メインメニューを開く

全国高等学校野球選手権地方大会

地方大会(神奈川大会)

全国高等学校野球選手権地方大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんちほうたいかい)は、全国高等学校野球選手権大会の各地方で開催されている大会。第80回記念大会から大会回数の下1桁が0の大会時のみ、埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫県は2ブロックに分けて大会を行う。第100回記念大会は福岡県も2ブロックに分けて大会を行う。

地区割りについては各県の項を参照。すでに消滅した大会は消滅した全国高等学校野球選手権地方大会の一覧を参照。

各地方大会で選手が着用するゼッケン背番号)は高校側で用意するため、基本的にユニフォームに合わせたデザインのものを着用する。ただし、愛知県のように白地の黒の番号で統一している大会もある。

目次

概要編集

平年、梅雨のない北海道(南・北)の各支部予選と、梅雨が他の都道府県より1ヶ月程度早い沖縄県大会が6月の段階から開幕し、その後は段階を追って残りの地方大会が開幕する。比較的参加校が多い神奈川県大阪府などの大会の決勝戦が行われる7月下旬に全ての出場権獲得校が出揃う。

大会期日については「原則として夏休みまでの土、日曜日と、夏休みを利用して行う」とされている[1]

北海道(南・北)、福岡県、新潟県などの地方大会では、道県を数ブロックに分けた地区予選が導入されており、地区予選のブロック代表校が地方大会に出場する形式となっている。

選手宣誓は、組み合わせ抽選会においてその大会の回数の数字と一致した番号を引いた学校が選ばれる所が殆どだが、参加校が少ない大会は抽選となる。東西合同で開会式を行う東京では春季都大会優勝校の主将が宣誓を行う。

地方大会の入場曲は、大会行進曲や栄冠は君に輝くなどで、統一していない。

野球場の外野席は内野席が満員になる時のみ開放される。

ウグイス嬢は高校生がアナウンスする(北海道など一部地域では男子生徒が行う場合もある)。背番号や出身中学校がアナウンスされる大会もある。

優勝校には優勝旗、優勝盾、優勝メダル、表彰状が、準優勝校には準優勝盾、準優勝メダルと表彰状が贈られる[1]。準優勝校にもが贈られる大会もある。

地区割りの変遷編集

 

地方大会の一覧編集

ブロック 地方大会 地方大会名 備考
北海道 北北海道 全国高等学校野球選手権北北海道大会
南北海道 全国高等学校野球選手権南北海道大会
東北 青森 全国高等学校野球選手権青森大会
岩手 全国高等学校野球選手権岩手大会
秋田 全国高等学校野球選手権秋田大会
山形 全国高等学校野球選手権山形大会
宮城 全国高等学校野球選手権宮城大会
福島 全国高等学校野球選手権福島大会
関東 茨城 全国高等学校野球選手権茨城大会
栃木 全国高等学校野球選手権栃木大会
群馬 全国高等学校野球選手権群馬大会
埼玉 全国高等学校野球選手権埼玉大会
千葉 全国高等学校野球選手権千葉大会
東東京 全国高等学校野球選手権東東京大会
西東京 全国高等学校野球選手権西東京大会
神奈川 全国高等学校野球選手権神奈川大会
山梨 全国高等学校野球選手権山梨大会
東海 静岡 全国高等学校野球選手権静岡大会
愛知 全国高等学校野球選手権愛知大会
岐阜 全国高等学校野球選手権岐阜大会
三重 全国高等学校野球選手権三重大会
北信越 新潟 全国高等学校野球選手権新潟大会
長野 全国高等学校野球選手権長野大会
富山 全国高等学校野球選手権富山大会
石川 全国高等学校野球選手権石川大会
福井 全国高等学校野球選手権福井大会
近畿 滋賀 全国高等学校野球選手権滋賀大会
京都 全国高等学校野球選手権京都大会
大阪 全国高等学校野球選手権大阪大会
兵庫 全国高等学校野球選手権兵庫大会
奈良 全国高等学校野球選手権奈良大会
和歌山 全国高等学校野球選手権和歌山大会
中国 岡山 全国高等学校野球選手権岡山大会
広島 全国高等学校野球選手権広島大会
鳥取 全国高等学校野球選手権鳥取大会
島根 全国高等学校野球選手権島根大会
山口 全国高等学校野球選手権山口大会
四国 香川 全国高等学校野球選手権香川大会
徳島 全国高等学校野球選手権徳島大会
愛媛 全国高等学校野球選手権愛媛大会
高知 全国高等学校野球選手権高知大会
九州 福岡 全国高等学校野球選手権福岡大会
佐賀 全国高等学校野球選手権佐賀大会
長崎 全国高等学校野球選手権長崎大会
熊本 全国高等学校野球選手権熊本大会
大分 全国高等学校野球選手権大分大会
宮崎 全国高等学校野球選手権宮崎大会
鹿児島 全国高等学校野球選手権鹿児島大会
沖縄 全国高等学校野球選手権沖縄大会

