メインメニューを開く

経歴など編集

長崎県壱岐市出身。高校卒業後福岡へ移り、学生生活を終えるとRKBラジオラジオカースナッピーキャスタードライバーとなった。この頃から得意の物真似を活かしたレポートで人気を博す。物真似のレパートリーは田中真紀子クレヨンしんちゃんちびまる子ちゃんの山田、鬼束ちひろなど幅広く、ラジオのイベントでは度々原口あきまさと対決、勝利している(勝利した時のネタは「黒板消しクリーナー」)。

3年間の「スナッピー」任期満了後もRKBと専属契約する形で残り看板レポーターとして活躍。特に野球終了後のヤフードーム5番ゲート中継では酔っ払いをちぎって捨てるような毒舌レポートが受け、また『ユアヒットパレード』の「銭湯からこんばんは」コーナーでの入浴しながらのレポートでは、男性浴場へ突撃し「今日の男風呂は3本です」と毎回男性を本数で表現。開けっぴろげの下ネタだがいやらしさがなく好評だった。日曜から月曜までレギュラー5〜6本のフル稼働状態だった時期もある。

自身がパーソナリティを務めた『門馬良のこころ鏡うた鏡』ではメインパーソナリティを務める演歌歌手門馬良と「もんモコ」を結成し、CDシングル「ふくおかラプソディ」を発売。リスナーを中心に長く愛され、通信カラオケDAMにも収録された。また、愛・地球博の公認ソング「日本まるごと!万博音頭」では「AMラジオオールスターズ」の福岡代表として歌い、DVDにも出演している。

次世代のRKBラジオを背負って立つ人物と期待されていたが、沖縄在住のミュージシャンである東風平愛郎アイタカ)と結婚。これを契機とし2006年3月をもってRKBを卒業、沖縄に移住し同地で農業をしながらスローライフを満喫していた。

このまま復帰はないのかと思われたが、2007年4月より夫とのユニット「アイモコ」での活動が本格始動。ラジオ沖縄(ROK)『チャットステーションL』で当時産休中だった玉城美香のピンチヒッターとし起用されたことをきっかけに、同年4月14日よりそのROKで『ハルサーミュージシャン アイモコの音楽農園』がスタート、ラジオに本格復帰した。

最近では、『ちゅらさん』シリーズ(NHK)におばぁ役で出演していた平良とみを真似た、モコおばぁでプチブレイク中。

2008年1月より琉球ジャスコ(当時、現・イオン琉球)『ジャスコ マックスバリュ 水曜市』のテレビCMにアイモコ(夫の東風平愛郎とのユニット)で出演中。

エピソード編集

現在の出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

過去の出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

RKBラジオ
ラジオ沖縄

CM編集

  • イオン琉球(旧・琉球ジャスコ)「ジャスコ マックスバリュ 水曜市」(2008年)〜

主な楽曲編集

  • ふくおかラプソディ(2002年12月、門馬良と『もんモコ』として)
  • 日本まるごと!万博音頭(2005年1月26日、『伊藤秀志 with AMラジオオールスターズ』として)

映画編集

親交のある有名人編集

外部リンク編集