株式会社雪国まいたけ(ゆきぐにまいたけ、: YUKIGUNI MAITAKE CO.,LTD.[3])は、マイタケエリンギブナシメジホンシメジハタケシメジ、マッシュルームなどのキノコの栽培、及びそれらを材料とした加工食品健康食品を製造・販売する企業である。

株式会社雪国まいたけ
YUKIGUNI MAITAKE CO.,LTD.
Yukigunimaitake.jpg
雪国まいたけ本社
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 1375
2020年9月17日上場
本社所在地 日本の旗 日本
949-6695
新潟県南魚沼市余川89番地
北緯37度4分41.3秒 東経138度52分30秒 / 北緯37.078139度 東経138.87500度 / 37.078139; 138.87500座標: 北緯37度4分41.3秒 東経138度52分30秒 / 北緯37.078139度 東経138.87500度 / 37.078139; 138.87500
設立 2018年1月1日
業種 水産・農林業
法人番号 1010001185037 ウィキデータを編集
事業内容 マイタケエリンギブナシメジの生産販売等
代表者 湯澤尚史(代表取締役社長
資本金 100百万円
(2021年12月31日現在)[2]
発行済株式総数 3991万700株
(2021年3月31日現在)[2]
売上高 連結: 345億4300万円
単独: 320億1300万円
(2021年3月期)[2]
営業利益 連結: 78億2300万円
単独: 62億7700万円
(2021年3月期)[2]
経常利益 単独: 56億1800万円
(2021年3月期)[2]
純利益 連結: 47億4000万円
単独: 89億1100万円
(2021年3月期)[2]
純資産 連結: 92億3000万円
単独: 259億5300万円
(2021年3月31日現在)[2]
総資産 連結: 356億4400万円
単独: 518億2200万円
(2021年3月31日現在)[2]
従業員数 連結: 1,105人
単独: 1,016人
(2021年3月31日現在)[2]
決算期 3月31日
会計監査人 PwCあらた有限責任監査法人[2]
主要株主 株式会社神明ホールディングス 50.01%
株式会社日本カストディ銀行(信託口) 3.99%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 3.76%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY FOR STATE STREET BANK INTERNATIONAL GMBH,LUXEMBOURG BRANCH ON BEHALF OF ITS CLIENTS:CLIENT OMNI OM25 2.71%
BNP PARIBAS SECURITIES SERVICES LUXEMBOURG/JASDEC/IM/LUXEMBOURG FUNDS/UCITS ASSETS 2.70%
HSBC BANK PLC A/CM AND G (ACS) 2.65%
BAIN CAPITAL SNOW HONG KONG LIMITED 1.33%
宗教法人寳德稲荷大社 1.00%
JPMBL RE NOMURA INTERNATIONAL PLC 1 COLL EQUITY 0.82%
株式会社日本カストディ銀行(信託口5) 0.64%
(2021年3月31日現在)[2]
主要子会社 #関連会社参照
外部リンク https://www.maitake.co.jp/
特記事項:連結経営指標は国際会計基準のため、売上高は売上収益、純資産は親会社の所有者に帰属する持分、総資産は資本合計。
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1983年(昭和58年)7月 - 株式会社雪国まいたけを設立し、五十沢工場新設により、まいたけの生産販売を開始
  • 1986年(昭和61年) - 本社新築により、新潟県南魚沼市余川89番地に移転
    • 10月 - 第1バイオセンターを南魚沼市水尾新田に新設し、まいたけの生産を開始
  • 1988年(昭和63年)1月 - 納豆工場を本社隣接地に新設し、納豆の製造販売を開始
    • 10月 - 株式会社雪国商事を設立し、当社の各センターで使用する重油等の仕入れ及び一般消費者ヘガソリン等の販売を開始
  • 1989年(昭和64年/平成元年)9月 - 第2バイオセンターを南魚沼市浦佐に新設し、まいたけの生産を開始
  • 1991年平成3年)8月 - 有限会社今町興産を設立し、培地副原料の製造を開始
  • 1992年(平成4年)8月 - 新本社及び本社パッケージセンターを新築移転
  • 1994年(平成6年)3月 - 新潟証券取引所地域産業育成部へ上場
    • 9月 - 第3バイオセンターを南魚沼市新堀新田に新設し、まいたけの生産を開始
  • 1995年(平成7年)9月 - 五泉バイオセンターを新潟県五泉市中川新字郷屋原に新設し、まいたけの生産を開始
  • 1996年(平成8年)5月 - まいたけ水煮の自社生産による販売を開始
    • 11月 - 株式会社ゼネラルバイオフーズを設立し、もやしの生産部門を子会社化
  • 1997年(平成9年)4月 - まいたけエキスを凝縮した健康食品「MDフラクション」の製造販売を開始
  • 1998年(平成10年)3月 - 株式会社トータクを株式取得により子会社とし、加工食品の製造販売に進出
  • 2000年(平成12年)3月 - 新潟証券取引所と東京証券取引所の合併により東京証券取引所市場第2部に株式を上場
    • 10月 - ユキグニマイタケコーポレーションオブアメリカを設立し、海外事業に進出
  • 2002年(平成14年)5月 - 第4バイオセンターを南魚沼市津久野に新設し、エリンギの生産を開始
  • 2003年(平成15年)3月 - ユキグニマイタケマニュファクチャリングコーポレーションオブアメリカを設立
  • 2004年(平成16年)6月 - 第5バイオセンターを南魚沼市山崎新田に新設し、ぶなしめじの生産を開始
    • 9月 - 株式会社ゼネラルバイオフーズが株式会社平成興業と合併し、株式会社雪国バイオフーズに商号を変更
  • 2009年(平成21年)11月 - 「雪国やさい革命」シリーズのカット野菜の製造販売を開始
  • 2011年(平成23年)1月 - 滋賀パッケージセンターを滋賀県蒲生郡竜王町に新設し、カット野菜の製造を開始
    • 12月 - 長春雪国高榕生物技術有限公司の出資持分を100%取得
  • 2012年(平成24年)2月 - 長春雪国高榕生物技術有限公司の社名を雪国舞茸(長春)生物技術有限公司に変更
  • 2015年(平成27年)6月 - 株式会社BCJ-22の完全子会社になり、東京証券取引所市場第二部における当社の上場廃止
    • 10月 - 株式会社BCJ-22を存続会社として同社と合併し、株式会社雪国まいたけに商号変更
  • 2016年(平成28年)8月 - 株式会社雪国バイオフーズの株式を株式会社サラダコスモへ譲渡
  • 2017年(平成29年)9月 - 株主構成の変更(ベインキャピタル51%、株式会社神明49%)
  • 2018年(平成30年)1月 - 株式会社BCJ-28を存続会社として同社と合併し、株式会社雪国まいたけに商号変更
    • 4月 - 株式会社雪国商事及び株式会社今町興産を吸収合併
    • 4月 - 株式会社雪国まいたけ西日本より、九州及び沖縄県における当社製品の販売事業を譲り受け、販売を開始
    • 9月 - 滋賀パッケージセンターにまいたけ包装工場を新設し、まいたけの包装を開始
  • 2019年(平成31年/令和元年)1月 - 株式会社トータクを吸収合併
    • 3月 - タカラバイオ株式会社から同社の保有する瑞穂農林株式会社(本しめじ及びはたけしめじの生産販売)及び株式会社きのこセンター金武(ぶなしめじの生産販売)の全株式を取得し、子会社化
    • 10月 - 有限会社三蔵農林(マッシュルームの生産販売)の全株式を取得し、子会社化 (2020年3月2日付け、株式会社三蔵農林に商号変更)
  • 2020年(令和2年)4月 - 株式会社雪国まいたけホールディングスを存続会社として同社と合併し、株式会社雪国まいたけに商号変更
    • 9月 - 東京証券取引所市場第一部に上場
  • 2022年(令和4年)3月 - 株式会社きのこセンター金武を解散

