き / 899 / 迷い箱
  • 線の波紋(2010年9月 小学館 / 2012年11月 小学館文庫)
  • 波形の声(2014年2月 徳間書店 / 2017年2月 徳間文庫
    • 収録作品:波形の声 / 宿敵 / わけありの街 / 暗闇の蚊 / 黒白の暦 / 準備室 / ハガニアの霧
  • 群青のタンデム(2014年9月 角川春樹事務所 / 2016年7月 ハルキ文庫
  • 赤い刻印(2016年5月 双葉社 / 2019年3月 双葉文庫)
    • 収録作品:赤い刻印 / 秘薬 / サンクスレター / 手に手を
  • 白衣の嘘(2016年9月 KADOKAWA / 2019年1月 角川文庫
    • 収録作品:最後の良薬 / 涙の成分比 / 小医は病を医し / ステップ・バイ・ステップ / 彼岸の坂道
  • 時が見下ろす町(2016年12月 祥伝社
    • 収録作品:白い修道士 / 暗い融合 / 歪んだ走姿 / 苦い確率 / 撫子の予言 / 翳った指先 / 刃の行方 / 交点の香り
  • 血縁 (2017年3月 集英社)
    • 収録作品:文字盤 / 苦いカクテル / オンブタイ / 血縁 / ラストストロー / 32-2 / 黄色い風船 / 小さな約束
  • にらみ(2018年3月 光文社
    • 収録作品:餞別 / 遺品の迷い / 実況中継 / 白秋の道標 / 雑草 / にらみ / 百万に一つの崖
  • 道具箱はささやく(2018年6月 祥伝社)
    • 収録作品:声探偵 / リバーシブルな秋休み / 苦い厨房 / 風水の紅 / ヴィリプラカの微笑 / 仮面の視線 / 戦争ごっこ / 曇った観覧車 / 不義の旋律 / 意中の交差点 / 色褪せたムンテラ / 遠くて近い森 / 虚飾の闇 / レコーディング・ダイエット / 父の川 / ある冬のジョーク / 嫉妬のストラテジー / 狩人の日曜日
  • 救済 SAVE(2018年11月 講談社
    • 収録作品:三色の貌 / 最期の晩餐 / ガラスの向こう側 / 空目虫 / 焦げた食パン / 夏の終わりの時間割
  • 119(2019年6月 文藝春秋
    • 収録作品:石を拾う女/ 白雲の敗北 / 反省室 / 灰色の手土産 / 山羊の童話 / 命の数字 / 救済の枷 / フェイス・コントロール / 逆縁の午後

アンソロジー編集

「」内が長岡弘樹の作品

  • ショートショートの広場5(1994年3月 講談社文庫)「言えよ」
  • ザ・ベストミステリーズ 2008 推理小説年鑑(2008年7月 講談社)「傍聞き」
    • 【分冊・改題】Doubt きりのない疑惑 ミステリー傑作選(2011年11月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2010 推理小説年鑑(2010年7月 講談社)「波形の声」
    • 【分冊・改題】BORDER 善と悪の境界 ミステリー傑作選(2013年11月 講談社文庫)
  • 現場に臨め(2010年10月 光文社カッパ・ノベルス / 2014年4月 光文社文庫)「文字板」
  • ベスト本格ミステリ2012(2012年6月 講談社ノベルス)「オンブタイ」
    • 【改題】探偵の殺される夜 本格短編ベスト・セレクション(2016年1月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2012 推理小説年鑑(2012年7月 講談社)「オンブタイ」
    • 【分冊・改題】Junction 運命の分岐点 ミステリー傑作選(2015年4月 講談社文庫)
  • 奇想博物館(2013年12月 光文社 / 2017年5月 光文社文庫)「親子ごっこ」
  • ベスト本格ミステリ2015(2015年6月 講談社ノベルス)「最後の良薬」
  • ベスト本格ミステリ2016(2016年6月 講談社ノベルス)「にらみ」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2016(2016年6月 徳間文庫)「涙の成分比」
  • 殺意の隘路(2016年12月 光文社)「夏の終わりの時間割」
  • 猫ミス!(2017年10月 中公文庫)「四月のジンクス」
  • 自薦 THE どんでん返し3(2019年1月 双葉文庫)「ハガニアの霧」

未単行本化作品編集

雑誌掲載短編編集

  • 真夏の車輪(双葉社『小説推理』2003年8月号)
  • Xデー(角川書店野性時代』2010年10月号)
  • 親子ごっこ(文藝春秋オール讀物』2010年12月号)
  • 痩せたい刑事(祥伝社『小説NON』2012年11月号)
  • 黒い土 白い旗(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2013年3月号)
  • 正しい誤配(角川書店『小説 野性時代』2013年5月号)
  • 晴天の稲妻(KADOKAWA『小説 野性時代』2014年12月号)
  • 暗いヤード(双葉社『小説推理』2017年9月号)
  • 黒い遺品(双葉社『小説推理』2017年10月号)
  • 傷跡の行方(双葉社『小説推理』2018年3月号)
  • 水合わせ(双葉社『小説推理』2018年4月号)

連載編集

  • 泳ぐカメレオン(幻冬舎ポンツーン』2011年8月号 - 、連載中)
  • 告発(小学館『STORY BOX』2012年9月号 - 2014年4月号、連載終了)
  • 影絵のミザンセヌ(PHP研究所『文蔵』2015年10月号 - 、連載中)

メディア・ミックス編集

テレビドラマ編集

脚注編集