メインメニューを開く

長村 裕之(ながむら ひろゆき、1958年12月12日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手捕手)。2016年10月よりオリックス・バファローズの球団本部長兼編成部長を務める。

長村 裕之
オリックス・バファローズ 球団本部長兼編成部長
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1958-12-12) 1958年12月12日(60歳)
身長
体重
176 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1980年 ドラフト2位
初出場 1984年4月1日
最終出場 1988年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

鳴門工業高では1976年夏の甲子園予選南四国大会準決勝に進出するが高知商業高に敗退。

卒業後は駒沢大学へ進学。大学時代には高久孝(日本楽器)らとバッテリーを組み、東都大学リーグで3度優勝。1980年全日本大学野球選手権大会準優勝。同年の第9回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、秋季リーグでは首位打者を獲得している。リーグ通算72試合に出場、209打数62安打、打率.297、1本塁打、20打点という成績を残した。ベストナインを2度受賞。

1980年のプロ野球ドラフト会議で、阪急ブレーブスから2位指名を受けて入団。

阪急には中沢伸二片岡新之介がおり、一軍への登場は1984年と遅かった。同年は指名打者として5試合に先発出場。広島カープとの日本シリーズでは4試合に代打、守備固めとして出場する。第6戦では3回に代打として三振を喫するが、味方が打者一巡の猛攻、2打席目も三振し1イニング2三振を記録した。1985年には藤田浩雅の控え捕手や指名打者、右の代打として60試合に出場、10試合に先発マスクを被る。1987年には出場機会が減少、阪急が球団の経営権をオリックスに売却した1988年限りで、現役を引退。

阪急の後継球団であるオリックス・ブルーウェーブでは、1995年から1998年まで一軍バッテリーコーチを務め、チームのリーグ2連覇と1996年の日本一に貢献。1999年には二軍バッテリーコーチを担当した。ブルーウェーブが大阪近鉄バファローズとの合併を機にオリックス・バファローズになった2005年以降は、ファームディレクターを経て、球団本部長補佐兼管理部長、編成部長兼国際グループ長、球団副本部長兼編成部長などの要職を歴任した。

2013年12月16日には、オリックス・バファローズから、二軍ヘッドコーチ兼チーフバッテリーコーチへの転任が発表された[1]。長村にとっては、16年ぶりの現場復帰になる。

2015年1月1日より事業本部リテール営業部担当部長。

2016年10月より、成績不振の責任を取り退任した瀬戸山隆三の後任として、球団本部長に就任。加藤康幸に代わり編成部長も兼務する[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1984 阪急 31 41 35 1 9 1 0 0 10 1 0 0 1 0 5 0 0 6 0 .257 .350 .286 .636
1985 60 101 86 8 18 1 0 2 25 11 0 0 2 3 10 0 0 17 3 .209 .283 .291 .574
1986 26 37 30 2 5 2 0 0 7 6 0 0 2 1 4 0 0 3 2 .167 .257 .233 .490
1987 9 7 7 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .286 .429
1988 18 20 16 2 2 0 0 1 5 1 0 1 0 0 4 0 0 0 1 .125 .300 .313 .613
通算:5年 144 206 174 13 35 5 0 3 49 20 0 1 5 4 23 0 0 27 6 .201 .289 .282 .570

年度別守備成績編集

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1984 4 1 1 0 .000
1985 23 18 11 7 .389
1986 12 5 4 1 .200
1987 6 3 2 1 .333
1988 3 0 0 0 -
通算 48 27 18 9 .333

記録編集

背番号編集

  • 23 (1981年 - 1988年)
  • 73 (1995年 - 1999年)
  • 97 (2014年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長村裕之二軍ヘッドコーチ就任のお知らせ オリックス・バファローズ公式サイト2013年12月16日付ニュース
  2. ^ オリックス球団本部長に長村氏 編成部長も兼務 毎日新聞、2016年11月15日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集