佐々部清

日本の映画監督

佐々部 清(ささべ きよし、1958年1月8日 - 2020年3月31日)は、日本の映画監督山口県下関市出身。山口県立豊浦高等学校明治大学文学部演劇科、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。

ささべ きよし
佐々部 清
佐々部 清
生年月日 (1958-01-08) 1958年1月8日
没年月日 (2020-03-31) 2020年3月31日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本山口県下関市
死没地 日本の旗 日本、山口県下関市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1983年 - 2020年
主な作品
チルソクの夏』『夕凪の街 桜の国』『ツレがうつになりまして。』ほか
テンプレートを表示

来歴編集

1983年より映画およびテレビドラマの助監督となる。主に和泉聖治降旗康男などの監督に師事した。

2002年に『陽はまた昇る』で監督デビュー。以降、2003年チルソクの夏』、2004年半落ち』、2006年カーテンコール』、2007年夕凪の街 桜の国』、2011年ツレがうつになりまして。』などを監督。『チルソクの夏』『四日間の奇蹟』『カーテンコール』は下関三部作と呼ばれている。

2020年3月31日朝、次回作の制作準備のために宿泊中の山口県下関市内のホテルで倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された[1]。死因は心疾患だった[2]。62歳没。

エピソード編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台編集

主な助監督参加作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 映画監督の佐々部清さん死去 「半落ち」がヒット”. 共同通信 (2020年3月31日). 2020年3月31日閲覧。
  2. ^ 佐々部清監督死因は心疾患 新作準備の下関で倒れる”. 日刊スポーツ (2020年4月1日). 2020年4月1日閲覧。
  3. ^ 日刊スポーツ、2008年2月2日17面
  4. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 - あのひとの本棚。

関連文献編集

外部リンク編集