主な製品編集

  • 雪国まいたけ 極
  • 白まいたけ 雅
  • 雪国えりんぎ
  • 雪国ぶなしめじ
  • 大粒丹波しめじ
  • 大黒本しめじ
  • ホワイトマッシュルーム
  • ブラウンマッシュルーム

役員編集

関連会社編集

  • 瑞穂農林株式会社(京都府船井郡京丹波町)
  • 株式会社きのこセンター金武(沖縄県国頭郡金武町)
  • 株式会社三蔵農林(岡山県瀬戸内市)

コマーシャル編集

1999年(平成11年)からの、郷ひろみを起用したテレビコマーシャル[4]で、一気に知名度が上がった。[要出典]

2006年(平成18年)からははなわによる「雪国もやし」のテレビコマーシャルを放映開始。ベースを弾き語りながら「メチャメチャ高いからみんな絶対買うなよ」(第二段として「めちゃめちゃ高いからみんな全然売れねぇんだ」もある)とコメディ風に呼びかける異色の内容である[5]はなわがCMの最後に「高いよ」と視聴者に語りかけるように言う部分は、後に「雪国、雪国、雪国もやし」と製品名を連呼する形に差し替えられた。[要出典]なお、高いという歌詞ははなわが創作したものである[5]が、雪国まいたけでは「高い理念」に基づいてこの商品を開発したとしている[6]

2009年(平成21年)からの『雪国やさい革命』のコマーシャルでは「メチャメチャやすい」とアピールしている。「やすい」には、値段だけではなく、使い勝手のし易さという意味もある[7]

2011年(平成23年)の東日本大震災福島第一原子力発電所事故)以降は郷ひろみを再び起用。独自の放射性物質検査を行い、安全・安心をアピールするものとなっている[8]

2018年(平成30年)、新潟テレビ21が企画する Team Eco Project 活動に参加し、環境負荷低減の取り組みを説明するテレビコマーシャルの放送を開始。

2019年(平成31年)、KAT-TUN亀梨和也を起用した「雪国まいたけ 極」のテレビコマーシャルの放送を開始[9]

2021年(令和3年)、俳優の永山瑛太を起用した「雪国まいたけ極」のテレビコマーシャルを西日本中心に放送開始。「まいたけに目覚めよう。」を謳い、雪国まいたけの大株を使った簡単ヘルシーなまいたけ料理をアピールしている。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集