テレビ・ラジオ中継編集

NHKでの中継編集

総合テレビでは、各地方大会の決勝戦(一部地域では準々決勝・準決勝も含む)を放送している。なお、関東・中京・近畿の各地区では総合テレビ・NHK Eテレ(教育テレビ)で地域を分担して決勝戦を中継している。同日に行われる決勝戦が多い場合一部の試合が録画中継となる。北海道地区では南北海道大会・北北海道大会ともに全道向け放送を行うが、中継試合が同日に重なった場合はローカル放送へ変更。札幌・函館・室蘭の各放送局では南北海道大会を、旭川・帯広・釧路・北見の各放送局では北北海道大会を中継する。なお旭川・帯広・釧路・北見の各放送局では南北海道大会、札幌・函館・室蘭の各放送局では北北海道大会の試合経過速報も随時伝えている。

ラジオでは、各地の地方大会も生中継している。

  • 多くの地区では原則として決勝戦が行われる球場での試合が中継され、その他の球場からは随時試合結果・経過速報を伝えている。
  • 北海道地区では、ラジオ第1放送とFM放送(ラジオ第1放送が中継できない場合に限る)を使って中継。各地の支部予選はブロック代表決定戦のみ道内各局別に放送[注 1]し、南北海道大会・北北海道大会は1回戦から全試合を中継。南北海道大会と北北海道大会の日程が重複しない限り南北海道大会・北北海道大会ともに全道放送している。なお、日程が重複した場合は南北海道大会・北北海道大会で地域別にローカル放送を行う場合もある。
  • 関東地区では東東京大会・西東京大会をラジオ第1放送で決勝戦のみ、その他はFM放送で準決勝・決勝を放送する。
  • 国際放送NHKワールド・ラジオ日本」および「NHKネットラジオ らじる★らじる」では地方大会の中継(春季・秋季も含む)が一切行われず、中継のない他地域と同様に通常番組を放送・配信している。

民放での中継編集

民放ラジオによる地方大会の中継
  • 県域民放テレビ局の無い茨城県ではAM局の茨城放送が中継を行っている。下記「バーチャル高校野球」内での中継配信ではラジオの実況音声そのままのものに独自の映像を付けた上で配信している。
  • 県域民放AM局の無い群馬県ではFM局のFMぐんまが中継を行っている。
  • かつてはテレビ朝日と関係を持っていた文化放送が東西東京・神奈川・千葉・埼玉県大会の決勝戦を中継していた時期がある。
  • 県域民放テレビ局がある佐賀県ではAM局のNBCラジオ佐賀が決勝のみ中継を行っている。
  • 沖縄県では琉球放送(RBCiラジオ)・ラジオ沖縄のAM2局が平行して決勝戦の中継を行っている。

ケーブルテレビでの中継編集

一部のケーブルテレビでも、都道府県予選大会(主に放送エリア内の球場・学校の試合)を中継しており、近年は地域密着を掲げるケーブルテレビのコンテンツのひとつとなっている。

インターネット中継編集

  • 2014年は朝日新聞デジタルの高校野球サイト内で、2015年は「バーチャル高校野球」サイト内で一部地域の地方大会決勝戦(民間放送の中継、一部地域で準決勝も含む)を配信する[2]。2017年は地方大会の決勝が全て配信されるようになった[3]。さらに同年から一部地域では1回戦から開催全球場の全試合、テレビ中継が行われる球場の1回戦からの試合を配信する[4]。その一方で試合中継のタイムシフト動画は廃止され、決勝戦のダイジェストと最後の1球の配信のみとなった。
  • テレビ朝日系列局の一部では中継の同時配信や、中継が中断する時間帯の配信を行う。

出典編集

脚注編集

  1. ^ 空知支部は北北海道所属で旭川放送局の担当だが、札幌放送局でも中継の合間に経過を伝えている。
  2. ^ ANNの一般番組供給部門には参加していない。
  3. ^ 本来の系列局であるテレビ宮崎FNN/FNS主体でNNNANNとのクロスネット局で、NNNはNNS、ANNは一般番組供給部門には参加していないため。
  4. ^ 茨城、埼玉、千葉、東東京、神奈川は、他社も含めた共同制作